初訪問:四谷荒木町「山灯(やまびこ)」さんで日本酒ペアリングコース

   

(和酒店39)
ペアリング店を探していたところ、
こちらのホームページにてペアリングコースをやられていることを知りました。
もちろんこちらのお店自体にも初めての訪問です。

 

お店は四谷荒木町の「山灯(やまびこ)」さんに伺いました。
お店の公式ホームページはこちらになります。

嵐の前夜に急遽予約変更。無事コース開始へ。

予約日を1日前倒しにしてしまったのですが(本予約の2日前に)
それでも快く対応していただけたのは本当にありがたかったです。

 

お店は入口から入ると奥まで続く廊下の途中に個室が並んでいる配置でした。
奥はカウンターと厨房、それとテーブル席が並んでいました。

カウンターでのお一人様は今回私のみでした( ̄▽ ̄)。

 

本日のコースは、当日注文も可能な「山灯ミニコース5品3000円」に加え、
「日本酒ミニコース 3000円」という日本酒ペアリングをつけました。

 

肉料理と野菜料理はプリフィックスになっており
好きなものを自分でチョイスすることが出来ます。

 

お酒は基本的にすべて燗で提供されるとのことですが
季節的にやっぱり冷たいものも頂きたかったので
刺し盛には冷酒を出していただけることになりました。

とりあえずの1杯は、暑かったのでミニ生ビールからでしたが(笑)。

前菜盛り合わせとペアリング

最初に出していただいたお酒は、島根県「弁天娘」純米大吟醸。

 

こちらの燗は通常、一度70度に上げるそうです。
燗冷ましが好きなので嬉しいわ♪

 

メイン香はお酢のような酢酸の立香ですが、燗冷ましのおかげでそれほど強くはありませんでした。
アタックは旨味と穏やかなピリピリとした刺激。
アフターは収斂感と米の旨味がほんのり残りました。

お料理の全景。
スズキこぶじめ押し寿司の他は、
ゴーヤのうめごしょうあえトキシラズと、枝豆タルタルたまご和えです。

ゴーヤは、ゴーヤに和えられてる梅が絶妙でした!。
苦味がアクセントくらいにしか思えなかったです。

 

前菜から期待を膨らませるステキなお料理にしてくださいました♪
この後も楽しみです!

椀物とペアリング

続いてのお酒は、島根県「玉桜」生酛仕込みでした。
見た目にわかる、かなり黄色い色。

香りはほんのりとした乳酸香が感じられました。
アタックはかなり酸っぱく、お酢のニュアンスでした。
ただし後口では酸がキレイにスッキリ切れていました。

 

お料理の全景はこちら。

鴨を荒くミンチにして緩く団子状にしていました。
他の具は、焼きねぎとイチヂク。
粒胡椒の味が強いのがもったいないと思ったが、お酒が生酛で濃い酸だったので
それを意識されていたのかしれませんね。

 

お酒の味、酸以外の雑味が燗で飛んだか、酸で目立たなくなっていたおかげで、
鴨出汁の旨さを殺さないステキな組み合わせとなっていました♪

お造りとペアリング

お造り3点盛りの中からあえて一番クセのあるこちらを選んでしまいました(笑)。

 

お酒は山形県麓井酒造からの夏酒「フモトヰ」夏純吟。
本日唯一の冷酒です。

香りは酵母由来(酢酸イソアミル)の中の高級アルコールや
火入れに見られる飴のような甘い香りが感じられました。
総じてラムネのような印象で、確かに夏の飲みたい飲み物ですね(笑)。

アタックはしっかりとした酸と程よい旨味甘味が感じられました。
熱を加えていないため、後口までしっかりと渋みと収斂感が感じられました。

お料理の全景。

イワシの肝漬けの他は、本鮪、マコガレイでした。
板前さんが、お造り+醤油だとそれで完璧なので、ペアリングがとっても難しいとおっしゃっており
ものすごく納得してしまいました(笑)。

 

だからこそ、ペアリングではなく味を流す意味合いですが
こういう冷酒との組み合わせでも美味しく感じるんですよね。
コース料理ではこういう役割も嬉しいですよね。

魚料理とペアリング

お酒は再び燗に戻り、広島県「竹鶴」の生酛純米。
香りは熟成香と酢酸、総じて消毒薬の香りが立ち上がってきました。
アタックはしっかりした酸と熟成から来る苦味があり、酸が強いコーヒーのニュアンスでした。
独特の熟成香が残り香として口に残るのですが、
酸っぱさが強い後口の中ではそれがほのかな甘味に感じられ、心地よい余韻となっていました。

お料理の全景。
こちらのお料理、プリフィクスの中の、追加料金が必要なお料理の一つ。
それもあったのか、鮎の全身を使いまくった豪華ないでたちでびっくりしました(笑)。

 

添えられているチェリートマトがすっごく甘い!!。
キモソースはバターで乳化されており、苦味がしっかり大人の味。
この甘味と苦味の対比がまた絶妙でとっても美味しい一皿。
間違いなく本日のナンバー1だったと思います。
(まだ肉出ていないのに(苦笑)。)

肉料理とペアリング

締めのお酒として持ってこられたのは奈良県「生酛のどぶ」の燗でした。

香りはかなりツンときつい乳酸香が主体。
アタックは柔らかい口当たりと、炊いたお米の甘い味が優しく、
香りと相まって温めたヨーグルトのようなニュアンスでした。
しっかり効いている酸は中盤以降もしっかりと伸び、
ふくよかな甘旨味を後口にはしっかりと切って爽やかにしてくれました。

 

好みの問題ですが、生酛のどぶが来て、お料理もエスニックだったら、
冷酒の方が私は好きですね。
燗冷ましはやっぱりちょっと酸っぱすぎるし酸っぱい香りも強いかなぁと。
人肌燗くらいの熱の入れかただったらまだ酸も立たなかったかもしれませんが。

お料理の全景。

トマトとなすがごろりと入っています。ナッツもゴロゴロあります。
ネギの大振りなみじん切りとパクチーのアクセントもあり、
今まで繊細だったお料理が一気に大胆になり(笑)何があったのかと驚きました(笑)。
ソースがそこそこ辛いですが大味と言うわけではなく、
大振りな具としっかりバランスを取っていたと思います。

本日のコース終了!ペアリングの感想は?

餃子とビールがペアリングしない、と言うコンセプトで
ペアリングコースを決められていると言うご主人。

 

お料理自体も一品一品がすごく絶妙にバランスよく、
ペアリングとあわせて一つのお料理にしている感がめちゃくちゃ伝わりました。
このお値段でこのクオリティなのは正直びっくりです。

 

定期的にこちらに伺って勉強したいと思ったくらい(笑)。

 

ただ、やっぱり燗に踏襲するのではなく
今回は、遊びで入れてもらった冷酒がやっぱりあったから、楽しめたんじゃないかなと個人的に思いました。

温度帯や香りに変化がないと飲み疲れしてしまうので。。。

また季節を変えて、今度はアラカルトでお店の味を楽しみたいなと思います。

 

本日も素敵なお店との出会いに感謝です(^人^)。

お店情報

住所:東京都新宿区 舟町 3-6 石山ビル1F
電話番号:03-3354-1550
営業時間:18:00~翌03:00
定休日:臨時休業についてはホームページをご確認ください
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:
☆器ワイングラス    :
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :◯

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [東京]四ツ谷・四谷三丁目, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【訪問記】日本酒, 日本酒のお店, 日本酒ペアリングコース店 , , , ,