新宿御苑前「TAMASAKA」さんで絶品野菜お料理と日本酒&日本ワイン堪能

      2021/12/30

(和酒バル335)
念願のお店、ついに訪問が叶いました🙌
新宿御苑前にお店を構える「TAMASAKA(タマサカ)」さんに伺いました。
お店の公式ホームページはこちらです。

<テイクアウト記録(別ページ)>
2020年6月記録:? update
<訪問記録>
再訪:2021/11/18 update(最新)
初訪問:2021/4/8 update
お店情報

お店のテイクアウトの記録はこちらです


(今はテイクアウトお休み中らしく。。。復帰を切に願います😭)

再訪:2021/11/18 update

前回から約8ヶ月経過しての再訪になりました。

すっかり地元の人たちの人気店になりました。
緊急事態宣言明けて何度かお店前まで行きながら
お店の混み具合を見て断念し。。。
この日はカウンター手前に空席を発見できたので、すかさずINしました!(笑)。

先に入っていた方々や、私と同時くらいに入った常連さんがいらっしゃり
お話はほぼ出来ずにオーダーのやりとりを少し待ったのですが
最初のビールをいただく際に話しかけていただけました。
すごい、結構間空いた再訪なのに覚えてくださっててありがとうございます!

この日のお通しは、鶏肉ひじきのおから和え、でした。
出汁がしっかり効いてて安心できる味わいでした♪

この日最初にいただいたのは、タコのぬたでした。

 

お料理、相変わらずお一人様にちょうど良いポーションなのが嬉しいです🙌

味噌辛子がいい感じですね。
ネギのシャキシャキさとタコのサクッとした噛みごたえの歯応えコントラストが楽しいお料理でした。

続きまして、牛肉入り金平牛蒡をいただきました。
牛蒡がどっさりメインで、レンコンが大振りで少し入っている感じでした。
ゴボウの土の香りと牛のにおいがなかなかグッドマッチなお料理でした。

さて。この日の日本酒メニューはこんな感じでした。
本当は日本酒でずっと通したかったのですが、
前回あまり開拓できなかった、日本ワインも捨て難く。。。

 

そういうわけでこの日は日本酒は1種のみに絞っていただくことにしたのでした。

兵庫県「Fu. 」純米、四合瓶に入っている日本酒でした。
ディスプレイサービスはなくなってた、が、後で持ってきて下さった🙌あざす!

スペックは
21年2月製造、精米歩合70%、アルコール分8度
でした。

 

おつまみは十分なのですが、お店もついに満席になり、
色々お店も忙しくなってきたようでしたので、一人しっぽり飲もう作戦。

念願の、ボトルを注文。
持ち帰りOKと確認後、こちらを注文させていただきました。

ドメーヌユイT3+5、北海道の赤ワインをチョイスしました。

 

ファンタグレープさと人工甘味料さが共存する、酸をしっかり感じる香りでした。
ふどう皮のようなニュアンスでした。
アタックはしっかりな酸・甘味控えめ・果実味豊か。
酸の伸びはよく後口にはしっかり収斂感を感じました。

 

こちらのワイン、個人的にゴボウにも合うと思いました。
噛んで滲み出る旨味と葡萄の自然な渋みが調和していました。

カキフライ、2個入りと4個入りが選べたので2個入りをチョイスしました。

 

生野菜たっぷりなのは女子的お一人様的に嬉しかったです🙌
にんじんドレッシング(想定)も野菜にとても合っていました。

カキフライ、大きさは中くらいでプリプリさがしっかりでした。
タルタルソースは手作りらしくmゆで卵感しっかりとして食べ応えありました。

 

ワインがいっぱいあったので、タルタルと一緒にちびちびいただいましたが、
冷めたものより温かいほうが断然おいしかったです。。。
少し後悔でした😅。

締めの位置づけも兼ねて、こちらを注文。
鮭ときのこのつみれ汁をいただきました。

 

めっちゃ柚子のいい香りでした♪
きのこは、なめことしめじと椎茸のようでした。
つくねは鮭だけではなくひき肉でまとめているような味わいでした。

 

 

そういうわけでこの日はこちらで締めました。
相変わらず楽しい食事になりました!ごちそうさまでした!!

