四谷荒木町「コゲボン」さんで高知野菜&蕎麦と日本酒堪能!

   

(和酒バル53)

四谷荒木町の雑居ビル地下に構える、高知料理&蕎麦&お酒のバル「コゲボン」さんに伺いました!
公式ホームページ(Facebook)はこちらです。

6回目再訪:2020/10/31 update

前回から1年8ヶ月ぶりとなりました!
ご時世的なものもあるとは言えかなり開いちゃいましたね。。。

ご無沙汰でした!!

この日はラッキーなことに最初のお客になれました( ̄▽ ̄)

とりあえずのハートランドいただきます♪
カウンター正面が鏡なのでめっちゃ映っててすみません(苦笑)。

この日のお通しは、つる紫のお浸しレンコンのきんぴらでした。
きんぴらはカレーっぽいスパイシーな味がよかったです。

 

お店貸切状態でしたし、店主さんともお久しぶりでしたし
いきなり話し込んでしまって喉が乾く(笑)。

と言うわけで2杯目は直七サワーをいただきました。
直七とは高知の柑橘とのことでした。
感想控えてません( ̄▽ ̄)(爆)。美味しかったと思います(爆)。

お料理一品目には、「蒸しナスの胡麻山椒和え」をいただきました。

ごまだれと山椒で麻婆的な味わいにこっくりな甘味が見事です🙌
薬味の青ネギがまたよかったです♪

 

やっぱりこちらのお料理は本当に素敵です〜♪
来てよかった!!

 

この日の日本酒を教えてもらって、お久しぶり銘柄からチョイスしていきました。

と言うわけでこの日の1杯目は、高知県「松翁」純米 をいただきました。

 

と言うかこちらのお店で飲むお酒は全て高知産ですので今後は県名省きます(笑)。

 

スペックは
20年8月製造、酒米:高知県産土佐麗100%、精米歩合60%、アルコール分15%
でした。

焼き鴨つくね、全景です。
タレベースだけどそれが「タレです!」と言うしつこさ?はなくて、
さりげなくしっかり肉の旨味をサポートしている感じでした。
山椒も合いますね( ̄▽ ̄)。おいしさ見事でした!

続いての日本酒は、「豊能梅」(とよのうめ)鶯寿 大吟醸 いただきました。

スペックは
20年8月製造、酒米:吟の夢50%・山田錦50%、精米歩合40%、アルコール分17度
でした。

 

さて、やっぱりこちらではお蕎麦です!
お酒も最後くらい定番?で攻めることにしてみました。

と言うわけで「美丈夫」純米大吟醸 舞 をいただきました。

 

ラベル格好いい!
ジャケ飲み好きな私の心をガッチリ掴んでくださいました♪

 

スペックは
20年8月製造、酒米:愛媛県産しずく媛100%、精米歩合50%、アルコール分15度
でした。

塩トマトと大葉のオリーブオイル蕎麦、全景です。

こう言う洋風蕎麦も大好きです( ̄▽ ̄)

 

トマトと言うよりは塩の甘味がしっかり生きた蕎麦でした。
大葉も強すぎず、塩と蕎麦とオリーブオイルとバランスよく
とても美味しくいただきました♪

 

そんなわけで本日はこれにて締めました。
美味しい時間をありがとうございました!

5回目再訪:2019/3/1 update

おおっと、もうすぐ訪問から1年と言うところでしたっ。。。
こちらのお店、私のお手伝いしているバーがここから見上げたところにあるものなので(笑)
いつでも来れると思ったらなかなか足が向きませんでした。。。反省。。。

本日は奥にまだ人がいらっしゃったので、入り口近くに席ゲット。

とりあえず生ビールと、いつもながら秀逸♪( ´▽`)なお通し2品。
左から、きゅうりの浅漬けと長い切り干し大根煮。

 

 

あ・・・、
終電まで1時間と言うのに、余裕こいてビールなんて頼んでよかったのかしら(汗)。

とりあえずさくさくっと本日の注文をしちゃいましょう!

お酒はやっぱり高知県で、「司牡丹」裏。

酵母由来系のフルーツ香(カプロン酸エチル&酢酸イソアミル)が両方強いですが
生の香りもしっかりと残っています。
アタックはしっかりした甘味とピリピリした刺激で、酸も強くジューシーに感じます。
例えるとアイスコーヒーのニュアンスです。
余韻は強く長いです。ピリピリした刺激も長く後口に残っていました。

お料理の全景。

 

こちら、実は前回も頼んだ安定の一品(笑)。

 

私が年サイクルで来ているので、まるで常備メニューのように頼んじゃってますが
これはこの時期の季節ものなのですよ。
決して常備メニューじゃありません(爆)。

お料理になり損ねた哀愁のアスパラ君・・・。

 

