新百合ケ丘「Tokyo Rice Wine」さんでビストロ風お料理と日本酒!

      2017/09/21

(和酒バル135)初訪問です。

この日は小田急線沿線、新宿から約30分、新百合ケ丘のオシャレバルにやってきました!。
この日をとっても楽しみにしていました\(^o^)/

 

その名も「Tokyo Rice Wine」さんと言います!。
(お店情報は記事の最後に記載します)

休日の早い時間、早飲みのお客さんの中、無事入店!

こちらのお店、15時から昼飲みが出来ることは存じてましたが
夕飯の時間くらいにはしたかったので、18時くらいに入れるよう・・・向かったのですが

この近辺で迷ってしまい(爆)10分くらいウロウロしてしまう醜態。。。

 

本当に無事に入店できて本当に良かったです(´ω`)

カウンターの奥側、お店全体がほんのり見渡せる席をゲットです。

早速注文!本日の日本酒とお料理をご紹介!!

本日の日本酒メニューはこちら♪。

 

・・・な、なんだこれは!!(笑)、絵がめっちゃくちゃ上手い!!(←そこ?)

 

日本酒はだいたい20種くらいですかね。

しかも全て、ワイングラスで提供することを前提としてるのは、本当に楽しみ( ̄▽ ̄)

ふと気がつくと、日本ワインも結構充実していることに気がつきます(笑)。
今度の楽しみにしましょう。。。

ただやっぱり最初はこれでしょう(笑)。
(ビールの間にいろいろメニューを読んでるんだし。)

 

こちらのお店、お通しなしでした。
なので早速お料理いきます。

創意工夫溢れるお料理でした!

焼き湯葉とアボカドのジュレのせ。

 

すごく創作アイディアが期待できるワクワク感のあるメニューだったのでチョイスしましたが
思いの外こぢんまりしたものが来たので少し面食らいました(笑)。

 

ですが後になってその理由がわかりました。
ジュレが時間が経つと溶けて液体になるので、鉢状の器である必要があったんですね。
色々ためになります _φ(・_・

 

こちらのジュレが醤油出汁(めんつゆ的)な味わいで
ジュレが溶けるに従って、醤油風味が一層濃くなってきます。
最初は洋風のオサレ(笑)なお料理と思いきや、時間が経つにつれ、和風のお惣菜に顔を変えてしまいます。

一度で二度美味しい( ̄▽ ̄)
(笑)

続きまして、こちらの看板メニューの一つ、トロトロ温玉牛すじ煮込み。

 

見た目も味わいも基本的に洋食なのですが
面白いのは、これに豆腐が「メインですか!」って量くらいにたくさん入っていることと、
味付けが甘味を主体にしていること。
なので人によってはこのみが分かれるかなあ。

最初の一杯目は「獅子の里」 糀 純米吟醸 生酒
香りはカプ系とアセトアルデヒド、メロンのニュアンス。
アタックは甘味主体だが苦さが目立ち、アフターも旨味と苦味の余韻が長い。

瓶をディスプレイするサービスはありませんでしたが
こちらのお店の人気酒ということで素敵なイラストで雰囲気を想像します。

 

華やかな吟醸香に余韻の長い日本酒に、甘めと豆腐の淡白な口当たりがすごくマッチするんです。
ワインではなく、お店に置いてある『日本酒』がクイクイ進む絶妙な味付け、感動でした!!

 

二杯目以降も一応記録を取ったので以下記載。

二杯目:小左衛門
香り:かなりはっきりしたカプ&乳酸香。
アタック:甘味主体。カラメルのようなコクのテクスチャ。
ふわっとしたアルコールの苦味を中盤に感じるが酸のおかげかアフターまで響かず、かわりに旨味の余韻を長く残す。

三杯目:乾坤一 特別純米辛口
香り:カプ系&乳酸香。
アタックは酸味でスッキリ、中盤から乾いた旨味がひろがり酸でドライな印象を作っている。

 

ワイングラスはやっぱり香りが取れるのが嬉しいですな( ̄▽ ̄)

締めに、面白いなと思ってチョイスしたのは「カマンベールの和ヒージョ」。

 

熱が入ってもしっかり形が残る、ロングライフタイプのチーズかと思われました。
アヒージョとしてもしっかり刻まれたニンニクが器の底に敷かれ、それがおこげとしていい調味料の役割を果たしてくれてました。
食感もありますしね( ̄▽ ̄)

そういうわけで最後に選んだ日本酒はこちら。
たかちよ
見た目濁り有。香りはイソか、乳酸香もほんのりと。
アタックはマスカット系の酸味&ほんのりした甘味。
アフターは酸でスッキリ切れ、若干の貝の渋味も残る。

 

この日飲んだ4酒のうち、もっとも優しい味わいの日本酒になったと感じました(笑)。
マリアージュとしては悪くはなく、及第点ってとこでしょうかね(笑)。

本日はこれにて締め!ご馳走様でした!!

日本酒以外にも豊富なドリンクメニューだからか、家族連れやカップルの食事場所として人気があるようでした。
休日の早い時間から賑わっていたことがその力を証明してくれてました。

 

メニューも日本酒のことを考えてオリジナリティを出されているのが
前に書いた通り、本当に感動でしたので
他のメニューをいただきにまた是非伺いたいと思いました!。

 

本日も良い出会いに感謝(^人^)

お店情報

住所:神奈川県川崎市麻生区上麻生1-6-3 マプレショッピングセンタービルG階
電話番号:044-712-5558
営業時間:15:00~24:00
定休日:12月31日、1月1日のみ休業
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :○
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

 - 【Cheese】Marriage & Recipe, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【日本酒バル】, 【訪問記】日本酒