[九州旅行記]佐賀県天吹酒造、憧れの蔵見学!

      2017/09/01

福岡の常駐仕事終了後、平日休みは継続中。
平日休める、となれば、行くでしょう!、蔵見学です!!。

 

今回、蔵見学と登山を絡めた、佐賀・熊本・大分旅行記をお届けします♪。

なぜ「天吹酒造」を選んだのか?

やっぱり、好きだからです(笑)。

 

福岡からほど近い天吹酒造さんが平日しか蔵見学できないとあらかじめチェックしておりましたので、
直前(前日。。。)にダメもとで申し込みしたら運良くOKいただけました♪
(よいこは真似しないように。。。)

なんとか到着!!蔵に足を踏み入れます!!

DSC00021

高速を降りた後の一般道が意外に道路が混んでおり、15分ほど遅刻しちゃいました。。。
失礼いたしました。。。

20150703_012514306_iOS

IMG_4318

入って手前は広い土間になっており、買いに来られる方が待つスペースになってました。
入ってお店の人かと思って話しかけたらお客さんでした(苦笑)。

DSC00022

サロンを抜けると、蔵が待ってます!

いよいよ見学ですっ!!

蔵の中を説明受けながらの見学!!

私らだけの見学は、非常に贅沢と言うか。。。
いいんですか?、こんなVIPな待遇(爆)受けて。。。

IMG_4319

たくさんのタンクが並んでいるところを、えんえん?と歩きます。

DSC00030

醸しを行うこのタンクはどこの酒造さんでもだいたい見せていただけるのですが
天吹さんのものはひとつひとつのタンクが意外に小さいものでした。
量産されていない蔵はこのようなかんじなんだなーと実感しました。

DSC00043

歩いてきた方を逆に撮ってみたところ。

IMG_4323

奥にあったのは、麹を仕込む室でした。

 

このあたりから蔵の方が、お酒にまつわるクイズ?を出題されるようになりまして。
わかりやすく説明しながら出題されるので、一応持っている知識をつなぎ合わせれば答えられるものではあったのですが
お恥ずかしながらすらすらとは答えられませんでした。。。

 

座学で資格のためだけに勉強した知識は、弱いですね。
やっぱりたくさんお酒を造る現場に立ち会って、自分の経験として身につけなければ本当の知識にはならないなーとあらためて思ったのでした。

DSC00046

蔵の横にすぐにつながるように控えている、貯蔵庫。

DSC00048

かなり年季の入っている建物でしたが、とっても広くて涼しい部屋でした。
(当たり前か。。。)

DSC00052

蔵の2階にも上がらせてもらいました。物置でした。

IMG_4320

昔使われていた木桶をそのまま保管しているとのことでした。

見学終了後、お待ちかねの試飲タイム!!

DSC00065

さて!、見学が一通りすんだら、お待ちかねの試飲タイムです♪
と言いつつも、こちらは有料試飲で、500円で3種のお酒を試飲することができます。

チョイスしたのはこの3種。

DSC00069

DSC00070

DSC00071

たまたま大吟醸ばっかり選んでしまいました(笑)。
「珍しいものを」というセレクトだったのですが、普段いかに大吟醸を飲んでいないかがわかります(笑)。

DSC00067

でもこうやって飲み比べると、大吟醸といえども個性豊かで面白いです。
愛山の大吟醸が群を抜いて高かったのですが、私が一番好きだったのは
真ん中の生酛造りの純米大吟醸でしたね。
好みかと思いますが。。。
飲み進めてくると愛山も中汲みも両方似たテイストになってくると思ったんです。

 

この後、せっかくなので牡蠣の会にあうお酒もチョイスするため、追加で飲ませていただいたりして(爆)
なんとかお酒の会用のお酒もゲットすることができました♪

蔵見学&試飲終了!!どうもありがとうございました!!

正直、最近人気の酒造さんで、敷居が少し高いのかなーと気を張っておりましたが
フレンドリーでとっても親しみ溢れる蔵さんでありました♪
せっかくのご縁ですし、また仕込みや新酒の時期には是非訪問させていただきたいと思います!!。
楽しい時間をありがとうございました!!

九州旅行記まとめはこちら

 - 【日本酒】蔵訪問 , ,