乃木坂「海華月」さんで飛騨の郷土料理と日本酒堪能!

      2018/06/19

(バル的な日本酒のお店25)初訪問です。

 

ご近所バルの開拓として、実は日本酒が豊富そう、と目に留まり、出向いてみてしまいました!。
乃木坂駅の真上くらいに位置する隠れ家風ダイニング「海華月(かいかげつ)」さんに伺いました!。
お店の公式ホームページはこちらです。

土曜遅めの時間に直前予約、無事入店!

お店は住宅街の一角にある飲食店が数件あるエリアに、木々に隠れてひっそりと構えているかんじでした。
一応カウンター席もありますが、あまりお一人様がふらりと来るようなシチュエーションではないと思ったので
とりあえず念のため直前に電話で空席を確認してから伺いました。

お店は入口が半地下になっており、少し階段を下ってから入口の扉を開けました。
するとお店は人が来たからと言って店員さんが来るわけでもなく。。。
とりあえず個室が並ぶ廊下をずんずんと歩いて進み、なんとか店員さんに見つけてもらい、
席に案内していただくことが出来たのでした( ̄▽ ̄)。

案の定、と言いますか、カウンターではなく個室風のテーブル席に通していただきました。
ま、落ち着いて広々と席が使えるのがいいと言うことですかね(´ω`)。

早速注文!本日のお料理とお酒をご紹介!!

作戦タイムにふさわしく、まずは生ビールとお通し( ̄▽ ̄)。
なかなか本格的な和食を出されるお店みたい。。。

 

というか、もともとは飛騨料理と飛騨の地酒を味わえるお店とのことで
それだったらそのスタンスでこちらもいきましょうと、
まずはこちらを注文したのでした( ̄▽ ̄)。

飲み比べ3種。
おっと、銘柄だけなのはちと辛いな。。。
右のみが純米だったことは覚えてます。あとは両方アル添とのことでした。

 

左から。
「甚五郎」
香りは薄いですが酵母由来系(カプロン酸エチル)っぽい甘さとミルキーさのニュアンスがありました。
アタック酸っぱさが目立つものの、甘さも若干あり、梅酒サワー的な印象でした。
収斂感が後口に残り、それがまさに梅的でした。

「久寿玉」
これも香りが薄かったですが酵母由来系(カプロン酸エチル&酢酸イソアミル)感が若干強く感じ、
溶剤系のにおいも感じました。
全体的に薄いですが熟成的な甘苦さが感じられました。酸もそれなりに感じられ、イチジクのニュアンスがありました。
苦味は旨味を伴い、ピリピリとした刺激も伴って、そこそこしっかりした余韻が作られていました。

「飛騨の華」
純米でしたが、実は香りが一番薄いお酒でした。
アタックは甘苦苦、含み香で高級アルコールが感じられました。
口当たりは滑らかで、低温熟成ぽいニュアンスがありました。
後口に収斂感と、コハク酸と思われる渋みを感じることができました。

お料理の全景。
こちら、ハーフサイズがあるとのことでまず頼んでみたのでした( ̄▽ ̄)。

 

出汁巻きはいいおつまみだし、お腹にもたまるし、一石二鳥なんですよね♪

なかなかこれらのお酒の飲み比べが、個性豊かで楽しくて
結構ながながとこれらのお酒を引っ張ってしまいました。
そんなわけで次のお料理とのペアリングも、飲み比べのお酒のひとつから、です。

お料理の全景、お皿全景モードにて。
この、カリカリになったヒレや尾びれが、塩辛くてたまらないですが
また美味しいんですよね。
塩落としてしっかとすべて頂いちゃいました。

 

 

さて、本日のメインディッシュはやっぱりこちら。

 

飛騨と言えばこれですよ、朴葉焼き!。

飲み比べは飲みつくしましたが、常備酒メニューには
飛騨の日本酒がまだ置いてあったようなので、それを1合でいただきました。

岐阜県「初緑」特別純米。
瓶は席で注いでいただけたので、勇気をもって「写真撮らせてください」と頼んで撮りました。

 

香りは結構強い酵母由来系(カプロン酸エチル)と乳酸香で、熟れたメロンのニュアンスがありました。
アタックは濃い甘みとほんのりとした酸味があり、味わいもまさにメロンでした。
酸の伸びは中盤以降もよくあり、甘味を継続させた後口を感じることができました。
口当たりはトロトロとしてとても滑らかでした。

お料理の全景。
インスタは焼きはじめたところだったけど、これは結構火が通った後で。

 

ここらへんは、場所価格と言いますか、量が少なくて味もそれほどだったことに少しがっかり。
飛騨で食べたとき(ランチだけど)が満足度高すぎだったので
地元料理とここで頂くのを比べるのもコクかな。。。

 

ま、でも、肉の質だけはめちゃくちゃ素晴らしかった!!
これだけは現地は勝てなかった(笑)。
朴葉焼きじゃなくて素直に炭火焼きステーキで頂いた方が賢かったかも。
次回はそうします(笑)。

本日はこれにて締め!ごちそうさまでした!!

そこそこ飲み食いしたこのへんで締めることにしました。

 

ポーションが小さいので一人飲みでも十分楽しめたけど
個室と言っても個室風で、壁が完全にふさがっていないので
人が通ると難なく見えるし、やっぱり落ち着かなかったかな。
2人以上で来る方がいいですね。

 

飛騨のお酒をお料理と一緒に楽しめるお店は
都内では貴重だと思うので、そういうニーズの時に是非また伺いたいと思います。

お店情報

住所:東京都港区南青山1-15-20 ヴィラ乃木坂 B1F
電話番号:03-3479-9881
営業時間:17:00~23:30迄(L.O.22:30)
※土・祝は23:00迄(L.O22:00)
定休日:日曜日
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [東京]赤坂・青山・六本木, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【訪問記】日本酒, バル的な日本酒のお店