田町「ゆすら堂」さんで私好みの日本酒に挑む

      2017/12/13

(和酒バル05)前回の訪問はこちらです。

4ヶ月ぶりですか?
確かに少し開いてしまいましたが・・・いつぞや半年ぶりとかに比較してしまい
いいペースで来られたと自画自賛してしまういけない私です(汗)。

いつものごとく電話で空席を確保、無事入店!!

入店30分前に電話で空席確認。
人気店のこちらはそうしないと安心して迎えません。。。

 

案の定、カウンターはほぼ満席、
お二人様(両方とも男性2人連れ)の間に無事席をゲットできました♪。

早速注文!本日のお料理と日本酒をご紹介!!

クラシック・ライト(ここのお店の分類分け)から山形県の「東北泉」をチョイスです☆。

 

山形のお酒らしいほんのりしたリンゴ香を柔らかい水飴の香りで包み込んでます。
アタックは、柔らかめの甘酸っぱさ。
酸味がよく効いていて甘さと旨味を包み込んでます。

「柔らかい」がキーワードなお酒でした。

 

後口に苦味が残らないのはさすが!。
日本酒のチョイス、上手いですよね♪。

店主さんいわく、苦味は雑味と言う認識を持ってらっしゃるので
そのようなお酒はチョイスしないみたいですね。
私が言いたいことを言ってくださる、非常にありがたいお言葉いただけました!。
頼もしいです☆。

季節ものとして選んだお料理は、ふきのとうの天ぷら。

これはこれで美味しいのですが、
雑味がない日本酒と合わせるのは非常に勿体無いチョイスしちゃいました(汗)。。。
今時の、苦味が後口に残るお酒のチョイスの方が合ってるんですもんね。。。

 

マリアージュは諦めて、食べ物単品で楽しむよう努めました(苦笑)。

続きまして。
やっぱりマリアージュは諦めて、横山五十と言う長崎県の純米大吟醸。

非常に華やかなリンゴ香なのでか、久々にワイングラスで楽しませていただきました。

 

やっぱり甘みと旨みは穏やかに抑えており、後口もスッキリ切れる分、
アルコール度数は16度と高くないのですが、ピリピリ感が目立つと言う繊細さ。

久しぶりにこちらのお店のがっつり系をいただきたく思ったので
牛タンの煮込み焼きを注文。
すごい、甘辛い味付けのタレがたっぷり♪
香りだけで食欲全開です(笑)。

あまり写真で伝わりませんが(苦笑)分厚い肉にも感動♪
にもかかわらずお箸でホロリと切れるところが、いかにしっかり煮込まれたかを物語ります!!。

大満足の逸品♪
これだけで今日のお食事は締めちゃおう(笑)。

 

せっかくの肉料理なので、これから日本酒は濃いもの系で揃えようと言うことで
店主さんのオススメをいただくことに。

群馬泉の超特選純米山廃酛。

お、ぬる燗できましたね。
香りが飛び、ヨーグルト的な酸味が甘みを優しくコーティング。
後口のキレもいいですね。

と言うわけで、本日の締めとしていただいたのは、こちら宗玄、無濾過生原酒。
パンチが今までで一番強い、と言われていましたが
これもぬる燗で提供いただいたので、甘たるい飴の香りが包み込み、
味わいも甘みと若干のコーヒー香が感じるような優しい味に変化していました。

 

一口だけ熱を入れないものをいただいたのですが
それはさすがに生感があり、香りが立っていたので
このお酒の力強さがより感じられたような気がします。

 

美味しい飲み方で提供いただけるのは、嬉しいですが
お酒のスペックを、熱を入れない状態で判断する癖がついているので
どうもその期待を飲む前に、脳でやっちゃってるみたいですね私って(笑)。

本日はこれにて締め!ごちそうさまでした!!

よい状態のお酒を、味わいぶかく飲ませていただける
本当に貴重なお店であることを、改めて実感です♪。

 

飲みすぎちゃったな〜と思っていたけど、
お料理をセーブしたからか、お会計も許容範囲で収まって、
その点でも嬉しい本日の訪問でした(笑)。

 

また次回の訪問を楽しみにしています!!。
ご馳走様でした!!。

田町日本酒バル「ゆすら堂」さん訪問まとめはこちらです

山本清子
チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。 スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。 たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。 趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - 【日本酒】銘柄, 【訪問記】日本酒