新橋「toto bar」さんで日本酒と牡蠣三昧堪能♪

      2017/08/21

(和酒バル38)前回の訪問はこちらです。

約三か月ぶりの訪問になりました!!

開店直後に訪問、いざ入店!

17時から開いているのをいいことに、17時30分くらいに行ってみました。
案の定、最初のお客さんになることが出来ました♪

今日はお店一番奥のカウンターです!。
私が前座った席が見えます(笑)。

席の逆側の壁。
なんか生えていると思ったら(笑)。
なかなか、イキなお店ですね(笑)。

早速注文!本日のお料理と日本酒をご紹介!!

今日は早速日本酒から行きます(笑)。

お通しは茄子の煮浸し?でした。味がしみてて美味しかった!!

日本酒は、知らない銘柄を開拓したい意味で頼んだのですが
その1杯が燗向けだったみたいで、最初の1杯はやっぱり冷やがよく。

 

「シェルラバーズ白麹」とメニューに書かれていたものでしたが、
銘柄は富久長でした。

面白いエチケットを作る銘柄さんでしたが・・・してやられました(笑)。
かなり酸が効いているジューシーな1杯でした。

 

尚、1杯は100ml(半合よりも少し多め)です。

 

さて!
今日は焼き牡蠣のつもりだったのですが、どーも食欲がわかず、
やっぱりつるっと食べられる方がいいなと思い、生牡蠣盛り合わせを注文してしまいました。。。

それと、本日のおすすめから。
鰤を一本買いしたとのことで、鰤料理の中から塩焼きをチョイス。

 

するとこんな大きな切れ端を3枚も!!
これだけでお腹いっぱいになっちゃいそう(^O^)

塩焼きなのでそのままでもオッケイでした!!
厚い旨みがじゅわっとくる身は最高でした!!

 

あっという間に2枚ペロリ・・・。
イカンイカン、もっと大事に食べなくては(爆)。

さて、2杯目は「まんさくの花」にしました。
純米大吟醸の愛山酒。
・・・あれ、メニューには「雄町」と書いていたけどなぁ。。。

 

ああ、愛山が雄町の流れをくむ酒米だから、大きくは間違ってないってことなのね・・・。

 

桃のような風味が感じられる一方で、主軸は1回火入れにもかかわら生系の清涼感な香り。
全体的に味は穏やかでした。

 

やっぱり、牡蠣に合わせる日本酒ということで、系統が理解出来てきましたね。
牡蠣のコクと生臭さに負けない、清涼感のあるお酒を揃えているってところでしょうか♪。

系統がわかったら、なんとなく頼みやすくなってきました(笑)。

締めの一杯で頼んだのは、こちらの看板酒っぽかった
「栄光富士」の闇鳴秋水(やみなりしょうすい)。

栄光富士から色々メニューにあったのですが、多分これは他では飲めないと思われ。

 

無濾過生原と言いつつ、生の要素は香りにあまり出ていなかったと思います。
そうして、バランスの良さが際立ちます。
口に入れた時には旨さが前かな?とは思うのですが
いつの間にか綺麗に切れて、後口にはほとんど残らない感じ。

 

久々に「美味かった!!」と感動した1杯でした!!

 

これのアテが欲しかったので、思わず。。。

大好きな、カキフライ(笑)。
栄光富士に合う?かはわからないけど、
とにかく、「美味しい×旨い」の共演が、本当に感激でした!!

 

思わず、「わかこ酒」的な「ぷしゅ〜」・・・をやってしまいました(笑)。

1人で食べて、笑って、ほくそ笑んで(笑)。
怪しい人間でゴメンなさいでした。。。

本日はこれにて締め!ご馳走様でした!!

まだ19時にもならないうちに満席になり、常連さんが立ち飲みで入ってくださるのが
申し訳なくて・・・。もうちょっ頑張って飲みたかったのですが、
本日はこれで締めさせていただきました。

 

今回でお酒の傾向が分かった気がするので、
そういう傾向のお酒を飲みたくて、また早く来れそうな時(笑)にまた伺います!!
もちろん、牡蠣食べたい時、もですね(笑)。

新橋「toto bar」さんの初訪問&訪問まとめはこちら

 - 【日本酒】銘柄, 【訪問記】日本酒