チーズプラトー創作講座全3回無事終了しました!

      2017/03/27

前回の講座の模様はこちらです。

いよいよプラトー講座の最終課題になりました。
この日はプラトーの計画書を提出し、最初から最後までほぼその創作にかかります。

創作に関するプレゼンテーション

本日のデモンストレーションは、技を享受いただくというよりは
本日事前に選択したチーズの特性と切り方ポイントを教えていただく形でした。

いよいよ創作!!この日&講座の集大成はこちらです

共通テーマは「グリーン&イエロー」。
個別テーマとして考えたのは「アウトドアで泡と一緒に食べるチーズ」。

 

ネームカードを兼ねているピックが楊枝になっているので
上に配置するスレートから順に、泡に合うチーズを配置している
あくまでも「食べやすさ」を重視した並べ方にしてみました。

チーズ型のピックは、前日に100均で見つけて即時購入(笑)。
かわいいでしょ?。

 

スレートは、それぞれが1種類のみを配置。(ジロールで削ったテットドモワンヌは数に数えてません)

屋外ということで、それぞれのスレートを独立して移動してもオッケーなように考慮しました。

最後の「クアルティローロ・ロンバルド」だけは
これはプラトー的に使ってみたいチーズだったため、使いました(笑)。

これは先生のお手本です。

集大成とともに終焉。お疲れさまでした&ありがとうございました!

この日は同時にチーズプロフェッショナル講座も開催されており
その生徒さん達にプラトーを鑑賞してもらったりしたので
いつもよりもお披露目時間を長く取られました。

プラトー講習の締めにふさわしい幕切れ・・・となったでしょうか(苦笑)。

泡をいただきながら歓談。

 

講座は終わりましたが、昨年取りそびれたフロマジェ資格や
まだまだプラトーの腕が習熟したわけではないので
引き続き精進するための作戦は練らないといけないと感じてます。

講習全てを終えたことをおごりとせず、
またの勉強の機会を是非作ろうと誓いました。

 

本当に長丁場、ありがとうございました!。
またよろしくお願い致します!!

チーズプラトー応用講座のレポートはこちら

チーズプラトー基礎講座のレポートはこちら

 - 【Cheese】Study