2019年5月大阪・南紀白浜旅行記

      2019/06/06

今回、仕事的な移動があったのですが、
時間の都合でかなりイレギュラーな動き方をせざるを得ませんでした。
なかなか珍しい旅行かな?、と思い、その記録をこちらにとどめてみることにしました。

1日目夜:大阪到着!宿泊先のホテルは?

昼間東京で仕事をしなくてはいけなかったので
夕方の新幹線で大阪入り、20時半ごろに到着しました。

 

到着が遅くなったうえに、明日の朝は新大阪始発の特急に乗るため、
早朝にホテルを出るのため、大阪滞在時間は約11時間です。

 

それでも夜は日本酒バル開拓したいし、でも少しでも体を休めたい。

なので今回、結構奮発して、新大阪駅直結の「レム新大阪」に宿泊しました。
(ホテルへの公式リンクはこちらです)

新大阪駅直結のオフィスビルと同じ入口で、なかなか高級感ただよっています。

この日はレディース用の部屋にグレードアップ?していただきました。

雰囲気はあるのですが、パソコンを広げる余裕がない。。。
後ろの棚は暗くて使い物にならないのです(笑)。

 

仕方なく、ベットの丸いサイドテーブルがパソコン置き場になりました。

あと、この写真のように。窓側にトイレとシャワーが配置されており、
シャワーを通してでないと外が見れないのは・・・何気なくつまらない(苦笑)。

 

ちなみにトイレ&シャワーと居室の間はブラインドで仕切れるので
部屋が日の出とともに明るくなりまくるのは避けられます。

 

今までにない珍しい配置の部屋だったので、
使い勝手どうかなぁと思っていましたが
先の理由の通り、ほぼ寝るだけの利用だとめっちゃくちゃ快適に過ごせました!(笑)

レディースルーム特典のアロマライト。

部屋が明るくなりすぎないのは、睡眠の質を良くしてくれるんでしょうね。
疲れで何度か目が覚めたものの、初めての場所の割にはよく眠れて
全く寝疲れしませんでした!

 

 

翌朝は早々にチェックアウト。
朝食が無料でついていたので、ちゃんといただくことに。

ホテルから一旦出て、駅のコンコースにあるカフェが朝食会場でした。

牛吸い茶漬け丼もかなり心惹かれました。。。
ですがここは初志貫徹、No.1人気メニューの「さわらの塩こうじ漬け焼き」をいただきました。

定食メニューのほか、サイドメニューはたっぷりビュッフェでいただけます。
いいですね、このシステム♪

 

奮発した甲斐ある宿泊でした!
機会があればまた是非利用したいと思っています!!

2日目:南紀白浜まで移動、この日の宿泊先は?

新大阪駅から特急くろしおに乗ります。
前日の夜、新幹線から降りた後にチケット購入しましたが
窓側はすべてSold Outしていたと言う恐ろしき人気ぶり。。。

時間帯的に通勤で使っている人が多いようでしたが。
和歌山でがさっと降りてしまい、その後増えることはなかったですね。

白浜駅到着。
パンダやイルカのイラストがそこかしこにあり、かわいい駅です。

 

ここから昼間は仕事関連のレセプションに行き。

終わった夕方、ホテル到着。

 

この日のお宿は、「グランパスSea」と言うホテルでした。

 

仕事関連のレセプションでも公式宿となっていたのですが
この夜の食事つき立食会のチケットが売り切れており(爆)
結局普通に泊まるしかなかったと言う。。。

 

せっかく泊まるのならもっといいホテルがよかったかもしれませんが(爆)
安かったので、つい。。。
(前日のレム新大阪が高かったからね(笑)。)

このホテルの中ではそこそこいい部屋が取れました。
通常、トイレなしの部屋なホテルなのですが、この部屋はトイレつき。
畳にベットが置かれ、洋室部分に机といすのセットがあり。。。
なんかどこか違うだろう(笑)と突っ込みたくはなりますが
それでも広くて一人では勿体ない部屋でした。

夕食は、ほどほどに品数あるバイキング。
早めに行ったからか、絶好の夕焼けポジションの席をゲットです♪

お約束の生ビール!。
運転のあとはこれがひたすら楽しみでした。。。

結構もう出払った後だったので、撮影に耐えれるのはこの辺りくらい。。。
天ぷら、食べなかったんですけどね(爆)。

一巡目の皿はこんなかんじでした。
2〜3巡目はお魚中心に取って行きました。
あまりにも醜い(笑)ので写真はないですが。

ちなみに別注文の飲み物メニューはこんな感じでした。

 

日本酒がかろうじて1銘柄だけありましたが、300ml。。。

 

基本的にこのホテルは家族づれがほとんどで、
お一人様はともかく酒盛りしているテーブルが全くない。。。

 

 

でもそういうことを遠慮していたら楽しめない!!
遠慮なく頼みます( ̄▽ ̄)

和歌山県「熊野川」生貯蔵酒、をいただきました。

熟成香と生香が主体だと思いましたが、結構スースー感ありました。
酵母由来系フルーツ香(酢酸イソアミル)があるような気がします。
さらっとした口当たりで、アタックは甘味と結構しっかりした酸でした。
熟成の影響と思われる苦味もほんのり感じられました。

 

お食事が終わったらこの瓶を部屋に持ち帰って、部屋で続きをいただきました(*^_^*)

3日目:帰京まで

同じような場所で、朝食。
この日もいい天気でした♪

朝ごはんもバイキングでした。

 

仕事関連のレセプションには午前中のみちょっとだけ参加しました。
飛行機のある時間のうちに退散です。

この2日間お世話になったレンタカーくん。
駅前で借りて、空港に乗り捨てるプランだったし、一人だったので
どえらくコスパは悪かったですが、すごく活動的に動けました。
感謝してます(^人^)

帰りは南紀白浜空港から東京にひとっ飛び。

 

短かったけど充実した旅行でした。
また来年以降・・・機会あるといいなと思います。

 - 旅行 ,