初訪問!越後湯沢「鼎(かなえ)」さんで希少な新潟地酒を堪能

      2018/08/16

(和酒バル143)(肉店38)
本日は新潟へ遠征です。

 

越後湯沢駅からすぐに、素敵な日本酒バルを発見しました!。
お店の名前は「食楽庵 鼎(かなえ)」さんと言います。
お店の公式ホームページはこちらです。

出会いは灯台下暗し、観光協会のHPから発見!

地方で「ふらりと立ち寄る」のは難しいと、冬に和倉温泉に行ったときに身をもって分かったはずなのに。。。

 

特に越後湯沢は、スノーシーズン以外はお店が空いていることはむしろ珍しいのかもしれません。

 

この日もそんな中、宿泊だけ先に決めてしまって
チェックイン後にお店を探す私(爆)。

 

フロントでもらった飲食店マップを見ても、HP見てもそんなに変わらないかなと
観光協会のHPからお店のHPを発見して、「ここだ!」、と直感したお店がこちらでした。

 

念のため宿を出る前に電話で空席を確認したところ、
名前も聞かずに即当日予約OKとしてくださいました(笑)。

早速訪問!無事に入店♪

駅の東口を出、線路沿いを新潟方面に歩くとすぐにそのお店はありました。

 

二重扉なので若干中の様子が分かりにくかったですが、
カウンターの空席は分かりましたので、入りやすかったです。
(電話で予約しているはずなのに、小心者です(笑)。)

席に無事につき、とりあえず作戦会議の時間稼ぎ(笑)に
グラスビールを注文します。

 

お通しは生タコときゅうりのお浸し。
お通しであるからこそこういうシンプルなお料理はかえって嬉しい
(´ω`)

早速注文!本日の日本酒をお料理をご紹介!!

日本酒のメニュー。
丁寧に一つ一つ説明をつけてくださっているのに、愛を感じます( ̄▽ ̄)

壁にも。

迷っている間に一品め「川エビの唐揚げ」が到着しました。

 

香ばしく、それでいて重くなくてカラッとさっぱり( ̄▽ ̄)
お一人様だと結構な量に感じました。

 

これをちょっとづつ食べながら飲み続けられそうですね。

一杯め、新潟県上越のお酒「君の井」恵信 純米大吟醸
グラス(100ml)でいただきました。

 

酵母由来のもったり系フルーツ香と生の香り。
若干コーヒー香も感じたので、よく見るとお酒自体も黄色く着色していました。
非常に滑らかなテクスチャ。
アタックは甘味主体だが酸味が程よく効いていて
中盤から甘味からうま苦さにに変わり、しっかりとした余韻を作ってくれていました。

 

うーむ、純米大吟醸としてはかなりパンチありますわ( ̄▽ ̄)。
これは川エビではなく、もちょっとしっかりした味と合わせたいですね。

ボリュームのあるものが欲しくてついつい頼んだ
八色肉厚しいたけ焼き。

 

濃い醤油ダレがかかっているものの、しいたけ自体にもこっくりしたコクがあり
あと少しだけ残っていた君の井にちょうど良い相棒になってくれました。

 

間に合ってよかった(笑)。

本日のメインディッシュ、村上牛の炙り。

2箇所の部位をくれたのですが・・・。すみません、どこだっけ(涙)。
左はバラだったと思います。。。

 

炙りはガスバナーで行っていましたので、若干バナー臭が香りますが。

 

お肉自体、どちらの部位もすごく柔らかくて、歯でサクッと噛み切れるのがとても心地よかったです♪
まさに肉を食べる幸せ、ここにあり(笑)
( ̄▽ ̄)

川エビに合わせるつもりで頼んだ二杯目、「上善如水」越淡麗。

 

これは上善如水の中でも、地元の2店舗でしか飲めない銘柄で、
こちらのお店はそのうちの1店舗とのことです!!。

選べてよかった♪( ´▽`)(笑)

 

さらっとした飲み口なのかなーと勝手に想像していましたが、まさにビンゴ。
ハーブ系の爽やかな香り、口当りは滑らかですがピリピリ感強かったです。
味わいは、水飴的な甘さはあるが膨らまず、アフターも残らずキリッと切れました。

 

君の井がどっしり系だったので余計にさらっと感じましたね。
これは合わせるお料理「川エビ」は大ビンゴでした( ̄▽ ̄)

 

最後の一杯、肉に合わせるつもりで頼んだのは
「高千代」巻機 純米吟醸生詰原酒。
写真は相変わらずグラスだけなので省略ね(笑)。

 

香りは生系アセトアルデヒド香+少し蜜っぽい油っぽい香り有。
アタックは優しい甘さとしっかりした酸。
最初ピリピリ感を感じますがすぐに目立たなくなり、後口はシンプルでした。

 

これはものすごく「肉に合う!」って感じではないですが
(多分、今日の肉だったら君の井が合っただろうな。。。)
生感が少し感じられる今日の炙りの油の香りを邪魔しない味わいなので
まぁ、無難な線を選べてよかったかな。

本日はこれにて締め!ご馳走様でした!!

最初は貸切だったカウンターも、私が出る頃には常連さんで埋まっておりました。

 

お料理が全体的にちょっと高級志向で、
地元の方が普段使いするには少しおつまみのバリエーションが少ないかな、と心配(?)しちゃいましたが
2軒目使いで、お通しと締めのご飯的なものを頼まれていたりとか
そういう使い方も出来るお店なんだなーとも知ることができました。

 

今日は念願の牛肉炙りを食べられたので、
次回伺う時は、今回の地元の方のようなちょい飲みもしてみたいですね。

 

ご馳走様でした!。

お店情報

住所:新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2-7-4
電話番号:025-784-4888
営業時間:17:00~23:00
定休日:不定休
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [新潟]新潟, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【日本酒バル】, 【訪問記】日本酒, 【訪問記】肉, 肉のお店 , , ,