チーズプラトー講座創作編2日目受講!

      2017/03/21

前回の講座はこちらです。

1ヶ月経ち、早くも2回目になりました!

プラトーの実演の前に、まずは・・・デッサン?

なんとこの日は、チーズのデッサンから入りました(笑)。
モデル(笑)は、フルムダンベール。

 

絵の練習ではもちろんなく、
きちんと見なくてはいけないものを表現出来ているか?、と言うことの実践です。

 

私の絵をお見せしたかったんですが、回収されてしまいました(笑)。

 

見るべきポイントは

・カビがどのように分布しているか
・外皮(壁)が柔らかいか、硬いか
・外皮の皮のカビの様子や濡れ具合

 

これらを知ることにより、よりチーズを美味しそうに見えるように
切ることに繋がる、とのことでした。

 

デッサンした時にしっかと見入った時の気持ち、
チーズを切る時も忘れぬように心がけます!

この日のプラトー実習開始!!

一つめは前回同様、大きさを揃えたチーズのスクエアカットとそのディスプレイ。

 

この日は柔らかいチーズのフェタと、先ほどのフルムダンベール。

フェタは1人1パック。
あと次の実習で使う、本日のコンテ。

フェタは板状で細いので、その細さに合わせて他の食材もカットします。

フルムダンベールはギロチンでカット。

チーズのほかには、マンゴーと

羊羹・・・ではありません(笑)。

「メンブリージョ」と言う、固形のジャムを使います。
スペインのチーズ屋ではいろんなフルーツ味のコレが開発されてよく売られているそうです。

組み立てに入ります。
4種類のチーズが隣合わないよう、目に留まる表面に
マンゴーやメンブリージョの色がちゃんと出るように考えながら組み立てますが
柔らかいチーズを何度も持つと崩れるリスクが高いので
しっかり考えてから、一発勝負で並べます。

先生の見本完成☆!!

 

続いて二つ目の実習。
これも前回に引き続き、ロスを少なくするコンテカット。

一人分をまずはカット。
これを均一の厚さに切るところからすでに難関(汗)。

 

詳細はネタバレになるので省略しますが
これがなかなかアイディアもので素晴らしい!!

弧を描いているような綺麗なカット!!

この日の作品はこちら

そうして出来上がったのが・・・この2つのスレート!

いや〜、難しかったけど、シンプルに、美味しそうに盛ることを
この日も重要視して頑張りました!!

受講生の方々と先生のプレートを並べたところ。
相変わらず壮観です♪。

本日もたくさん学びました!!ありがとうございました!!

この日はこの後用事があったため、この日の試食はなし(涙)。。。

 

次回はいよいよ最後の講習!!
テーマに沿ったプラトーということで気合い入れて頑張ります!!

チーズプラトー応用講座のレポートはこちら

チーズプラトー基礎講座のレポートはこちら

 - 【Cheese】Study