2017年初秋:草津温泉小トリップレポート!

      2017/10/20

今回、草津白根山に登山・・・と言うほどではないですが
公共交通機関のみを使用してトレイルハイクしてきましたので
旅行の参考になればと、行程を記録してみました。

 

山の記録は別に書きましたのでそちらを参考にしてくださいませ☆

前泊

高崎に宿泊しました。
駅前のビジネスホテルに宿泊し、夜は当然日本酒バルですな( ̄▽ ̄)
行ったお店の記事はこちらをご覧くださいませ☆

当日朝は7:26高崎駅発

平日だったので学生(高校生)が大半でした。
渋川とかで降りるのかなーと思いきや、結構長くご一緒しておりました。。。
皆、毎朝大変ですね。。。

 

乗り換えなくていいのは楽なのですが、各駅停車は果てしなく長く感じました。

 

到着は8:49。

 

長野原草津駅は大昔、もう15年以上前に利用した記憶があるのですが
国道かなにかの腹(笑)におろされ、道路の途中でバスを待っていた記憶でした。

 

ですがいつのまにか、ターミナル駅になっていてびっくり!!

駅が大きい!(笑)
写真は改札を出たところです。

 

トイレに行きたかったのですが。。。
草津温泉バスターミナルまでは8:55発なのですが
ほぼ乗り換え時間なしぎりぎり状態だったので、焦りました(苦笑)。

バスに30分ほど揺られて、草津温泉バスターミナル着。

バスから降りたら、折り返し乗る人が多くて少し焦りました。
(今考えたらあのバスを白根火山行に流用するからだったのですね。)

 

バスを降りたら、すぐにコインロッカーに直行。
バスターミナルと同じフロアにあるので、そこを利用しようと・・・

 

コインを1枚、2枚入れたところで。。。

コインが落ちない!!!∑(゚Д゚)

 

どうやら、ロッカーがさびているよう(涙)。。。

 

落ちてしまった100円玉や、目の前で落ちずに止まっている100円玉も
取り出すことも出来ない(涙)。。。

 

こんなの放置しておくなーーーーー!!!
。・°°・(>_<)・°°・。

 

でも、荷物は入れなくてはいけないので、機能していそうなロッカーを探す。
案内所のお姉ちゃんに聞き、1階の外のロッカーの存在を確かめ、無事にそこに入れることが出来ました。

 

・・・やれやれ、とりあえず助かった。。。

 

でもコインロッカーに倍のお金を払ってしまった。。。(涙)

 

そうこうしている間に、白根火山行のバスが満席ちかくなっているようだったので
慌てて飛び乗る。
(またトイレに行きそびれた。。。)

 

なんとか窓際をゲット。
隣はカップルのお兄ちゃんが座ってきましたが。

行きの殺生河原やその上の景色もばっちり\(^o^)/。

紅葉も綺麗でした(*゚▽゚)ノ

(トイレは無事、着いた後レストハウスに入って行くことができました。)

下山前のランチタイム

帰りは予定より早く到着。
レストハウスのレストランでのんびりごはん。

 

本当は、ネタ的には白根湯釜カレーだろうと思っていましたが。。。

皆さんすみません。お味噌汁がどーしても飲みたくて。。。
上州ソースカツ丼にしちゃいました(苦笑)。。。

 

ま、お味噌汁はふつーのレトルトのでした(当たり前。。。)

 

カツ丼もふつーでしたがお値段程度になかなか美味しかったです。

その後、散策する元気もなく、1階のカフェでまったり。
・・・ですが電波も圏外でWiFiもないため、ログ見直し以外することなし。。。

バスはまだ早い時間だったからか行きと異なりガラガラ♪。
いい睡眠時間確保になりました。

 

いい感じの時間を残し、草津温泉着。

温泉街を眺めつつ、温泉街の奥にある「大滝の湯」に行きました。
ホームページはこちら

タオルなしで900円とかなり高い温泉でしたが、設備的にしっかりしていたし
女風呂の「合わせ湯」は非常に趣高い素敵な湯船でしたし
(一番熱い湯には私はとても入れませんでしたが。。。)
まぁ満足です( ̄▽ ̄)。

 

体を洗うことに注力したので、次回来るときは西の河原露天風呂にも行きたいです。

東京までは高速バスで1本!

草津温泉バスターミナル発、16時。

 

ここから群馬のいろんな要所に寄ってから高速に乗ります。
最後のピックアップは18時を超えており、そこまででかなり疲れてしまいました(汗)。
隣が空きだったのでゆったり座れたのが幸いでしたが。。。

 

バスタ新宿には、時間ぎりぎりの20時15分くらいに到着、解散。

 

乗換がないバスは1本だし気楽と思っていましたが、4時間超えるとさすがに体に来ますな。。。
山登りの後できっと体が疲れていると思ったので、ずっと眠れていいかなとは思ったのですが。

 

まぁ、自分で運転したり、電車乗換を繰り返したりするよりはマシだったということにしときましょう
(笑)。

 - Outing, Travel