日本酒バル訪問記:3/26週(粋。)

      2018/04/29

この週も楽しく飲ませていただきました!

大井町(品川区)「粋。」さん

前回の訪問はこちら。1ヶ月半ぶりくらいですかね。

今のところ一番コンスタントに通わせていただいているバルかもしれません( ̄▽ ̄)

まずはこの日の3種飲み比べから。
右:茨城県「来福」純米生酒さくら酵母。
ほのかな濁りが少しありました。アタックはパンチがある酸と甘味がジューシーに感じ、メロンのニュアンスでした。
ピリピリとした刺激も強く、中盤以降もしっかりと刺激が残るため、非常にがっつり感を感じるお酒でした。
苦味の後口余韻を感じました。
香りは取りづらかったですが、酵母由来(酢酸イソアミル)だったと思います。

真ん中:長野県「西之門」純米吟醸しぼりたて無濾過生原酒。
アタックはボリュームある酸とほのかな甘味が強いパンチを作っていました。
ピリピリとした刺激もありましたが、口当たりがとてもなめらかで心地よかったです。
旨味が中盤以降から膨らみ、心地よい余韻を作っていました。
香りは総じて穏やかでした。これは噂?の低温熟成酒でしょうかね。

そんなわけで一番左。

岡山県「多賀治」純米吟醸無濾過生原酒。
アタックは酸と苦味が主体で、ほのかな甘味がしっとり感じられました。
ニュアンスとするといちごだったかな?。
苦味が中盤から旨味を伴い、余韻になっていました。
香りはこれも穏やかでしたが、ほんのり酵母由来系(カプロン酸エチル)が優勢な油を思わせる香りが強かったでしょうか。

このお通しが美味しくてね。。。
おかわりしたかったです(笑)。

これはサービス品の、「タケノコの皮のきんぴら」。
味がスッキリとしつつも後口に少し苦味がありました。
歯ごたえがシャキシャキとコリコリの中間で、酒のつまみとしてはよいものだったと思います( ̄▽ ̄)

「pipipi」、まごう事なき銘柄名ですし、ピンクの濁りはありますけど、ちゃんと日本酒です。
( ̄▽ ̄)

純米で、香りはこれも穏やかでした。
アタックはほのかな甘味酢ヨーグルトニュアンスの乳酸的ニュアンスで、
ベタですがいちごミルク(笑)のような印象です。
後口はお酒的要素が優勢となり、すっきり切れてくれました。

締めの一杯、長野県「翠露」純米大吟醸雄町。
香りは酵母由来系がほんのり感じられましたがこれも穏やか。若干の熟成でしょうか。
口に含むとメープル香的な熟成香を感じられました。
アタックは穏やかですが、やっぱりこれもメープルシロップ的な苦味主体の甘い味。
中盤からも苦味はさらに伸び、穏やかな余韻を作っていましたね。

大井町立ち飲み日本酒バル「粋。」さんへのまとめ記事はこちらです

山本清子
チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。 スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。 たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。 趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [東京]品川・大井町・蒲田, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【日本酒】日々飲み歩き, 【日本酒バル】, 【訪問記】日本酒 , , , , ,