初訪問:四谷三丁目「遊猿」(ゆうえん)さん、オシャレ中華コースでワイン堪能!

   

ワイン店としてチェックしておりました、人気の中華料理屋さんの開拓です!
四谷三丁目、荒木町にお店を構える「遊猿」さんに伺いました。
お店の公式ホームページはこちらです。

ネットで事前に席予約!カウンター席をゲット!

この日はテーブルはもとよりカウンターも埋まっているっぽく、入り口手前の席をゲットいたしました。

ビールから早速注文しちゃいます!いただきます〜♪

早速コース開始!この日のメニューをご案内!!

さて。
この日は混んでる場合頻繁に注文を入れる手間を省くため、
また、一人だと単品メニューはボリュームが大きいことを懸念して
予めコースを希望して予約しておりました。

 

ですが、この日がたまたまか、そう言うオペレーションになったかは分かりませんが
前菜盛り合わせ+点心の後は単品で頼んでもらう形になる、と説明を受け、
そのようにさせていただくことにしました。
(お値段はどうなるかよくわからなかったですが。。。)

まずは、アミューズ
この日はピータンゆばをいただきました。

 

湯葉はムース状にして敷いているタイプでだったのが、意外な形で驚きでした!
ピータンも粉々状態で、独特のにおいがなく、くせがないのでとても繊細な味わいが楽しめたのですが
逆に、ピータン好きには物足りなかったのではないでしょうか😅

じゃん!前菜盛り合わせ8種!!

お料理の説明をいただきましたが当然覚えらませんでした😅
テイスティングで想像して買いているところもあるのはお許しください😅。

真蛸、ネギ生姜ソースがたっぷりでした。

酔っ払い海老
しっかり紹興酒ベースで濃い旨味でした。

あん肝は、麻辣ソースとのことでした。
辛くはなく酸っぱさと山椒のピリピリさが効いてるソースでした。

真ハタゴマソース春菊和え
ごまでこってりかなと思いつつも春菊が爽やかな口当たりな一皿でした。


シャキシャキ白髪ネギと梅肉ソースがいいバランスでした。

牛イチボ
山椒ソースでした。山椒好きな私、ピリピリした刺激がたまりませんでした( ̄▽ ̄)

蒸し鶏
こちらの香味ソースはとても香ばしかったです。

桜エビの佃煮が燻製のホタテに乗ってるお料理。
個人的に後まで残したかったうちの一つでした。。。
ぺろっといただいちゃいましたけどね( ̄▽ ̄)
(ちなみに他にリスト入りした小皿は、蒸し鶏とあん肝でした(笑)。)

 

いやー、全てのソースが違う味のには感動でした✨

前菜の次は、点心をいただきます。
この日の春巻きは、ふぐの春巻きでした。

パリパリな上に中が熱々でびっくり!(口の中が(笑))
黒酢といただくお料理でした。
フグの香りがふわっと香り、点心なのにお料理として高貴さを感じちゃいました(笑)。

続きまして、餃子
お、大きい。。。

 

生野菜を敷いて、サラダ的に出していただけたのは女子的に嬉しいですね(笑)。

あんも皮もむっちりでした!
肉むっちりにらたっぷりタイプでした。
餃子というより肉まん食べてる感覚に近かったです(笑)。

さて。
ビール以外の最初の1杯と言うことで、とりあえずいっとくかと
「紹興酒カメ出汁熟成5年」をいただきました。

ストレートでお願いしてみたら湯呑みで来ました。
麦茶との間違いに注意です(笑)。

 

 

さて、お料理はここからアラカルトに突入です。

カキの香味炒め
先ほどの蒸し鶏にかかっていた香味タレがこれでもかとかかっていました。

真っ赤ですが見た目ほど辛くはなかったです。

 

揚げた茄子が乗っており、配膳時は牡蠣が見えず焦りました(苦笑)。
牡蠣の衣が厚いようで、カリッとした歯ごたえの中にふわりと牡蠣が収まっているのを感じられました。

グラスワインのメニューは私からすぐそばの黒板に書かれていました。
赤白数種グラスで選べるのは嬉しいですね🙌

と言うわけで、ニュージーランドのリースリングをチョイスしてみました。

レモンの香りをベースにかなり強いペトロール香で、
水飴的な甘さを思わせる香りも感じられました。
アタックはしっかりな酸と甘味に、豊かな果実味も感じられました。

 

こちらの白ワイン、牡蠣はペトロールのにおいがすごく立ったのですが、
その次のお魚は魚自体のにおいが丁度よくペトロール香をマスクしていたと思いました。

そんなわけでこのワインのとの相棒はこちらになりました。

秋刀魚の変わり揚げ、全景です。
旬でオススメと言われて頼んでしまいました(笑)。

パリパリ骨煎餅と身の変わり揚げの2部構成になってました。
身は肝のソースに漬けた後に衣をつけて揚げているとのことでした。

 

パン粉と衣のカサカサさで口の中の水分を持っていかれる感覚がありました(笑)。
単独でいただくには結構厳しい味だなぁ、と思った次第。。。
お酒と一緒だとお酒が進みすぎるので、水必須です(笑)。

 

 

赤ワイングラスを次にいただきました。
メナージュトロワ ジンファンデル、でした。

写真撮り忘れていて、、、瀕死の状態ですみません(爆)。

 

ジャム的香りとハッカ的香りの共存しており、酸と果実味が見事にマッチしていました。
アタックは甘味と果実味豊かで淡いタンニンと程よい収斂感を感じました。
熟れた杏や干し柿的な甘渋さのニュアンスでした。

 

 

最初白ワインで合わせましたが、こちらの赤ワインとの組み合わせも見事でした♪

 

熟した干し柿的なコクと甘味がさんまの肝感とカラカラ衣の旨味にぴったりで、
珍しく魚とジンファンデルがコラボできた瞬間と思いました。

本日はこれにて締め!ご馳走様でした!!

お腹がいっぱいになったので、締めや肉を頼まず、ここでクローズしました。

 

コースだったら食べ切れていたかは分かりませんが
何にしろ途中で打ち切れてよかったです。

 

この日は満席御礼で注文が通り辛かったのもありました。
そう言う意味でコースで出していただきたかったのもありました(苦笑)。

 

 

個人的には前菜といろんな飲み比べできるグラスワインとを合わせてみたい衝動に駆られますが
何しろお店が賑やかで落ち着かない。。。
他の人を同伴する方がこちらのお店の正しい使い方なんでしょうね。

 

また別の機会でチャレンジできたらしてみたいと思います。
この日は素敵な時間をありがとうございました。

お店情報

住所:東京都新宿区荒木町6-39 GARDEN TREE 2F
電話番号:03-6274-8987
営業時間:[月〜土] 18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:日曜・祝日
URL:食べログ

 - [東京]四ツ谷・四谷三丁目, ワインお店訪問記, 飲み歩きお店 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。