浜田山のおしゃれバル「BISTRO KURODO(ビストロ・クロード)」さん訪問

      2017/07/17

(和酒バル76)初訪問です。

井の頭線は、訪問拠点の渋谷と吉祥寺を結ぶ線なので
そこそこ乗る機会は多いのですが、
その途中の駅で降りる習慣はなかなかありませんでした。

その駅の一つ、浜田山駅も、人生の中で降り立つのは2度目(笑)。
駅出口からすぐの場所に構える「ビストロクロード」さんに伺ってきました!。

お店の公式ホームページはこちらです。

平日夕方帰路を急ぐ人に揉まれながら無事入店(笑)。

平日夕方、駅に降り立つと、帰路を急ぐ人たちで
意外(失敬)にも駅は大混雑!!。。。

駅自体がコンパクトなので、駅を出てからもその波は収まらず・・・。

 

そんな波にもまれている中、駅からすぐの場所にありました。
一面壁がガラス張りで中(カウンター)の様子が見えるのでとても入りやすいお店でした♪。

ですがお店は意外に奥に長細く、
店の奥側にテーブル席が、
カウンター席が入り口側壁沿いとテーブル席側とに2カ所に設けられてました。

早速注文!本日のお料理と日本酒をご紹介!!

なんとなく勢いで頼んでしまった生ビールでしたが
(側の梅干しはお通しです)

日本酒メニューが日本酒カタログのよう(笑)。

この見開きが後もう1セット+半分と、その日の飲み比べセットがペラで両面1枚。。。

多すぎます(笑)。

品揃えも、有名な銘柄から初めて見られる銘柄に渡っても幅広く揃えられています。
迷う、迷います。。。

 

これはビールなんか飲んでる場合じゃなかったわ(汗)。

 

とりあえずはせっかくなのでお料理で間をつなぎ銘柄を選びましょう。

しかしお料理はお料理で迷いました(苦笑)。。。

春野菜のフリットミスト。
数種の旬のお野菜が所狭しとバケツ型の食器に入れられて来るところがバルっぽくて可愛い(笑)。

 

見た目だけではなく、色々食べられて優しい味で、女子には嬉しいメニューでした!
どれも美味しかったですが、特に全然写真からは見えないですが
底に沈んでた玉ねぎのフリットがこの日のヒットでした(笑)。

付け合わせは抹茶塩とワサビ醤油の塩の2種類。
これだけ単独でもいい日本酒のお供です(笑)。

最初の日本酒は「鍋島」特別純米酒。
いつものごとく生酒からチョイスです。

 

青いハーブの香りとバナナ香が半々くらい。
ツンとくるアルコール感がアタックで感じ、ピリピリ感もほんのり最後まで響きます。
全体的に穏やかな味わいなので、アルコールが先に来たのかな。

続きまして、京都府のお酒「与謝娘」無濾過生原酒リンゴ酸酵母。
お初のお酒です。
この酵母違いの飲み比べセットがありました。

香りは青リンゴ主体。酵母特性というよりは生の青草さが非常に濃い感じです。
甘みのアタックがありつつ、アフターにかけてじわじわと旨みが伸びてきました。
酸が全体的に高いことが「リンゴ的」な味わいを作っているんでしょうね。

さてさて。
肉が食べたくて頼んだのはこちら「エゾジカのスペアリブソテー」。

一応事前に量を聞いたところ
「(1人では)多いのでは?」と言うことでしたが、
実際の身の部分は150gくらいだろうということで
まぁ、他に何も頼まないし、いいかということで頼んじゃいました(笑)。

あまり美味しそうに撮れなくてゴメンなさい(汗)。
ですが身がジューシーでボリューミー。ペロリといただいちゃいました(笑)。

締めの日本酒は栃木の日本酒「開華」山廃純米吟醸。
とろりとしたテクスチャが特徴的。青りんご系の爽やかな香りだが
甘みが控えめでジワリとした旨みの伸びがよくわかります。

大満足の訪問でした!ごちそうさまでした!!

日本酒はワイングラスでがっつりと提供ということと、
お料理もポーションが大きいものだったことで
量的な満足度も相当でしたが

たまたまかもしれませんが、
選んだお酒全てが見事、幸せになれるような味わいでした。。。

よく見ると、日本酒のためのグラスでしょうか、
「Sake」の文字が!!。

こういうセンスも、本当に好きです!!

 

いや〜、素晴らしい訪問ができました!!
お料理も日本酒も、安心して選べる確信を勝手にさせていただいちゃいます(笑)。

 

また是非違うお料理と日本酒を味わいに来させていただきます!!

よい出会いでした!!
ありがとうございました♪

浜田山「BISTRO KURODO(ビストロ・クロード)」さんへの最終訪問記録はこちら

 - 【日本酒】銘柄, 【訪問記】日本酒 ,