日本酒テイスティング講座:「精米歩合」「アルコール度数」「火入れ」による違い

      2017/08/24

前回の講座はこちらになります。

本日のテーマ:3つの要素でお酒の性質を予測!

内容としては前回の続きですね。

 

お酒のラベルからの情報で、だいたいのお酒の性質をできるようにしましょう、と言うのが本日のテーマでした。

 

具体的には、前回実施した「精米歩合」のほか、
「アルコール度数」及び「火入れ回数」の、3要素。
これらはだいたいそのお酒にも、ラベルに記載されている情報です。

 

「精米歩合」は、磨きが多くなるほど、アミノ酸(タンパク質)が含まれる率が下がるため
香りの複雑さを作る「高級アルコール」の含有率が下がる。
よって、すっきり綺麗な香りになる傾向です。

また、タンパク質の代わりに、糖の含有率が上がるため、甘みが強くなる傾向にもあります。

 

「アルコール度数」は、上がることによって、アルコール感が増して
アタック時とアフターの苦味が残る率が上がります。

 

「火入れ回数」は、生酒に特有の香りの成分(アセトアルデヒド)の
残り具合によって香りの清涼感を残します。

 

もちろん、その他、
酵母の特性による香りだったり、熟成度合によるフラノン量だったり
まだ味や香りを決める要素はあるのですが
まずは上述の3要素で、香りと味の骨格を決める訓練をしてから、とのことでした。

IMG_7220

このお話はかつてのスクールでのテイスティング中では、最も腹落ち出来るコメントを
取ることができました♪。

IMG_7219

磨いていない=アミノ酸が残っている率が高いではありますが
アミノ酸自体、色々な味わいや香りを持つものが存在し、
「アミノ酸があるから旨味が」「酸味が」「苦味が」
・・・・とは一概に言えないことも、本日学びました。

 

こうやってひとつひとつ、いろんな線が繋がっていくのはすごく楽しいですね。
だんだん「楽しい」域への仲間入りが出来てきだしたような感じです。
(自信はありませんが。。。)

 

また来月も宜しくお願いします!

2016年中級クラスのまとめ記事はこちら

 - 【日本酒】学び