酒蔵体験その2:「仙禽」蔵体験!!(前半)

      2016/07/09

前回はこちらです。

前日、結構遅くまで繰り広げられていた宴にもかかわらず、蔵の朝は早い・・・。
ホテルロビーに7時半集合&チェックアウト。

 

さあ、いよいよお待ちかねの、蔵作業です!!
長くなるので前後に分けます。
日本酒の製造用語がガンガン出まくりますが、説明していると面倒なので(爆)すっ飛ばしていきます。
気になる人は個別にググってください(笑)。

 

さて、朝一に早速麹室。
2日目の麹米の「出麹」を行った後、出した場所に
昨日「切り返し」を行った麹米を移す「盛」を行います。

DSC01132

すくって

DSC01135

流す。

 

この作業をひたすら繰り返し。

DSC01137

盛った麹米は整えて

DSC01138

お掃除(笑)。

DSC01141

出麹をした2日目の麹米は冷まします。

 

続いて、米を蒸す作業。

DSC01143

水蒸気でえらいことになってます。

DSC01150

蒸し上がりの釜の中を見させていただきました。

IMG_6018

ちなみに、蒸しあがった米。これは山田錦55%
炊いたわけではないので、かなり硬くてボリボリしている。
でも味が透き通って(スッキリ?)していてそこそこ美味しい。
酒米は美味しくないと言う先入観があったのでそれが覆されました。

DSC01155

米を放冷機に運ぶ作業。・・・なんだかびびった(苦笑)。

DSC01158

DSC01168

冷まされた状態で米が出てきます。80度から40度まで一気に下がるなんてすごい!
なんか本当にこういうの見ると、技術発達あってこその酒造りなんだなぁと感じます。

DSC01172

冷まされた米を再び先ほどの麹室の、盛跡地(笑)に運び、広げます。
いわゆる引き込み作業。

IMG_6025

熱い熱い(苦笑)。

DSC01175

広げてもう少々、しばし温度が冷めるのを待ちます。

 

以下、後半に続きます。

 

おまけ。

IMG_6019

雄町の蒸米。
山田錦との食べ比べってほどではないけど、ポソポソ感は半端なかったのは同じ(笑)。
炊いたら美味しいんだろうな。。。

 - 【日本酒】学び, 【日本酒】蔵訪問 ,