ワインテイスティング講座:ピノノワール飲み比べ

      2018/01/06

前回の講座はこちらになります。

テイスティング講座も本日が最終回・・・。
途中参加だった私ですが、終わるとやっぱり寂しい。。。

 

最終回は「ピノノワール飲み比べ」。

本日はテイスティング仕分ける意味があるんかいな?と言う贅沢な講座。
ピノノワールと言えば、フランスブルゴーニュ地方で有名な品種であり、私も大好きな品種です♪。

 

もはやこれは当てるしかないでしょーと言うことで意気込んだ・・・のですが。
いやいやいや、これがなんつーかめっちゃ難しい(涙)。
今までで一番難関だったような気がする。

もはや当てる気力はさらさらなくなり(苦笑)、少しでも近いコメントを取ることに集中しました。

もちろん、味を見るのは最後。
半分くらいの時間を、外観と香りだけに集中しました。

本日のラインナップとコメントはこちら

IMG_6829

左から。

アメリカオレゴン州2013年。
ミネラル香・リキュール・甘草の香り、しっかりしたタンニン。

日本長野2014年。
動物香・アセロラジュース・木樽のニュアンス、苦い・酸味強い。

ドイツファルツ州2012年。
野ばら・カラメル・カカオ・樽から来るバニラ香、果実味しっかり・皮をかじったような渋み。

フランスブルゴーニュ2010年。
一番粘性が高かった。
ブラックチェリー・シナモン・アニス・鉄・ロースト香・ミネラル香と言うかなりの複雑さ、酸味はっきり・果実味も強く緻密なタンニン。

オーストラリアヤラバレー2015年。
果物感・野菜感・ブルーベリー・白胡椒(シラーズに似ている)、酸味柔らか・タンニン優しい

ニュージーランドセントラルオタゴ2013年。
クローブ(薬草)・ヨード・生肉、引き締まる酸味・タンニン強い・皮をかじったような渋み。

 

いや〜・・・。慣れと言うか。
最後のニューワールドペアは正解したけど、
その他見事はずしまくりました(爆)。

ブルゴーニュを外したのは痛かった・・・。
いや、香りの複雑さで、ドイツのシュペードブルグンダーがてっきりブルゴーニュだと思っちゃったんだよね。

 

ここは、緻密なタンニンやアルコール感を正確に感じていれば多分よかったんだろうけど
逆に今回のシュペードブルグンダーがいい出来すぎた(笑)と、先生はおっしゃってました(笑)。

 

それにしても私、タンニン感じるのが下手だなぁ。。。
こんなので良いんだろうか、いやよくない(苦笑)。
タンニンを感じられないと・・・ワインの試験には致命的だよな(汗)。

 

今回はかなり美味しく、相変わらず全く吐き出さずに全部飲み干してしまいました(笑)。
この日もいい勉強をありがとうございました。

13516748_10206693765767082_9195243667371482758_n

最後に・・・写真撮り忘れたとFBでアップしたら、即効写真を添付してくださった先生、
本当にありがとうございました(笑)。

2016年度ワインブラインドテイスティング講座まとめはこちら

と言っても途中からなので中途半端なレポートですが^^;;。
お役に立てれば幸いです。

おまけ:打ち上げの様子(笑)

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - ワイン講習