レシピ紹介!キャベツレシピ(春キャベツ&粉物系)と日本酒堪能

      2022/05/26

野菜のお取り寄せ(ロス野菜のセットお取り寄せを月一くらいで買っております)で春になり丸々キャベツが入ってくるわけで
キャベツ消費で色々作りましたので、一部ご紹介させていただきます。

時期的に、サクラマスのお取り寄せ(ふるさと納税返礼品)のレシピも沢山乗ってますが
これらはメニュー開拓中なので、折を見て別記事にします。

レシピ紹介!「とんぺい焼き」:2022/5/24 update

この日のメニュー
・とんぺい焼き
・サクラマスのスモーク塩マリネ
・ブロッコリーとセロリのサラダ
・いつものぬか漬けと梅納豆(大根おろし添え)

 

簡単に出来るメニューとしてとんぺい焼きを選んだはずだったのに
どうしても映えを意識しちゃって、鉄板出してめんどくしたやつ(爆)。

もっと他の焼き物もやりたかったな。反省。。。

さて。この日のとんぺい焼き

 

卵に同量くらいの長芋すりおろしを入れました。
それに出汁代わりに、鰹節粉と水少々を混ぜ、
卵とガーッと混ぜてそれを薄焼にしました。

全然薄くならなかったけどね😓。
でも焼きやすかったのはよかったかな。
不器用なので破っちゃいそうですし私。

豚肉とキャベツ千切りは同量(50+αグラムづつくらい)を塩胡椒で炒めて別皿にキープし、
卵の薄焼を焼いた上にそれを乗せてくるみました。

 

お好み焼きソースがないので中濃ソースで代用しました。
もちろんお好みソースの方がいいとは思いますよ。
でもこれだけのために購入するのはもったいないしね。

 

 

とんぺい焼き、小麦粉全くの未使用なので
お好み焼きよりヘルシーで作り方が簡単なのはいいですね。

 

とんぺい焼き的には、長芋で全く卵が薄焼にならなかったのは
よろしくないのかもしれないですが、
個人的にはこのもっちりで味もしっかり味わえるこのがわが好きでした。

最後はチーズを焼いて乗っけたりしました。
焼きながらいただけるのは鉄板のいいところですよね♪

レシピ紹介!「アサリと春キャベツ蒸し」

この日のレシピは事情があってインスタに公開しそびれました(笑)。

この日のメニューは
・ぶりの照り焼き
・アサリと春キャベツ蒸し
・桜エビとシラスのポン酢おろし
・コールラビの素玉ねぎ和え
・ほうれん草のおひたし
・いつもの梅納豆(笑)+温玉

で、合わせたのがちょっと変わったワインでして
ニュージーランドのCAVALIER・GREEN GINGER WINE
と言う、発酵時に生姜を混ぜて発酵させたというワインでした。

 

かなり独特なワインで、買った酒屋さんでは「アジア料理と合う」とおすすめしていたものでした。
結果的に、アジア料理(エスニック?)とはかけ離れたマッチングになっちゃったわ😓。

 

アタックはしっかりした酸と香ばしさの中からの甘味、
まさに生姜エキスを溶かした蜂蜜のようなニュアンスでした!。
ブドウ果実由来の味わいは酸の伸びでしっかり感じられて、
甘苦さを綺麗に口内で切ってスッキリした後口を残していました。

 

味わいの印象は、私の大好きな
wakaze「ORBIA LUNA」に近いと思いました。

ペアリングのレポートはこちら。

ぶりの照り焼きは個人的好みで醤油の味醂のみの味付けをしました。

ワインが樽の香りと素材由来の甘味がかなりしっかり出ているタイプだったので
今回のワインとは砂糖も入れたらもっとバランスよかったなぁ、と反省でした。
生姜の香りとぶりの香りの相性はGoodでした!

さて、レシピ紹介はこちら、「アサリと春キャベツ蒸し」です。
ま、レシピっつーほどではないですな😅。

 

春キャベツと刻みニンニクと砂抜きしたアサリを鍋に入れ、日本酒を入れて蒸しただけです。
塩胡椒は皿にもってから適宜しました。(忘れてた笑)

 

塩が後入れで心配でしたが、味はしっかり出ていました!、さすがアサリ♪
結構モリモリキャベツ入れたはずなのに蒸したら驚くほど減ってしまいました。
キャベツ料理あるあるですね(笑)。

途中で温玉落として味変もしてみました。
最近自宅で簡単に作れる温玉にハマってます😅
簡単と言いつつ、時間の配分はまだまだ迷走中ですけどね😅。

レシピ紹介!「春キャベツとサクラマスの豆乳煮」

この日の日本酒は、群馬県「水芭蕉」Artist Series 2022 片岡鶴太郎
をいただきました。

スペックは
22年2月製造(瓶詰め)、22年3月完成(?)、アルコール分13度
でした。

 

この日のメニュー
・サクラマスのスモーク塩マリネ
・キャベツとサクラマスの豆乳煮
・アボカドサラダ
・きのことアサリのアヒージョ
・いつもの(梅納豆・自家製糠漬け・具沢山味噌汁)

 

4月は季節もののサクラマスをふるさと納税の返礼品でチョイスしたら
一人暮らしにはありえない量が来てびっくりでした。
何とか消費ができてよかった!

 

サクラマスはもちろん、サーモンの柵で代用可能です。
私がレシピ探す際も、サーモン柵のレシピをググりまくりました。

春キャベツとサクラマスの豆乳煮

キャベツとサクラマスをこんぶ茶を振り掛けた後、日本酒で蒸し、
仕上げに豆乳(と濃さ調整の水)を温めるくらいで止めて配膳しました。
食べる直前にパセリとオリーブオイルを散らしています。

味の淡い水芭蕉と合うように仕上げたので、かなり淡い優しい味わいになってます。
ふつーの日本酒に合わせたり、ご飯としていただく際には
味変で粉チーズ入れるといいですね。
実際入れました(笑)。

サクラマスのスモーク塩マリネ

 

このためにスモーク塩を用意しました。自家製です(笑)。
初めてスモーク塩を作ったが燻す時間が短かったからか桜チップが有効期限切れなのか、
あまりそんなに香りがついてませんでした。

 

色が黒いのはバルサミコ酢かけすぎだからです(笑)

 

スモーク塩の塩梅や漬け込み時間についてなかなか難しく、
レシピ公開できるようになったら公開したいと思います。

 - 日本酒レシピ ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。