初訪問:銀座「金のダイニング鮪金」さんでお寿司コースとワイン&日本酒

      2019/10/09

ワインが飲めるお寿司屋さんシリーズです。

 

今回は銀座と東銀座の間くらいに位置するお寿司屋さん「金のダイニング鮪金」に伺いました!
お店の公式ホームページはこちらです。

一休サイトから、お一人様でも無事ネット予約で席ゲット!

本当にありがたい時代になりました。。。

 

ですが実はこちらのお店の女将は私のFBでのお友達で、
個人的にやりとりが可能なので、わざわざネットを通す必要もなかったのですが
ネットだったらポイント付きますしね。。。
(↑考えが庶民(笑))

この日は雨のため、ギリギリまで地下道でやってきて、直前で表に出ました。
ちょうど道路のはす向かいが松尾ジンギスカンのあるビルでした。
そっち側からお店の全景を。

カウンターの真ん中くらいをゲットです。

早速コース開始!コース料理をご紹介!!

この日はディナー3コースの中の真ん中のコース
「椿コース」7500円に、アラカルトでお酒を追加することにしました。

お店のワインのメニュー。

この後、日本酒やその他のドリンクのメニューを見ながら固まる。。。
とりあえずグラスのビールを出してもらって場をつなぎました。

前菜

前菜はこちらの3種でした。左からまいります。

イソつぶ貝
→味付けがほんのりとしたお出汁と醤油で優しい味でした。

あん肝ポン酢
→あん肝のとろりとした食感が生きてました( ̄▽ ̄)
あまり温度が低くなく人肌なのも、口当たりをより柔らかくしてくれてるようで
嬉しいですね♪

ほうれん草の胡麻和え
→これは普通でした。

お刺身とペアリング

お刺身はカウンターの前から、まるでお寿司のように、切りたてを乗せてくださいました。

まずはマコガレイと金目鯛を乗せていただきました。
ちなみにわさびは生で擦りたてを提供してくださっており、
席に座っているだけで芳しい香りがたまりません( ̄▽ ̄)

 

マコガレイは、脂がのっているが醤油に溶けてバランスよくさっぱりに感じられました。

 

ここでグラスワインが追加です。

マコガレイを食べてから切り身を2つ追加した後の撮影でした。

金目鯛はマコガレイ同様、結構しっかりした脂が乗ってました。
中とろの旨さは言わずもがな(笑)。
地だこは身厚なのが嬉しかったです♪

 

ワインは、この日のグラスワインから、お刺身(醤油)を考えて最初赤を選択しました。
フランスのピノ・ノワール、バロンフリップドロスチャイルドと言う銘柄でした。

 

香りは冷えてるので取りづらかったですが、
牡丹とかスミレとか花のニュアンスがあると思いました。
アタックは果実味ほどほどな分、タンニンと酸が意外と結構しっかり感じました。
とにかく収斂感がしっかりで酸優位なワインでした。

そうしてお造りの締めは、鰹の藁焼きでした。
身厚で薬味がたっぷり、食べ応え十分で満足な一品でした♪
ちなみに薬味はカイワレと荒おろしの生姜、ミョウガでした。

旬の料理

毛ガニを出していただきました。
今、『季節』かなあ?、とは思ったけど、好きなので全然気にしません( ̄▽ ̄)

 

こちら、味噌と身をあらかじめほぐし、混ぜて殻におさめてくれてるものでした。

 

味の濃いカニだったなぁ〜( ̄▽ ̄)
かに酢をつけてくださってましたが、絞ったすだちだけで十分美味しかったです。

茶碗蒸しとペアリング

茶碗蒸しのタイミングでグラス白ワインを頼みました。
イタリアプーリア州の、ルマレスカシャルドネです。
香りはバッチリ樽のニュアンスで、こもった煙や柑橘系も少しある感じでした。
アタックは酸と果実味が程よく良いバランスを保っていました。
少しミネラル感もあり、それが柑橘系と相まって爽やかな潮風(笑)の形容に納得してしまいました。

 

茶碗蒸しの具には、エビと銀杏と椎茸でとてもシンプルでした。
それがかえって味わいがしっかり感じられてよいですね。

握り8貫+αとペアリング

ここから握りに入っていきました。

 

