三軒茶屋「月山」さんで山形地酒と郷土料理!

      2018/03/27

(和酒バル198)初訪問です。

最近、個人的に注目している「日本ワインと日本酒が両方飲めるお店」
そんなお店を探しているときに発見したひとつが、こちらのお店でした。
お店の名前は「月山」さんと言います。
(お店の情報は記事の最後に記載します。)

平日夕方に突撃訪問!無事入店!!

三茶ならば満席だった場合の予備プランが発動可能だったこともあり、突撃訪問をすることにしました。

 

お店の入り口はドアだけスケルトンだったためか
お店の中をうかがっていると、店員さんが入口に近寄ってくれているのが見えてしまいました
(笑)。

 

なので意を決して(と言うのは大げさですが(笑))ドアを開け、入店。
幸いにもカウンターにはまだ誰もおらず、無事に端っこの席をゲットすることができました。

早速注文!本日のお料理とお酒をご紹介!!

グラスワインのラインナップはこちら。

日本酒のラインナップは、この右側が本日のおススメで、常備酒は冊子となっておりました。

日本酒の冊子は、このように山形の地域別にお酒が分類されており、
山形地酒だけで3~40種あるようなかんじでしたね( ̄▽ ̄)。

 

その量がひたすらすごくて、冊子を夢中で読んじゃいました(笑)。
なので注文もすごく迷ってしまいました。。。(苦笑)

 

結局迷って、メニューの一番上から頼んでしまう始末。。。

さくらワインとは・・・ひらがなか漢字かの違いはあれど
最近飲んだやつと同じものをチョイスしてしまう、ブロガーにはあってはならぬ失態。。。
_| ̄|○

 

でも今回は、瓶を撮ることが出来たからよしとしよう( ̄▽ ̄)
(単純)

 

一応、取ったので以下さくらワインのテイスティングコメントを。
りんご酸的な酸っぱい香りがさくらんぼ的でした。
アタックは爽やかな酸とさりげない甘味、酸の伸びがよくスッキリ系で、にが渋さが全くありませんでした。
ハッカ的なスースー感がさりげなくありました。

お料理の全景。

 

お料理は、おばんざい2品を注文した、そのうちの1品。
ふりかかっているスパイスが岩の粉的なすごく独特な香りで、
和食なんだけどオリエンタルな香りがほのかに香る、面白い味わいでした。

順番が前後しましたが、お通しはこの2品でした。
玉こんにゃくと切り干し大根の煮物。
いきなり出ました、ご当地グルメの玉こんにゃく♪
山形の風をこれだけで存分に感じてしまいましたよね(笑)。

 

2杯目のお酒も、これらのお惣菜&おばんざいと合わせることを考えて
すっきり系なんじゃないかな~、と言うことを想定してチョイスしてみました( ̄▽ ̄)。

山形県鶴岡市「栄光富士」純米大吟醸煌凛(こうりん)
香りはしっかりとした酵母由来系(カプロン酸エチル)と生香で、ニュアンスはメロンでした。
アタックもしっかりとした甘味が軸で、苦味がほんのりと。
酸は通じてしっかりしており、中盤以降苦味とともに伸びていきつつも、
最終的にはスッキリとした切れ口を作っていました。

 

うふふ( ̄▽ ̄)、期待通りのすっきり系ですが、思いのほかパンチがありました。
無濾過生原酒らしい・・・香りや味の分子が濃いんですよね。

お料理の全景はこちら。

 

お野菜はくたくたになっており、素材の味というのはあまり感じませんでしたが
桜エビの出汁がとてもしっかりしていたので、
ペアリングとしてもいい組み合わせになったと思います。

 

さて、本日のメインディッシュがやってまいりましたので
次のペアリングを\(^o^)/。

山形県寒河江市「銀嶺月山」生本醸造原酒。
生ハーブのようなスースー感と、酵母由来系(カプロン酸エチル)のフルーティさもありますが
何よりもアルコール香が前面に出ているのが印象的でした。
アタックは濃い甘味。アルコール度数高い(19度)ピリピリした刺激も強く
非常にボリューミーでありつつも、口当たりはとっても滑らかなアンバランスさが面白いお酒でした。
甘味・ピリピリとした刺激はアフターまでしっかり強く残りました。

お料理の全景。
お一人様用のハーフサイズにしていただけました\(^o^)/♪

 

ですが、こんなにお上品な芋煮をいただいたのは初めてだと思います(笑)。
鍋のようにごった煮ではなく、具材一つ一つが独立した味わいを持っているかんじ。

 

お酒はすごくボリューミーなので、どちらかと言うとごった煮の方が
イメージ的に合うんですが、
これはあくまでも配膳・盛り付けのセンスでこうしていただいており、
出汁は非常にいろんな旨味が含まれた複雑さがありました。
なので、写真的に説得力はないですが、味わい的には全然オッケイ♪
とてもグッドなペアリングになりました!。

 

さて、最後の1杯としては、やっぱり好きな生酛をチョイス。

多分お初の銘柄、「庄内美人」きもと純米。
乳酸香がしっかりと香っており、酸っぱそうなヨーグルトの印象がある香りでした。
米のような原料香も強かったです。
アタックはヨーグルトのような柔らかい甘味と酸味で、苦味も少し感じました。
酸がとてもよく効いており、苦味がすぐ切れ、甘味だけアフターまで伴ってスッキリした後口を作っていました。
アフターの含み香でマジックインキ香がよく目立っていました。

 

少しだけ、おつまみも欲しいなと思い、
1本だけでもOK、とのお言葉に甘え、こちらの看板料理である
焼鳥を本当に1本だけ注文してしまいました(苦笑)。

頼んだのはハラミ串。
牛とかと違い、どちらかと言うと皮的な食感で、香りも内蔵系。
ですがすごく柔らかくて、食べたときの満足感は高い♪。

 

串、最後で気になってしまいました。。。
今度来るときはもっと串をいただかなくてはね( ̄▽ ̄)。

本日はこれにて締め!ごちそうさまでした!!

カウンター席はこの日、予約なしの一見さん向けだったようで
お一人様は私のいる時間は私のみだったのですが
店員さんがほどよく目配り気配りをしてくださり、居心地はよかったです。

 

何よりも山形地酒がめっちゃ多くて。。。
もちろんこの日も飲み切れていませんので、
焼鳥串を頂くのと同時に、次回は1種でも多くの銘柄を開拓したいと思います。

 

本日も素敵なお店との出会いに感謝です(^人^)。

お店情報

住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-10-16
電話番号:03-6450-9971
営業時間:【月〜土】17:00〜24:00(L.O23:00)
定休日:不定休 月に一回店休とさせて頂くことがございます。
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :○
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

山本清子
チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。 スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。 たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。 趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [東京]渋谷・恵比寿・三軒茶屋・目黒・五反田・祐天寺, 【Wine】, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【日本酒バル】, 【訪問記】ワイン, 【訪問記】日本酒 , , , ,