チーズプラトー応用講座:第2日目受講しました!

      2016/12/25

前回の講座の様子はこちらです。

応用編第2回目のテーマは「シェーブルとブルーチーズ」

前回がハードチーズを扱った回でしたが、今回は扱いが一転する、ブルーチーズとシェーブルチーズ!。
ハンドリナーとギロチンと言う、ピアノ線を使ったカット技術を練習します!!

まずは先生のデモンストレーションから

img_7920

シェーブルは筒形の「サント・モール・ド・トゥーレーヌ」。

img_7927

同じく、台形シェーブルの「ヴァランセ」。
通常は縦に放射線を描くように切る方法が一般的なんですが
この日のプラトーの都合上、横にスライスする方法です。

 

これ、めっちゃ大変でした!!!
涼しい顔して先生は切ってますが。。。私はもう正直二度とやりたくない(爆)。

 

・・・でも飾り付けが素敵なんですよね。。。
ヴァランセの色と形はきれいですし、確かにそれを生かした切り方ができる方がいいですし・・・。

 

頭ではわかるのですが。。。(苦笑)

img_7931

最後は、ブルー。フルム・ダンベールです。
丸いホールをそのまま切る醍醐味!!
なかなかない体験でした。

img_7934

こちら先生の見本。
基本の切り方と並べ方だけでこんなにきれいに盛り付けられます!!

いよいよ苦難の飾り付け!!

さて・・・。

img_7936

こちらが本日の成果物。
・・・散々でした(涙)。

うまくいったのは、サントモールドトゥーレーヌくらいかな。

 

ヴァランセは横に水平にスライスできず、大きく一角を欠いてしまったものとかも発生し
皆が90度互い違いに盛り付けしているところ、高さのアンバラングが出ないような
ちょっとづつずらす方式の盛り付け方をしたのは・・・私だけでした(爆)。

 

ブルーチーズもボロボロになっちゃったし。。。

本日は全体的に難題でした!お疲れさまでした!

img_7939

皆さんはもちろん私より全然きれいなカットをされていますが
やっぱりそれぞれ、難しい面はあったみたいで。

シェーブルとブルー、プラトーの中ではこれから鬼門になってしまうかもですね。。。

まだまだ練習ですね。。。

img_7940

本日もおつかれワインでチーズ談義させていただきたました。

また来月もよろしくお願いいたします!。
ありがとうございました。

チーズプラトー応用講座のレポートはこちら

チーズプラトー基礎講座のレポートはこちら

 - 【Cheese】Study