初訪問:赤羽「リビリビ」さんで面白日本酒とおつまみ

      2018/08/19

(和酒バル161)未開の地赤羽にやってまいりました!!

 

駅からすぐの雑居ビルに入っているオシャレな隠れ家日本酒バル「リビリビ」さんに伺いました!
(お店の情報は記事の最後に記載します。)

平日の開店直後に突撃訪問、無事入店!!

この日、時間を見誤ってかなり早く着いてしまった、赤羽。

 

赤羽って、京浜東北線で川口の一つ手前なんですよね。
なので川口と同じくらいかかるつもりでいたのですが
この日は乗り合わせがよく、早く着いてしまいました。。。

 

赤羽駅の駅ナカがすごく充実しており、思わずふらりと寄ってしまいそうになりましたが(笑)
ここはぐっとこらえてなんとかお店にたどり着いたのでした(笑)。

 

雑居ビル3階にあり、他のお店はスナックが大半なので
18時すぎと言う時間帯は閑散としており、たどり着くまで「本当に開いているかな」と不安になってしまいました。

こちらにたどり着いて、立て看板が出ているのを見て、やっと安心できました( ̄▽ ̄)

 

店内は結構広いつくり。窓と厨房に沿った形でカウンターが配列。
非常にゆったりした造りで居心地が良いです。

 

カウンターの後ろはスタンディングスペースにもなるようでした。

窓側の、瓶が配列されている棚を眺めながら座れる席につきました。
いい眺めです( ̄▽ ̄)

早速注文!本日の日本酒とお料理をご紹介!!

日本酒のメニュー一部。
裏の本日のおすすめメニューと合わせて大体30種くらいの中からチョイスできました。

最初の1杯は、日本酒(南部美人)ベースの梅酒をチョイス。
何かで割ることなく、氷を入れることもなく、そのままいただけます。
(ベース日本酒だから、よく考えれば分かるのですが(笑)。)

お通しでクラッカーをいただいたのですが、
真ん中のお漬物が一見お漬物と分からず、手でつかんでしまった(笑)。

 

これが、めちゃくちゃ絶品!!糖漬けかなと思ったところ、奈良漬だそう。
花陽浴を醸している蔵で売っているそうです。。。

 

久々に漬物で感動してしまった(苦笑)。
食べる前に写真を撮ってなかったことに気がつき、慌てて撮ったものがこちらでした(笑)。
(よく見たら右端一口かじられてます(笑)。)

 

あまりにも美味しくて、日本酒ペアリングも是非行おうと
ちびちびと(笑)場をつなぎました。

早速ノーマル(笑)な日本酒に入ります!宮城県「水鳥記」直汲み生原酒。

アタックは穏やかな甘味と程よい酸味、洋梨のニュアンス。
香りは、立ち香は穏やかなものの、口に含むと
油的なビニールのような化学的な匂いが口に広がりました。
生的な、アセトアルデヒドの香りもわずかながら感じました。
柑橘系の皮をかじったような渋みと後口に苦味がアクセントでした。

 

絶品の奈良漬&クリームチーズと( ̄▽ ̄)♪

 

奈良漬がとにかく旨味と辛味が濃いけど、これは本当に絶妙な甘さを持っている漬物で、
それが日本酒の後口の苦味だったり少し独特な香りだったりを上手くコーティングしてくれたような気がします。

 

奈良漬で何杯も飲めちゃいそうでしたね( ̄▽ ̄)
お通し程度の枚数でちょうどよかったです(笑)。

2杯目は、少しがつんと甘いお酒にしようと意図して注文。
高知県「亀泉」純米吟醸生。
立ち香はガツンと来る酵母由来(カプロン酸エチル)系のもったりとした甘さ。
熟れ熟れの桃のイメージ。
アタックはバランスの取れた甘酸っぱさ。アフターの切れも想像通りスッキリとしていました。

お料理の全景。

こちらがすごくもったりしており、漬けている味噌もかなり甘めだったので
甘くて酸が効いている日本酒が同調してスッキリとも感じて合うだろうなーと思ったのでした。

 

他の人は多分辛口を合わせる人も多そうだけど
なるべく「洗い流す」系の使い方はしたくないので、こういう組み合わせにしております、ハイ。

続きまして。宮城県「日輪田」純米吟醸山廃無加圧直汲み。
アタックで甘味を感じますが、うまさと酸味のバランスがよく取れているお酒でした。
旨味の余韻は中盤で感じましたが、非常に穏やかにまとまっており、穏やかな後口になりました。
若干、ピリピリ感の余韻は感じられました。

 

合わせたお料理は急遽頼んだ「豚タンワサビ醤油」。

 

このお酒は静かで穏やかな飲み口で、旨味と酸味のバランスを取っているお酒だったので
火を入れたシンプルな肉が合うだろうなーと思ったところ、案の定宮城のお酒だった。

牛タンの国の日本酒なわけだ( ̄▽ ̄)(笑)。

お料理の全景。

ソースが肉切れ一つ一つに乗っていて食べやすくてよかった♪。
わさびと醤油を練り込んだソースで、見た目ジャンクだったけど(笑)案外穏やかな味わいのソースでした。

最後は少し常温のものも頂きたいなーと、神奈川県「丹沢山」阿波山田錦秋麗をチョイス。
常温より少し燗つけた方が美味しいですよ、とおすすめいただいたので
言われるがままオススメされてしまいましたわ(笑)。

立ち香は乳酸系の酸っぱい香りがより濃く立ち上がりました。
アタックはまろやかな旨味。
火を入れることによる酸のピリピリ感とアルコールのツンとした刺激は燗ならではで感じましたが
口当たりの柔らかさはやっぱり格別。するっといただけるお酒でした。

本日はこれにて締め!ご馳走様でした!!

気がつくと常連さんでカウンターが埋まりつつあり、
私も所定杯数(笑)を開けられたこともあり、この辺で締めました。

 

お料理のバリエーションはなかなか多いと思いますが
一品一品のポーションは小さいので、2軒目か0軒目のちょい飲みに良いお店ですね♪

こんな感じの雑居ビル。
駅から近くて人通りも多く賑やかなところですが
この雰囲気は知らないと入れない、本当に知る人ぞ知るロケーション。

 

その分、常連さんが足繁く通う、素敵な魅力があるお店なんだなーと感じました(*^_^*)。

 

またちょい飲みで使わせていただきます♪

本日も良いお店との出会いに感謝です(^人^)

お店情報

住所:東京都北区赤羽南1-5-7 クレアシオン赤羽ビル3階
電話番号:03-5939-6980
営業時間:【平日】※早仕舞いの日も有り18:00〜翌2:00(LO1:00)、【土】17:00〜24:00(LO23:00)
定休日:日曜日
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [東京]北区・足立区・葛飾区, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【日本酒バル】, 【訪問記】日本酒 , , ,