初訪問!四谷三丁目「ヘルマナス714」さんで南アフリカワインと創作フレンチコース料理でワインペアリング

   

こちらのお店、一人予約が出来ることは確認してチェックしていたのですが
なんと今月7月末で閉店とのこと。。。
諦めていた訪問でしたが、ネットを見ていたところ訪問可能な日に予約が可能なことを確認、
反射的に予約してしまいました(笑)。

 

そんなわけで、四谷三丁目「ヘルマナス714」さんへの訪問記録になります。

お店到着!無事に席をゲット!!

この日は一人客以外は入っていなかった模様で、テーブル席を使わせていただきました。

 

カウンターもありましたが、こちらは後で常連さんがいらっしゃってました。

広々とした空間をめでながら、コース開始をワクワクと待ちました。

コース開始!この日のお料理とワインをご紹介!!

この日はお料理もワインも全てお任せのペアリングコースをお願いしました。

オードブルとペアリング

最初の一杯は、シュナンブランのスパークリング
柑橘、ナッツ、ハッカ系の香りで、爽やかさを感じつつも、お菓子系の人工的な香りがほんのり懐かしさを感じる香りでした。

シェーブルチーズと黄リンゴのブルスケッタをいただきました。

 

本当はもっと長い説明が必要なのですが、私が書き留めるためにこのくらいの長さに省略させていただきました。。。
(すみません!)

シェーブルはロワールのサントモールとのことで、なんだか懐かしい香りと食感でした。
りんごはコンポートに加工しており、
ワンポイントのファンネルとカシューナッツが、コンポート&チーズの香りで重奏となるところにワインの石灰様な香りがハッカ様に口内で重なってきました。

冷菜とペアリング

続いてのワインもシュナンブランでした。

ハッカ系の香りがさっきのスパークリングよりも顕著でしたが
グレープフルーツ様の柑橘系香りが入ってきており爽やかに感じました。
甘味と酸味が穏やかで酸のキレを良く感じました。後口はしっとりとした苦味の余韻がありました。

みずだこ、サーモン、ホタテのお寿司「風」。

寿司酢はシュナンブランワインを煮切って代用してるとのことでした。
お米もキヌアを混ぜ込んでおり、いりごま風な食感アクセントがありました。
それぞれ仕事済みの食材が乗っておりますが
「握り寿司」として頂こうと箸で持つととても崩れやすいので
かなり注意が必要でした。😅

野菜料理とペアリング

ワインはこちらでした。

 

・・・この日はどうやらシュナンブランしばりのようでした(笑)。
シュカテウスと読むのかな?、ワインの種類のようでした。

 

前のワインと同様、香りにハッカ感はありましたがナッツ・焼いたパン的な香ばしさが出てる香りでした。
アタックは程よい甘旨さと酸がバランス良い味わいでした。後半から苦味がしっかり伸びるのが特徴的でした。

蕪とトマトのコールドポトフ

チキンコンソメでじっくり味をしみさせてるらしく、めちゃくちゃ出汁濃いお料理でした。
柑橘は青柚で、すごくこの香りもよかったです。

スープに青柚を散らしたカッペリーニをいただきました。
「見た目そうめん」とお店の方に紹介いただきましたが、なんだか味わいもそうめんのように感じました(笑)。

メイン1品めとペアリング&口直し

シュナンブランのオレンジワインをいただきました。
ワインのブランドは先ほどのワインと同じです。

綺麗ないい色ですな( ̄▽ ̄)♪

 

香りは蜜的な甘味を連想する、コンポート的な印象でした。
アタックはカリンや紅茶的な苦甘酸っぱさが共存する味わいで、味が濃くない紅茶の印象が強かったです。

スモークブルボスと皮付きベビーコーン

ブルボスとはソーセージのこととのことでした。
フランクフルト風な仕上がりにしているとのことで、お世辞抜きにめちゃくちゃ美味しかったです。

ソーセージに混ぜ込んでいるキャトルエビスというフランスの混合スパイスがいい香り醸しており、
ローズマリーの香ばしい香りと相まって複雑な香ばしさの演出をしてくれていました。

田熊スダチのグラニテ
ジンと山椒を散らしている、大人のかき氷的な口直しでした。

メイン2品目とペアリング

流石に最後までシュナンブランではなかったようです( ̄▽ ̄)(笑)。
最後のワインは南アフリカのピノノワールでした。

 

ジャム的要素を強く感じる香りでした。
アタックは果実味強めに濃い甘旨さ、加えてピノノワールらしからねっとりしたテクスチャでした。
地域の特徴が出てるんでしょうね。

津軽鴨胸肉のロースト、ルイボスソース

鴨にはカルダモンを、ビーツソースにはナツメグを効かせてる、
かなりスパイシーな一品でした。

デザートとペアリング

デザートへはポートワイン的なつくりのワインを一緒にいただきました。
シロップさを感じる、もったり甘めな香りが印象的でした。

ビターチョコレート・キャラメルブランデーソース
アニスシードがっつりきいてる香りでした。

 

このデザート、想像以上に重くもったりしており、全然減らない。。。
お料理でお腹いっぱいの胃袋にはかなりきつい一品でした。
締めワインをがっつり量飲む人向けだと思います。

コース終了!全体的な感想は?

2時間半、最後まで飽きずに楽しくいただくことができました!

 

ワインの特徴とお料理の特徴がよく合っており、
これをいただいている時にはこの味が来てほしいな、とかがすっと入ってくるので
コメントも、自然に頭で浮かんだものを言葉にするのに苦労はそれほどなかったです。

 

しかもシュナンブラン縛りにするとか、遊び心もありつつ
こういうコースを作ることが出来るなんて本当にすごいなぁと感激しました。

 

 

閉店は惜しむらむべく、残念なのかもしれませんが、
それでも1回でも、体験する機会があり、本当にラッキーだったと思いました。

 

また英気をためて違う形でお目にかかれることを楽しみにしています。

 

本日も素敵なお店との出会いに感謝です。

お店情報

住所:東京都新宿区荒木町7-14
電話番号:070-8542-0714
営業時間:18時~23時(L.O22時)
定休日:日曜日、月曜日
URL:食べログ

 - [東京]四ツ谷・四谷三丁目, ワインお店訪問記, ワインペアリングコース店, 飲み歩きお店

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。