日本酒バルほか訪問記2019年GW(中三川&桜詩)

   

GWも楽しく飲ませていただきました・・・と言いたかったのですが
連休に入るくらいから少し胃腸の調子が悪く、
私としたことが週3ペースで休肝日にしてしまったりと、
飲み休日を純粋に楽しめなかったところがありました。

 

そのため後半、ご近所の慣れたお店でリハビリがてら飲みを楽しみました。
結果的に、お酒の量はとってもリハビリどころじゃなかったのですが。。。

リピ再訪:乃木坂「中三川」さん

前回の訪問はこちらになります。

約2ヶ月ぶりの訪問になりました。

 

ちょうど、季節が変わって、コース内容も変わったご連絡があったので、
それに乗っかってまいりました。

 

いつも夜中のちょい飲みばかりが続いたので、
この日は久しぶりにフルで食事をいただきました。

この日の一杯目は梅酒のソーダ割りから。

八海山の焼酎から作られたにごり梅酒でした。

前菜は2種類。桜鯛で2品いただきました。

 

右が、タイの昆布締め握り。
結構締めて時間を置いてる感じで少し干からびてた・・・ようでしたが、
その代わりに旨味の凝縮として感じられました。
木の芽・昆布締め・程よい塩味、それとほのかに柑橘系がバランス取って爽やかに感じられました。

 

とても幸せな味でした( ̄▽ ̄)
2口で終わってしまうのがとても寂しかったです(苦笑)。

もう一品は、タイのオレンジ巻き自家製ゆず塩ポン酢。
こっちの方が本家本元(笑)の柑橘と一緒にいただくのでより爽やかなのですが
味の主軸がポン酢だけあってより酸にメリハリがあったと思いました。
芽ねぎが一緒に巻いてあるところで首の皮1枚のおかず感がありました(笑)。

 

次のお造りと一緒に日本酒ペアリングの開始です。

本鮪と桜鯛の薄造りで、インスタには写っていないですが、
だし醤油とトマトベースの出汁2種類でいただけます。

 

トマトベースの出汁はかなり酸が効いてて独特の味わいでした。
本鮪の鉄臭みを緩和する役割がありました。
また、日本酒と合わせるのは出汁だとありきたりなのでトマトの方が面白かったですね。

 

お酒は、茨城県磯蔵酒造の新酒を祝う会記念新酒、純米生原酒をいただきました。
しっかりした生香と酵母由来系フルーツ香(カプロン酸エチル)主体っぽいもったり感があり、メロンのニュアンスでした。
アタックはしっかりした甘味とほのかに感じる苦味でした。
酸は意外に穏やかでしたので、旨味の余韻がしっかり後口まで伸びました。

続きまして、久しぶりのこのお店の目玉料理、茶碗蒸しをいただきました!。

 

合わせたお酒は、新潟県「あべ」定番純米吟醸 でした!。

酵母由来系フルーツ香(酢酸イソアミル)がしっかりあり、生の香りと相まって青草の印象でした。
アタックは豊かな酸としっかりした甘味が主軸でしたが、アルコールの苦味と揮発感が相まってメロン的なような、
もっと甘い印象だと蜜のようにも感じられました。
甘にがさの余韻は長く残るので、しっかりした飲みごたえがあるような印象でした。

お料理の全景、と言うか、食べている途中。
(汚くてごめんなさい。。。)

トリュフを削って直前にかけてくれるので、香りがとっても豊かです!。
わかりづらいですが、とんぶりとチーズが入ってるのが特徴的でしょう。
とんぶりの塩気がこれまた絶妙でした( ̄▽ ̄)
トリュフ・出汁・卵・とんぶり、旨味のコラボが見事で、とってもおつまみとして美味しい一品でした。

段々とメモがおろそかになって来始めているようですが、頑張って次行きます(笑)。

三重県「田光」純米吟醸 無濾過生酒。
強い生香が乗った、酵母由来系フルーツ香(カプロン酸エチル&酢酸イソアミル)両方しっかり系。
結構カプが強い感じで、ヨーグルトなニュアンスでした。
アタックはしっかりした甘味に加え、かなり苦味も感じ、コーヒー牛乳のニュアンスでした。

お料理の全景。

割ったところ。
中の時雨でおかず感はあるのですが、桜餅的な甘さが先に立って感じられたお料理でした。

三重県「笑四季」ホワイト。
酵母由来系フルーツ香(酢酸イソアミル)のキンとしたしっかりした香りで、生香やマジック香も相まってバナナのニュアンスでした。
アタックはスッキリ酸とほのかな甘味が洋梨のニュアンスでした。
雑味がないのでグルコースの甘味が後口に残りました。

お料理の全景です。
真鯛の炭火焼に添えられているのはフキの葉のきんぴらでした。
きんぴらと言っても、結構甘い佃煮状の添え物でした。

 

 

さて、ここで本来ならばご飯ものを出していただくのですが
お腹がいっぱいになるのでご飯はやめてもらい、その代わりお酒をぐびぐび(爆)いただきました。

ホワイトの次にブラックもいただきましたが
テイスティングコメントは先ほどと同様になってしまいました。。。
飲み比べすればよかったかもしれませんが、
この酔っ払い時間帯はおそらく(飲み比べが)無駄になると思い、やめました(笑)。

飲んでおきたかった、風の森。
コメント全く取っておりません(苦笑)。

おつまみとして佃煮をサービスいただいちゃいました。
ありがとうございました♪

 

また季節のオススメが変わったら伺いたいと思います!

乃木坂「中三川」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

3回目再訪:乃木坂「桜詩」(さくらうた)さん

前回の訪問はこちらです。

ちょうど1ヶ月ぶりの訪問になりました。
日本酒バル使いではなく、価格帯もとてもちょい飲みではないお店に
こんなに通うとは私自身驚いています(笑)。

 

この日は珍しく電話予約(訪問の30分前だけど(笑))したからか
いつもとコースは同じ(カウンター専用4品おまかせ)なのですが
料理を少し変えてくださいました。

一品目からいきなり味のあるタルタルなんぞが出てまいりました♪

 

まずはワイン、この日選んだボトルは
最近自宅飲みでは凝っているロゼで、面白いボトルがあると言うことで注文してしまったものでした。
タヴェル ロゼ 2016。ローヌ地方のワインです。

青っぽい香りが強いがいちごのような甘い香りも強い印象でした。
アタックはしっかりした酸が主体で、苦味と甘味がほのかなところからラズベリーの印象でした。
余韻は少なく、タンニンも薄い。飲む感覚としては白に近く、さっぱりいただくことができました。

タルタルの全景です。

赤身のみのタルタルで、コショウとパルメザンがたっぷりかかってました。
個人的にはこう言うオシャレなお料理はスパークリングワインに合わせたかったですね。
次回覚えておこう。。。

付け合せで出してくださったイモフライ。
手作りなポテトチップスと言うような味わいでした。

 

おかげでお酒がますます進んでしまい。。。
お料理が出てくるものの、全くメモする余裕がなかったようでした。

お造りは多分(爆)、順不同(笑)でタン燻製・ふたごえ・レバー・かいのみ、1種どうしても分からず(苦笑)。

ゆでタン。もちろん馬ですよ。

おなじみ、馬ラーメンで締め。

 

次回は今度こそ、ワインボトルはやめよう。。。
でもまたいいワインがあれば決心は砂と化すでしょうな(爆)。

乃木坂「桜詩」(さくらうた)さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

 - [東京]赤坂・青山・六本木, ワインお店訪問記, 日本酒お店訪問記, 飲み歩きお店 , , , ,