那覇の日本酒バル「醸造酒場アジート」さんで休日昼飲み!

      2018/05/19

(和酒バル207)那覇店に初訪問です!。

 

もう3年以上は訪問してませんが、福岡でお気に入りの日本酒バルだったアジートさんが
那覇に2店舗目をオープンされたため、念願かなって訪問することが出来ました!
(お店の情報は記事の最後に記載します。)

ちなみに、福岡店に最後に訪問した記録はこちらになります。

日曜の夕暮れ時に突撃訪問!無事入店!!

こちらは毎日14時からオープンしており、昼飲みも楽しめる素晴らしいお店(笑)。
ですが那覇に降り立った時間がすでに15時半だったりもあり、
結局お店に足を運んだのは17時半でした。

お店は常連さんらしい人で6割がた席が埋まっておりました。さすが!(笑)
運よくカウンターの端が空いており、無事席をゲットすることができました。

早速注文!本日のお酒とお料理をご紹介!!

早い時間・・・ではなくても、なんと20時までの入店でこんなお得なセットがあるとは♪
これは絶対頼むでしょう( ̄▽ ̄)

そういうわけでこの日の日替わりお料理3種はこんな感じでした。
ひじきと切り干し大根の煮付け、クリームチーズの味噌漬け、カポナータ、です。

 

醸造酒場というだけあり、こちらのお店の売りは日本酒だけではなくワインも、です。
なので折角ですから一杯目はワインをチョイスしたのでした。

日替わりお料理の中からペアリングさせたのはクリームチーズでした。

 

選んだ白ワイン「勝沼ブラン」は、
香りは、石灰のような無機的乾いた印象でしたが酸高くグレープフルーツ的なニュアンスもありました。
アタックは豊かな酸が主体で、ほんのりとした渋みがありました。
心なしか貝のうましぶさが後口に残りました。

日本酒メニューの一部はこんな感じでした。
メニューインしていたのは30種くらいな印象でした。

続いては福岡県久留米市「杜の蔵」から。
すごい、お店の名前がラベルには入っている♪
槽汲み純米生原酒。
香りは酵母由来系両方(カプロン酸エチル・酢酸イソアミル)の特徴も、乳酸香の特徴も両方あり、
原酒という割には穏やかに感じました。低温熟成なのかもしれません。
アタックはチェリー的な甘酸っぱさを感じましたが、ボリューム自体が強くパンチがありました。
口当たりは滑らかでしたが後口に若干のピリピリした刺激も感じました。

 

まだもうちょっと飲みたかったですが、おつまみが尽きてしまったので
おつまみも合わせて追加しました( ̄▽ ̄)

先ほどのチーズがあまりにも美味しかったので、スミイカの塩辛まぶしのクリームチーズをまた頼んじゃいました(笑)。

 

お酒は「古伊万里」すみやま純米。
色合いはかなり濃いピンク色をしていました。
香りは穏やかで口当たりも滑らか、アタックはキレのよい酸が主体で
色合いの割には熟成感をあまり感じることはありませんでした。
低温熟成だったのかもですね。
ですが後口には熟成に特有のジワリと苦味の余韻を残していました。

本日はこれにて締め!ごちそうさまでした!!

那覇はまだ明るいですが、実は雨がかなり強く降っていました。

 

この時間帯から常連さんが次々と絶えないお店で、
この日は店員さんがワンオペだったこともあり、ほとんど現地の方とお話することはありませんでしたが
それでもきちんとオーダーはタイムリーに取ってくれて、気持ちよく飲むことができました。

 

福岡のお店はダイニングバーの印象が強かったのですが
こちらはカジュアルバーって感じですかね。

 

若い人を中心にこれからも沖縄の日本酒ファンを是非増やしていってください!!

 

本日も素敵なお店との出会いに感謝です(^人^)

お店情報

住所:沖縄県那覇市久茂地3-25-12
電話番号:050-3384-4065
営業時間:[日~土]14:00~翌3:00(L.O 翌2:30)
定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

山本清子
チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。 スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。 たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。 趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [沖縄], 【Wine】, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【日本酒バル】, 【訪問記】ワイン, 【訪問記】日本酒, 日本ワインのお店 , ,