ポーションとして丁度良かったのですが、
お腹にたまるものではなく、なんとなくもちょっとつまみたい衝動にかられたため
お酒もあわせて追加です(笑)。

お酒は久々銘柄、高知県「美丈夫」にしました。
純米吟醸ですが、香り穏やかでした。
アタックはしっかりした酸でスッキリ系でした。
(コメントはここまでしか残っていませんでした(笑)。)

お料理の全景。
1杯分だけでいいため、お願いして少量にしてもらいました。

 

本日のおススメのメニューでした。
たしかFacebookのページで、お兄さんが作られたとのことで情報をキャッチしてたものでした。

 

 

ここで、今どきの子の名前話でオーナーさんと盛り上がってしまい(笑)
しっかり終電逃してしまいました(爆)。
それだったらもちょっと飲んで食べてもよかったけど
眠かったのでここで締め。

 

ごちそうさまでした。
次回こそ別の季節にちゃんと伺います(笑)。

4回目再訪:2018/3/20 update

前回から半年ぶりの訪問です。

 

前伺ったのが夏祭りの時期覚えているくらい久しぶりです(苦笑)。
ご無沙汰しました!

土曜夕暮れ時に突撃訪問!無事入店!

実はこの日別の店に行くつもりだったのですが、あえなく貸し切りで撃沈。

 

こちらのお店、突撃訪問しかしたことありませんが
土曜だし大丈夫だろう・・・と、高をくくっていたところ
カウンター入口手前が賑やか・・・。真ん中くらいもお客さんで埋まっている。。。

 

一人で座れますか?、と尋ねたところ、カウンターの一番お店の奥側が空いているようでしたので
なんとか席をゲットすることが出来たのでした( ̄▽ ̄)。

早速注文!本日のお料理とお酒をご紹介!!

まずは生ビール。
お通しは見づらいですが、昆布の煮つけみたいなものと、青菜のお浸し。

 

お通しが野菜系なのは嬉しいです\(^o^)/。

カウンターの奥には、この日のおススメメニューが掲げられてました。
となるとやっぱりここから選んじゃいたくなるんですよね。。。

 

さて、最初の一杯目はこちら( ̄▽ ̄)。

はい、焼酎です。

 

いつもは手前が多かったこのカウンターでしたが
初めて焼酎の瓶の景色がよい場所に座れたので
折角なら、と思い、一番無難な(爆)ダバダをチョイスしてみました。

お料理は実は2皿目のつもりで頼んだレバーが先に来てしまったもの。
ですが焼酎とは相性がいいもので何よりでした。

 

鴨レバーは珍しいと思って注文したのですが、
非常にさっぱりとしており、他の獣と比べて臭みがほとんどないのにびっくりでした!
レアな分少し独特の香りはあるのですが、
恐らく火をきちんと入れたらもっとクセはなくなるでしょうね。

 

ボリュームもあり、美味しい一皿がいただけてすでに満足です\(^o^)/

 

続いてのお料理と併せて、お酒も注文。
本日は日本酒入れたてだったようで、酒類が数種から選べました♪
はい、もちろん、土佐地酒ですよ( ̄▽ ̄)

銘柄開拓のつもりでチョイスした、「土佐しらぎく」純米吟醸吟の夢。
酵母由来系(酢酸イソアミル)と思われるしっかりとしたマジックインキのようなアルコール香、
及び、生の香りと相まったバナナ系のスッキリしたフルーツ香も感じました。
アタックはしっかりとした甘味があり、飴を口の中で溶かした時のような口溶けも楽しむことができました。
フルーツで例えると、梨のイメージです。
中盤以降、ほのかに苦味も出てきましたが、酸の伸びがよく後口がスッキリと切れました。

お料理の全景はこちら。

 

上にかかっているのは乾燥のり。岩ノリですかね?
隠れて見づらいですが、このお皿は単独の料理としてもすごくおいしかったです。
ミョウガの食感と独特の苦みがクセになるんですね。
甘いスナップエンドウとは相性が本当によかったです!

 

気をよくして、更に地酒とお料理を追加♪

3杯目のお酒は、「船中八策」純米超辛口。
これも穏やかな香りで、ほのかに金属的な硬さが感じられ、酵母由来系(酢酸イソアミル)を感じ、
酸が豊かでライチの印象を得ました。
若干の濁りが見られましたがアタックにオリ感はなくスッキリとした印象でした。
アフターも若干の収斂感を感じる以外は綺麗に切れて行きました。

お料理の全景はこちら。

 

このアスパラが超太で魅力的で、この日のお客さん全員頼んでいたので
もしかするともうないかも・・・と思い、ダメ元で注文してみたものでした。
運よくありつけて、大正解!!\(^o^)/

 

甘くてしっとりしつつもサクサクで美味しかったです。
本日一番の幸せを感じることができました(笑)。

本日はこれにて締め!ごちそうさまでした!!

