日本酒バル訪問記2019/3月後半(GOCHI)

      2020/03/18

この月も楽しく飲ませていただきました!

3回目再訪:六本木「ごはんやGOCHI」さん

前回の訪問はこちらです。

1年以上は経っておりませんが、結構なご無沙汰をしておりました。

 

ですが、一人飲みの女ってそんなにいないんですかね?。
(そんなわけはない)

奇跡的に覚えてくださっている店員さんが入っている日で、
早い段階で前の話題を思い出していただき、楽しくお話させていただきました。
ありがとうございました☆

まず最初のビールに

お通し。
この日はしじみと菜の花のお吸い物でした。
すごくいい出汁の香りでした!!

この日のおススメメニュー(手元)と

おススメメニュー店内黒板。

 

日本酒は、両方に書かれていたものがよっぽどおススメなんだろうと言うことで選んじゃいました(笑)。

広島県「天寶一」限定直汲生 特別純米八反錦です。

酵母由来系フルーツ香(カプロン酸エチル)や乳酸香が強く、ヤクルトのような甘い香りでした。
アタックはしっかりした甘酸っぱさで、熟成的な苦味も相まって夏みかんのニュアンスがありました。
そんな苦味は強くはなく、後口にはしっかりした酸でスッキリでしたが収斂感もありました。

お料理の全景です。
実はこちらのお料理は後から来ました。

 

セロリが一緒に炒められてました。
エビがかなり大ぶりなのはとても嬉しかったです( ̄▽ ̄)。
卵がふわふわなのはいいのですが、めっちゃ塩気が濃かったです。。。
それがすごいつまみ感でした。

 

次のお酒は前注文したハウスワインと同じものですが
やっぱり頼んじゃいました。

チリのシャルドネ。
ペトロールのような科学的な香りに、石灰的、灰、煙が乗っかっています。
アタックは酸強めの、果実味豊か。杏(あんず)のような、ドライフルーツ的なニュアンスがありました。

お料理の全景。
具材がほぼアボカドで、ソースがワサビ以外も果実的なジューシーさがありフルーティなソースでした。
ササミは半ナマのような食感でよくわさびと合っていました。

 

 

店員さんはワインを注いでくださったところで本日勤務終了となられましたが
私は一人になったからではなく(笑)、眠くて仕方なくなったため
この日はこれでオーダーストップ。

 

日本酒も日替わりですし、お料理が飽きることないのは本当に頼もしいです♪
深夜ご飯の頼もしい味方なお店、またどうぞよろしくお願いいたします♪

六本木「ごはんやGOCHI」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

 - [東京]赤坂・青山・六本木, ワインお店訪問記, 日本酒お店訪問記, 飲み歩きお店

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。