2018年締め登山マレーシアキナバル山(その5)

      2019/01/01

前回の記事はこちらです。

今回が最終話です。

 

今回の旅行では、山から下りた日と、日本に帰る日しかフリーで食事がいただけませんでした。

 

めったに来ることがないマレーシアですもの!しかもボルネオ島ですもの!
ここならではの美味しいものがやっぱり食べたいです!!

そんなわけで気力を振り絞って、お一人様コタキナバルグルメ開拓してきました!

シーフード料理:ウェルカムシーフードレストラン

やっぱり、一番食べたかったのはこのシーフード料理!!

 

ホテルからほど近いと言う意味ではもっとお店はあったのですが
このお店の決め手はカードが使えると言う点でした。

 

ポーターさんが運んでくれる荷物代がツアーに含まれていなかったのは
(もちろん私の確認漏れだっただけなのですが)誤算で、
想像以上に現金を遣ってしまってたため。

 

人気店とのことで混雑が心配でしたが・・・。
確かにかなり混んでいるようでしたが・・・。

 

 

外でぽけーっとお店の中を覗いていたら、店員さんから声をかけてくれて
席を作ってくださいました。

 

英語が不慣れなのが一発でばれたので(笑)
注文にも立ち会ってくれて。いい人でした( ̄▽ ̄)。

シーフードいっぱい\(^o^)/

 

ですが言葉が不自由なので(苦笑)、水槽からは選ばずに、店員さんと一緒にメニュー見ながらオーダーしました(笑)。

 

当初予定の海老がなんとか頼めました。
しかもミニサイズにしてくださったそうです♪。

ですがそれ以外のお料理について全くノープランでしたので
店員さんおススメのものをそのまま注文しちゃいました。

席でワクワクしながら待ちます。
今気がついたけど、店員さんクリスマス仕様。
全然そんな空気や食事じゃない(笑)。

そして最初に、そのおススメメニューが来た(爆)。

 

 

カニ、でっかい!!
味が濃くてなかなかビールが進むけど、ビールがなかなか来ない。。。

 

どーしても食が進まないので、ダブルオーダーされることを覚悟で
「ビール来てませんっ!」って、店員さん呼び止めて注文を確認してもらいました。
(後で見たらダブルオーダーにはなりませんでした。ほっ。)

海老もほどなく来ました。
「ごはんはどうしますか?」と聞かれたけど、ビールのおつまみのつもりだったのでパス。

ビールも大瓶なのか、ぬるい(爆)しなかなか減らない。。。

 

カニはほぐして身を食べるということをしようとすると、手がとてつもなく汚れる。
店に置いてくれているティッシュだけでは足らず、自前でウエットティッシュも持っていたけど、それでも足らない(笑)。
なのでカニを殻ごとバリバリ食べること(笑)で対処しました。
あ、爪の先とか、明らかに食べられないところは別ですよ(笑)。

 

それにしても、甲羅がついていたから、思わず味噌を食べてしまったのですが
これがトラウマになるほどまずかった。。。
今後、この手のカニの味噌には絶対手をつけません。。。

 

海老は味がクリームベースで、少し重かったけど
すごくぷりぷりしていて本当に美味しかった!!
これは6個でも足りなかったな~(笑)。

 

 

ま、お気づきかと思いますが、お腹はこれで限界。。。
はしごして麺でも食べようと思っていたけど、とてもそのような余裕なく。
おとなしくホテルに帰りました(苦笑)。

 

ちなみに、お代は現金でも十分払えたので、現金払いにしました!。

でもこのお店だったからこれだけ食べられたし。
店員さんはやさしいし。

ちなみに、お店、確かに混んでるのですが、皆お酒を飲んで宴会しているわけではないので
ある程度待ったら回転して入れるみたいです。
そういう意味でもおススメかも♪。

 

ワインのメニューもあったので、機会があればワインもオーダーしたかったです。

 

美味しかったです、ごちそうさまでした!!

ホテルビュッフェ:ホテルシャングリラ

なんか嘘のような名前ですが、実際に私がツアーで泊まったホテル。
もちろんあの有名なシャングリラホテルではなくて、その廉価版のビジネスホテルだったのですが
部屋は大きいしシャワーはきちんとお湯だし、
何よりも朝食ビュッフェはとっても充実していて文句なしでした!!