今気が付いたのですが、本当にこのお店のお料理、ヤバイです(爆)。
美味すぎます。

 

・・・気が付くのが遅すぎですが(爆)。

 

ついつい、お酒とその締め(蕎麦)に注目しがちなこちらのお店でしたが
次回からはきちんとお料理に注目してやってこようと誓いました。

そういえば初めての訪問から丸1年だったんですね。
桜の咲く時期で、お花見酒を話題にしてお話させていただいた気がします。
懐かしいな。( ̄▽ ̄)

 

本日もよいお料理とお酒をありがとうございました(^人^)♪

3回目再訪:2017/9/3 update

前回から約4ヶ月ぶりの訪問です。

 

この日は土曜日、荒木町のお祭りの日に涼を求めて(笑)訪問させていただきました♪

早速注文!本日のお料理とお酒をご紹介!!

鏡のカウンターに写っておりますな(笑)。
この日は日本酒で漬けている梅酒のソーダ割からいただきました。

 

暑かったので一杯目はビール・・・の代わりにシュワっとしたものを(笑)。

秀逸なお通しは最初の一口には嬉しい\(^o^)/
この日は優しい味付けのお野菜の煮物二品。

本日のメニューから、選んだ本日の一品めはこちらでした。

蒸しナスの胡麻山椒和え。
ねり胡麻のまろやかさの中にピリピリ刺激が加わり、
和風とも中華風ともつかない不思議な食感のお惣菜でした。

 

チビチビいただくのにちょうど良いおつまみで、この日を通してお酒の相棒になってくれました。

二品めはその日のオススメからかつおのたたき小サイズ!。

それに合わせて二杯めに頼んだのは
これも本日のオススメお酒になっていた、すだちハイ。

徳島産のすだちとのことで。

 

最近、四国に行ってきたばかりだからか、
今回足を運ばなかったところ(徳島)と言えども、そこ産という言葉に敏感になっておりました(笑)。

 

さて、焦らしまくりですが(笑)やっとこの日の高知酒までたどり着きました。

高知のお酒だけど(笑)「桃太郎」純米大吟醸があったので、早速いただきました♪

アルコール度数15〜16、精米歩合50%。
香りは乳酸香とアセトアルデヒド香が主体。
アタックは甘味、ピリピリとした刺激のあるテクスチャ。
ピリピリ感は中盤以降もよく伸び、アフターは苦味が余韻を作っていました。

気を良くして(笑)「南」無濾過純米中取。
香りは高級アルコール香主体。
トロトロ感のあるテクスチャだが、スッキリ後口が切れるタイプでした。
甘さなどの味わいが抑えられているため、かなり辛口に感じました。

桃太郎もいい酒でしたけど、南は期待通りのテクスチャとスッキリ感でしたね( ̄▽ ̄)

 

文句つけられない旨い酒も好きですが
こういう味が欲しい時に安定した味わいを楽しめるのは本当に重要ですね。

 

本日も美味しく飲めたことがとっても幸せでした♪

締めは、肉(笑)。
豚の低温調理のチャーシューが、1枚づつオーダー出来るのでお願いしました。
一人で2枚頼むと一気に贅沢感満載(笑)。

 

薄味で肉の旨味もしっかと感じられるのが嬉しいです。

本日はこれにて締め!ご馳走様でした!!

またもやお腹いっぱいでタイムリミット。
蕎麦までいけませんでしたが、おつまみをその分3種も頼めたので、よしとします。

 

今回は日本酒2種飲めたしね( ̄▽ ̄)

 

本日も幸せな時間をありがとうございました!(^人^)

再訪:2017/4/16 update

前回は2軒目で伺ったので、是非1軒目で堪能したく
機会を伺いやってきたというわけでした☆

ご無沙汰しました♪金曜夜に無事入店!

金曜夜と言う飲屋街が一番繁盛する日に来てしまいましたが
あまり曜日は関係ない、四谷荒木町(笑)。
(そりゃ少しは影響ありますが(笑)。)
なんとか無事に入店することが出来ました!!。

 

前訪問は昨年12月でしたんで。。。約5ヶ月前ですね(苦笑)。
でも覚えていてもらえて感激です!。

真ん中からあちらの端にかけて、常連さんがひしめいていたので
遠慮して逆の端っこを陣取りました(笑)。

早速注文!この日のお料理とお酒をご紹介!!

