国際センター「圓谷」さんノスタルジーな日本酒バル!

      2018/01/21

(和酒バル58)初訪問です。
遠征での日本酒バル開拓シリーズになります。

 

まずは名古屋から。
いろんなコアな日本酒バルは多かったですが、
私ならでは、やっぱりオシャレ系から攻めなくはいかんだろうと迷わず決めました!。

 

名古屋駅からも歩いて来られます!。
地下鉄だったら桜通線国際センター駅が最寄りの「圓谷」(まるたに)さん。

公式ホームページはこちらです。

住宅地の中に現れるいきなりの古屋!ノスタルジックな空間へ!!

カウンターが少ない(4席)ので、早い時間だったけど一応電話してから向かいました。

カウンターはこの日、ちょうど常連さん?と入れ違いだったようで、独り占めでした♪。

 

まずは新春の縁起物ということで、升酒(正確には「樽酒」ですが)をチョイス。

この升酒、久しぶりに飲みましたが、究極的に飲みづらく、チビチビ飲むのには適してました。。。(苦笑)

本日のお料理と合わせた日本酒をご紹介!!

こちらのお店は、愛知「蓬莱泉」の関谷醸造さん直営のお店。
やっぱり、東京では飲めないお酒を選ばねば。

 

ラインナップがお酒もお料理も多くて悩みます・・・。

お通しはこの3品。
小松菜の煮浸し、自家製こんにゃくの味噌ダレかけ、牛肉の甘露煮。
正確な名称はちゃんと説明いただいたのですが、すみません覚えきれてませんでした(苦笑)。

グラスでの日本酒に移行。
やっぱり、東京で飲めないお酒!ということで選ぶのですが
どれもこれも東京で飲めないものばかりなので迷いますが・・・
やっぱり、季節酒かな。「丁酉(ひのととり)新春初しぼり」

酸がよく効いている感じのメロン香が爽やか♪
でも後口にしっかり渋みと旨みが残り、飲みごたえも十分でした!!

アテは、出し巻き卵を狙っていたのですが、
そのメニュー上部にあった「とろ生湯葉刺身」をチョイス。

一転して選んだ肉は「猪三点盛り」。
・・・ベーコン・ハム・ジャーキーな組み合わせでした。
「肉」を期待していたので少し残念でしたが。。。

次に頼んだのがやっぱり新酒。
「一念不動」しぼりたて。
んー♪、今の私にピッタリなネーミング(笑)。
チェリーと油的な香りが漂い、口当たりは新酒らしいピリピリ系。
ですけど後口はキリッと切れる。
新酒ならではの口当たりを裏切らないのは素敵ですね!

ほんのり香る油系の香りは、ジャーキーな肉にはまさにビンゴでしたね(笑)。

最後はちゃんとした味わいを味わおうと、純米大吟醸をチョイス。
やっぱり限定から「花野の賦(ふ)」
香りは洋ナシ系で甘味と酸味が上手くまとまっています。
アルコール度数も17度あるのですが、苦味も感じないですし。
さすがですね〜♪。

本日はこれにて締め!ごちそうさまでした!

新春ですし、時間帯も早かったので、宴会の団体さんばかりでした。
かえってバーではのんびり過ごすことができました。

 

お料理のレベル自体はお値段とお店のグレードを考えたら
まぁ、普通かなと言う程度ですが、
せっかく多くのお酒と一緒にお料理も沢山あるので
何回か訪れて沢山の種類を楽しんでみたいですね。

 

何と言っても雰囲気いいのはGoodです!。
次回何をチョイスできるのか、楽しみにしています!!

お店情報

住所:愛知県名古屋市西区那古野1-37-13
電話番号:052-414-7263
営業時間:17:00~24:00
定休日:不定休
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :○
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [愛知]名古屋, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【日本酒バル】, 【訪問記】日本酒 , , , ,