生野菜が豊富!!

デザートも豊富!!(食べてませんが(笑))

温菜がすごく豊富でした。
温菜が、マレーシア的な料理っぽかったので、
生野菜ほどほどに、温菜メインでがっつりいただきました。

 

あと、卵料理を直接作ってもらえるようにお願いできたので、オムレツにしてもらいました。

こんな感じ( ̄▽ ̄)。

 

もちろんお代わりはがっつりと(笑)。ビュッフェですもの。

ヌードルコーナーがとっても美味しそうで、思わずよそってしまいました(笑)。

麺うまい!!\(^o^)/

 

ただし日本のように、ずるずるすすったらまずいので、そろそろと口に運ぶ。。。

コーヒーで締めました。
甘くないコーヒー、懐かしい♪美味しい♪嬉しい♪

ランチ:肉骨茶(パクテー)

ホテルチェックアウト後、街の散歩がてら、ランチに向かいました。

 

と言っても結構ノープラン(笑)。
たまたま歩いていたところに、本でチェックしていたパクテーやさんがあり、
そこは結構混んでいたので、その向かいにあるこちらのお店で頂くことにしました。

旅はこういう一期一会も楽しいですよね( ̄▽ ̄)。

 

 

わたくし、パクテー(肉骨茶)については、ちょうど1か月くらい前に
偶然麻布十番にある専門店に立ち寄った経緯があり、
自分の中ではホットな軽食だったわけですよ。

まさか本場(だよね?)で頂けるとは、なんとも嬉しい♪

 

 

最初、「スパイシーなのがいい」とお店の人に言ったもの、
やっぱりどんだけ辛いのか想像もつかなかったし、
以前食べたやつはそれほど辛いってわけではないものだったので
デフォの味がいいだろうと、デフォのパクテーをチョイスしました。

 

御飯とお茶も一緒に注文。
と言うか、暑くて暑くて、お茶ないのは耐えられなかったから!!。

 

ですがこのお茶、甘かった。。。
そうよね、こっちの国ではお茶を甘くするのよね。。。

来ました~!!グラグラいってます!!熱そう!!
ですがほどなく落ち着いてきたので大丈夫でした。

 

日本の料理に例えたら、何でしょうね?。
豚骨スープをガラ出さずにそのまま食べているイメージでしょうか(笑)。
ですがもちろん、豚骨には身がたっぷりついていますし
スープは色んな香辛料(調味料)で個性的な味わいですし(注:悪い意味ではないです(笑))
ご飯にとっても合う!!

ちなみに、甘いお茶には合いません(苦笑)。
これはきっと、辛い料理を食べた時用のお茶だったんだな、きっとそうだな。。。(笑)

おまけ:帰りの機内食

結局、現金が数リンギットしか残らなかったので
空港では軽食も頂くことが出来ず。。。
(余談:現金をユニセフ寄付する時に、20リンギット札を発見。ちっくしょー、ハンバーガー食べられたかもしれない(涙)。)

コタキナバルからクアラルンプールへの飛行機内の機内食。

チキンカレーっぽいものでした。
カレーは食べたかったので丁度良かったですが、これだけではお腹空いた。。。

 

夜中まで待つけど、成田行きの飛行機でも機内食出るし!!。

 

・・・と思っていたけど。。。

0時越してのフライトだったからか、すぐ消灯なのを見越して
軽食しか出ませんでした。。。(当然か。。。)
写真ではよくわからないですが、チキンが挟まっているホットサンドイッチです。
そこそこ美味しかったです。(空腹だったからでしょうか(笑)。)

 

ビールは欲しかったけど、結構満席に近くて、トイレに行くのが面倒だったので(運よく通路側席ではありましたが)パス。

 

 

朝5時くらいにたたき起こされ(笑)朝食。
眠くてそのまま寝ていたかったけど、勿体ないのでいただくことに。

なんと豪華!(笑)。
ちなみにパンとかご飯はそのまま残しちゃいました。。。
食欲なかったし。

 

 

そんなこんなな、旅の食事でした。

 

今度マレーシア来るならば絶対食い倒れがいいな!!
(笑)

2018年締め登山マレーシアキナバル山 記事まとめはこちらです

 - 旅行

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。