レシピ紹介!静岡県のご当地食材「ワサフル」のアレンジレシピと静岡地酒の日本酒堪能

   

静岡と言うか、伊豆のご当地食材「わさび」について、
それを印象づける面白い調味料を見つけてしまったので、
アレンジレシピを色々考えてみました!。

 

レシピも大変でしたが。。。
静岡県の地酒を購入できる場所を探す方が苦労しました。
静岡(伊豆)への訪問は、アクティビティとして訪問しているので
酒屋さんをチェックする時間もなく。。。

 

結局東京に戻ってからアンテナショップ(秋葉原)に行って購入したのでした(爆)。

 

そんなわけで「ワサフル」と静岡地酒のペアリングのご紹介、参ります!。

レシピ紹介!「サーモンの爆弾風」ほか

日本酒は、静岡県「誉富士」天虹(てんこう)特別純米
をいただきました。

スペックは
23年6月製造、酒米:誉富士100%、精米歩合60%、静岡酵母使用、日本酒度-2、酸度1.7、アルコール分15〜16度
でした。

 

さて、早速、静岡県ご当地調味料「ワサフル」
使ってみます!。

・サーモンの爆弾風
山芋すりおろしと京オクラをめんつゆにワサフル小さじ1程度入れました。

ワサフル、タバスコのような器に入っているのですが、
どんなに振ってもすぐ分離してしまうからか、
上記の通りに最初入れても、追加でガサガサ振り
小さじ2くらいの量追加で入れたかもしれません(笑)。

適度なピリ辛感と、ワサビでは加わらないねっとりとした脂感がいい感じでしたね。
多分サーモンよりも、ビンチョウマグロやマグロの赤身の方が相性いいかもです。
試してみたいですね!。

・タコぶつのワサフルオリーブオイル和え
タコブツを、
・醤油小さじ1
・オリーブオイル大さじ1
・ワサフル小さじ2分の1
であえました。

今回は、大葉を2枚ほどちぎって一緒にあえましたが、
大葉がなくても良かったですね、大葉よりもバジルの方が合うと思います。
ワサフルはツンツンな刺激がなく香りだけがつくイメージですしね。

その他のメニューは
・サンマの塩焼き
・ホタルイカ沖漬け風

でした。

レシピ紹介!「わかめの酢の物」ほか

まずはの日本酒は、静岡県「げんこつ」辛口純米
です。

 

銘柄開拓の意味でチョイスしてみました。
富士宮市の富士正酒造さんのお酒です。

スペックは
23年2月製造、精米歩合65%、アルコール分15度
でした。

 

なんか、地味ーな見栄えになっちまいましたな(苦笑)。

まずこちら、「わかめの酢の物」

黒酢と醤油の二杯酢にワサフルをふりかけたものです。

ワサフル、匂いが本物のワサビよりもツンツンしていないのが特徴ですかね。
お料理の味は変えたくないけど香りは付けたいって言う時にいいかもね。
麺つゆにも相性いいかもしれない。
(試しそびれてますが、現時点では。)

 

一方で、がっつりなわさび大好きな私にとっては、結構しっかりワシワシかけないと
インパクト無くなってしまうのは少し大変でした。
と言うのは、すぐ下に沈殿するんです(苦笑)。
出すたびに蓋してシェイクしなくてはいけないのが疲れます(苦笑)。

もう一つはこちら、「卵焼き」

・・・なんてことない、甘くないタイプの普通の卵焼きです(笑)。
これを食べる時にワサフルをつけなからいただいてみました。
下にシミのように広がっているのが、ワサフルです。

 

卵焼きの味つけを濃いめに作っていたのもあり、
ほんのりとワサビの香りがつくのは爽やかに感じて良かったです!
これは当たりでした!!

ちなみにこの日のその他のメニュー。お刺身三昧ごはんでした。
・カツオわら焼き刺身
・えびのゆず醤油づけ&イワシ刺身
・かぼちゃのポテトサラダ
・いつもの梅納豆+糠漬け

 

写真、カツオがネギまみれでわかりづらくてごめんなさい(苦笑)。

 - 日本酒レシピ, 日本酒自宅飲み ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。