初訪問:2021/4/8 update

お店は路面店で、立ち寄る機会はあったものの、
地元のお客さんがひっきりなしにおられる印象があり。。。

 

この日の第一候補はこちらのお店でしたが
一応、第二候補以降もしっかり定めてお店の前に来たところ。

なんと、お客さんゼロ!!
「これは私に『来い』と言っているんだ」と勝手に運命を感じて(笑)
フラフラと足を踏み入れたわけでした。

本当はお店のカウンター、一番手前に最初座ったのですが
カウンター上の本日のメニューが見づらく、
お店の奥に席を取り直しました(苦笑)。

早速注文!本日のお料理とお酒をご紹介!!

この日のお通しは、せりとゆばのお浸し、でした。
せりの優しい香りが生きてました。
ゆばの旨味が優しい香りを包んでおり、までにベストコンビネーションだと思いました。

頼んだお惣菜を、盛り合わせで頂けました。
ありがとうございました!。

・新わかめのきんぴら
→きんぴらといいつつ生の食感が生きており、ナムルにイメージが近いお料理でした。

・ホタルイカとタコのぬた
→素材同士があえられておらず、それぞれ食材が独立していて、
別々に下ごしらえしてるのが感動でした!
酢味噌も甘酸っぱさが柔らかくて、甘い味と一般的には合わせるのが難しいワインでも
合わせるのがそんなに大変ではない味わいだったと思います。

・自家製カキキムチ
→牡蠣とキムチを和えてるのではなく、手作りヤンニョムで牡蠣をキムチにしてる本格派でした!

と言うわけで、最初は本日のおすすめワインとして
カウンター上の黒板に書かれていたこちら、「tao 甲州桜花」をチョイスしました。

 

白ワインだけどほんのりピンク、な上りに惹かれてですが、
事前にお店の照明だとそれがわかりづらいと教えていただいたところ、
本当にその通りでした(苦笑)。

香りは煙感感じつつも酸がしっかりしていそうなイメージでした。
アタックは案の定かなりしっかりした酸で梅酒のような印象でした。

さて、こちらのお店、もちろん日本酒も用意されております。
しかもなかなかレアな銘柄ありません?
こりゃーもー開拓するしかないですわ( ̄▽ ̄)(笑)

と言うわけで、青森県「稲村屋」純米吟醸生原酒 をいただきました。

 

ワイングラスでたっぷり120mlをデフォで注いでくださいます。
量が多いので頑張って飲みましょう( ̄▽ ̄)(笑)。

 

スペックは
21年2月製造、精米歩合50%、アルコール分16.5度
でした。

豚角煮と半熟卵、小サイズが選べたのでそれをお願いしました。

卵のトロリと蕩けるフォルム、たまりませんな( ̄▽ ̄)♪
濃い出汁でしたが味わいはそんなに強くはなく、
黒糖と泡盛感ですかね?、なんかラフテー的な香りを感じました。
(酔っ払いの嗅覚なので違うかも笑)

締めのお酒として選んだのは、大阪「呉春」本醸造 でした。

スペックは
20年6月製造、精米歩合65%、アルコール分15〜16度
でした。

お料理の締めとして、お味噌汁をいただきました。
具沢山で家庭の味♪これは嬉しいですね🙌

本日はこれにて締め!ごちそうさまでした!!

その後、常連のお一人様がいらっしゃった以外はお客さんはなく、
のんびり楽しませていただけました。

 

現在はあまりテイクアウトに力を入れていないようですが
(注文予約制で受付されている様子ではありましたが)
コロナ禍当初に私が書いたブログの記事をご存知だったようで
早速身バレしてしまいました。。。

 

尚のこと、訪問の記事かけて、情報をアップデートできてよかったです。

 

何はともあれ。

お野菜料理の豊富さに、お酒ラインナップも、日本酒もワインも
どうやら私好みっぽいですし( ̄▽ ̄)
また、常連さん訪問の合間を見つけて、お料理&お酒開拓に伺いたいと思います!

 

本日も素敵なお店との出会いに感謝です!!

お店情報

住所:東京都新宿区新宿1-16-9 シャンヴィラ・カテリーナ 102
電話番号:03-5341-4783
営業時間:[月・火・木・金]17:00~23:00、[土・日・祝]16:00~23:00
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :○
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :◯
★こぼし提供無し    :○

日本ワインと日本酒を楽しんだ一人飲みお店の記録はこちらです


酒屋さん直営だからかとにかく種類が豊富なことがとても楽しかったです


山形の日本酒・ワイン・お料理、マニアックすぎて凄かった!


近かったらもっと頻繁に通いたい。。。お料理もすごく美味しい♪

 - [東京]新宿・代々木・原宿, 【日本酒バル】, ワインお店訪問記, 日本酒お店訪問記, 飲み歩きお店 , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。