メニューがなかったのでまずすぐ頼めるビールをチョイス。
飲んでいる間にメニューを回してもらいました。

楽しみにしていたお通し!!。
ホタルイカの酢味噌和えと、切り干し大根の酢の物。
真っ白な色が綺麗で、切り干し大根とは分かりませんでした!。

なんだか雰囲気的に日本酒って感じにならなかったので、
少し軽めのもので興味が湧いたこちらをチョイス。
「司牡丹山柚子絞り ゆずの酒」

 

アルコール度数が少なくてスッキリした味わい♪美味しい♪

この後2杯続けてこれにしちゃいました(笑)。

 

お料理もそれなりに美味しいものをいただきたく・・・。

でもカウンターでお料理を頼んでいる人がそんなにおらず
ちょっと心苦しかったのですが
(常連さんが多いと妙に遠慮がちな私(苦笑))

この登り(?)をみたら、頼まずにはいられませんでした!!
魚はいくつかチョイス出来たのですが
トビウオは大きすぎるとのことで(笑)、程よい大きさと言うカマスをチョイスしました。

おお、黒いスレートがオシャレ!!。
1人だし、これでも量はがっつり食べ応えあります♪

 

さて・・・。
やっぱり来たら飲みたい地酒(笑)。

この日チョイスさせていただいたのはこちら。

銘柄が珍しい!!
もちろん高知の地酒「松翁」くらざけ濁り。

花見の時期なので、こういうがっつりしたのが欲しくなるとのことで
置いていたそうです(笑)。

香りはこっくりねっとり系のコクがあり、
アルコール度数も18度以上もあるのでかなり飲みごたえもがっつりでした。

甘口ですが最初だけで、がっつりしたアルコールのボリュームで中盤から甘さは切れ、
後口は辛口に感じますね。

本日はこれにて締め!ごちそうさまでした!!

ここら辺で1時間経ち、お開きにしました。

この日の後日、お店の企画で花見があったそうです。
(天気がどうだったのか少し気になりますが。。。(笑))
その際にももしかすると、松翁が活躍したかもしれないですね(笑)。

 

美味しいお魚と日本酒をありがとうございました♪。
次回は今回食べそびれた鰹をいただきに伺いたいです😁

初訪問:2016/12/8 update

この日は2軒目としてお伺いしました☆。

 

地下の階段を降りた先、バーのはずなのに思いの外和風な引き戸が入り口だったので
「え?、本当にここで良いの?」と、一瞬入るのをためらいましたが(苦笑)
勇気を出して引き戸を引くと、オシャレな空間が待っていました!。ホッ。

 

カウンターの左から3番目に座ります(笑)。
中途半端な場所なのは重々承知ですが、端っこすぎるのも何ですし。。。

img_8278

箸置きは鯨です!。かわいい!!。
これは酔鯨(高知の銘酒)でしょうか(笑)。

軽く締め。この日のお酒とお料理をご紹介!!

あまり飲む元気はなかったので、軽くビールで様子見。

img_8277

カウンターは前の壁?が、鏡になっているんですね。
光り物(??)があるなんてオシャレです♪

 

お通しは意外にもキチンとしたお惣菜!。
青菜とえのきの和え物と、(多分鰹の)魚の煮物。

 

それと、このお店の席、カウンターだけだと思っていたのですが、奥にどうやらテーブル席があるらしく、
そこで繰り広げられている宴会に色々お料理が運び込まれており・・・。

 

普通のバー+蕎麦屋と思って見くびっておりましたが、どうやらお料理もかなり良さげ・・・♪。
次回はキチンと1軒目で来ようと誓いました(笑)。

img_8279

この日のお酒は、やっぱり(笑)酔鯨
酔鯨ってこんなにフルーティで飲み易いお酒でしたっけ?。

店主さんと荒木町談話で盛り上がる(笑)

通常、初訪問のお店では身分(爆)を明かさない信条なのですが
ここのお店は私がお手伝いしているお店にあまりにも近く、
変に取り繕って後でバレるのも面倒なので、最初から堂々と店の方の名刺交換(笑)。

 

店主さん、うちの店にも来たことがあるようで、荒木町談話に花が咲き、
気を良くして、酔鯨もう1杯と・・・

img_8281

蕎麦を注文。

 

ここで・・・やっちまいました。
全然蕎麦食べた記憶がありません(爆)。
(頼んだ記憶はあります。)

 

お蕎麦、楽しみだったのに、だったのに・・・ううう(涙)。

 

すみません、ちゃんとお料理+蕎麦で、キチンと再訪しますね!!
懲りずにどうぞよろしくお願いいたします!!

お店情報

住所:東京都荒木町3-7 駒ビル B1F
電話番号:03-3351-0055
営業時間:[月~金]18:00~24:00(L.O 23:30)
定休日:土曜日・日曜日・祝日 ※土曜日は5名様以上(9名様以上で貸切可)から予約の相談承ります
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :○
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

 - [東京]四ツ谷・四谷三丁目, 【日本酒バル】, 日本酒お店訪問記, 飲み歩きお店 , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。