なんと写真を忘れてます。。。1貫目はイカ炙りでした。
炙った脂がうまかったです!。ご飯が立っててプチプチしてました。。。

のどぐろ炙り
シャリはローカット玄米と言うお米とのことでした。
お魚のムチムチした食感と焦げ感に、お米のシャキシャキ感がバランスよかったです。
江戸前らしくそのままでいただいたのですが、醤油つけても美味しそうです
( ̄▽ ̄)

赤貝
めっちゃ身厚、いや、でっかいです。
おかげで歯ごたえがぷりぷりでした♪
史上稀に見る美味しい赤貝だったかも。。。

そんなこんなで、ついに日本酒投入!。
日本酒の種類が多いので、ワインと決めてきていたものの、
やっぱりお寿司には日本酒も味わいたかったのです。。。

選びながらいただいた、次の握りの漬け鮪
柑橘の香りがほんのり付いていました。

日本酒は山形県「栄光富士」純米大吟醸無濾過生原酒の超限定バージョン。
せっかくなのでいただいちゃいました( ̄▽ ̄)

酵母由来系フルーツ香(カプロン酸エチル)ぷんぷんで、
生香もほんのりあるようでしたが目立たないくらいでしたね。
アタックは酸と甘味がしっかりあり、熟成的な苦味もほんのり感じられました。
熟れた洋梨のニュアンスでしょうか。
中盤以降も酸がしっかり伸び収斂感がほんのり残るような味わいで、飲みごたえありました。

インスタのペアリングで取り上げたのはこちらコハダ
身の厚いネタです!塩気が濃いですがぷりぷり感の食感がしっかりで食べ応えありました。

塩水ウニ巻き。見た目豪華で心踊りました( ̄▽ ̄)
ウニは甘かったです♪ウニは海苔と相性とてもよいと思いました!。

いぶりがっこが出てきました。箸休めのようでした。

本鮪の中とろです。
こちらもシャリは玄米とのことですが、全く持って問題ないです( ̄▽ ̄)
(玄米的な食感が気になる人は気になるかもしれないけど。。。)

穴子。こちらでコースの握りはラストでした。
とにかく食感ふわふわなのが素敵でした♪

 

 

シャリも小さく、もちょっと食べられそうだったので
光り物から2つ握っていただきました。

追加一つ目はです。
バッテラの皮みたいなのが乗っかってました。
酢が少なめでしっかり塩味がついてるタイプで、鯖の味わいが生きていました。

2つ目に選んだのは、あじでした。
生っぽさが残ってましたが、すだちですごく爽やかにしめられてるものでした。

 

頼んでよかった。。。今日一番美味しかったかも…( ̄▽ ̄)ホワン

味噌汁と食後のデザート

コースの締めに出していただいたのは、しじみのお味噌汁で

デザートとしてどら焼きとお抹茶をいただきました。

 

どら焼きは海外のお客さんはとっても喜ばれるそうです。
お持ち帰りも出来ますしね♪
私はその場できちんといただきました(笑)。

コース終了!全体的な感想は?

すごくお値打ちなのに、コースとしてきちんとメリハリあり、
しかもお腹も満足すると言う、とてもいいコースだったと思います
\(^o^)/

 

途中で来られる飛び込みの方は大方外国人の方でしたが
その気軽な使い勝手もとても私好みでした。

 

途中で日本酒に移ってしまいましたが
それもワインがグラスでも十分楽しめたから、です。

でもボトルでも面白いものがあったみたいですし
次回は是非ボトルでワインを楽しんでみたいですね。

 

女将のKさんとも久しぶりにお話できたのもとても楽しい時間でした!
お忙しい中お相手してくださって本当にありがとうございました!。

 

本日も素敵なお店との出会いに感謝です(^人^)

お店情報

住所:東京都中央区銀座5-10-13 東洋ライスビル 1F
電話番号:03-3573-5515
営業時間:11:30~14:00(L.O) 17:00~22:30(L.O.22:00)
定休日:不定休有り 店舗に連絡下さい。
URL:食べログ

 - [東京]新橋・銀座・築地, ワインお店訪問記, 日本酒お店訪問記, 日本酒のお店, 異文化食ワインのお店, 飲み歩きお店 , ,