2018年締め登山マレーシアキナバル山(その4)

      2019/01/01

前回の記事はこちらです。

地獄のような山道の末登頂、天国へ!

(しばらく写真ありません。スンマセン。。。)

翌日、0時起床。
日焼け止めを塗り、コンタクトを入れ、朝ごはんっぽい軽食として
山小屋に用意いただいたトーストを自分で焼いていただきます。

 

あと、忘れずに頭痛薬も飲みます。
寝すぎなのかなぁ、高山病が全くよくならず、頭が結構痛かった。
(だから目覚められた。)

 

 

寒いったら寒い・・・。
もちょっと暖房ガンガンきかせてくれてもよいのに。(←ワガママ)

 

ポーターさんと山小屋で1時待ち合わせだったけど、
ポーターさんが山小屋でコーヒー飲みだして少し後ろ倒しの1時半くらいに出発しました。

 

 

ここからはひたすら階段になります。

 

真っ暗で、自分がつけているヘッドライトが唯一頼りになる明かり。
なので写真をいちいち撮る景色がなく、写真を理由に立ち止まることもしなくなりました。

何よりも、止まってしまったら、途端に汗が冷えて、体が冷たくなるんじゃないかと言う恐怖におそわれます。

サヤッサヤ小屋で最後のIDカードチェック。

 

 

ここからは日本ではまず見られない、一枚板の足場。
歩きにくいことはないけど、時々張ってあるロープを使わなくちゃいけなかったりとか
単純に足を動かせばなんとかなるところでもなく。

 

ついに、ばてばてがピークに。

 

とにかくゆっくりのぼりなさいとポーターさんにたしなめられ。
途中から手を引いてもらいました。。。
なさけなや。。。

 

 

とりあえず、頂上があと少しってところで、手を離してもらい
なんとか一人で頂上に向かいます。

ぎりぎり、日の出をローズピークの頂上で見ることができました!!

 

もう、寒いし疲れたししんどいし。。。

 

でも、明るくなると人間、気分も明るくなるものですね。
降りる気力がむくむく湧いてきました(笑)。

 

嬉しいし、明るいし、景色は最高だし、お恥ずかしながら声を上げて泣いてしまった。
でも本当に間違いなく、最高の瞬間でした!。

撮っていただいた記念撮影。
ポーターさんに一眼レフでのピントの合わせ方を説明するのが難しく、
頂上を結構長く独占してしまった。。。申し訳ないです。

 

顔、パンパンやなーと恥ずかしく思ったけど、
うちの母に見せたところ、高山病の症状だと一目でばれてしまった。
そっか、薬でごまかしていたけど、やっぱり体は悲鳴上げていたんだなー。

下山開始!

ヴィアフィラータまで

ローズピークを降りる途中で振り返ったところ。(多分ね)

 

そうして明るくなり、ヘッドライトなしで下山開始。
私はヴィアフィラータのために一路待ち合わせのサヤッサヤ小屋まで一気に下りました。

こんな道だったんだなー。。。

高さ表示の最後のところ。余裕で富士山(3,776m)よりも上ですね。

サヤッサヤ小屋が見えてきました!

待ち合わせ場所は、倉庫のような屋内で、ここで装備をつけてから時間が来るまで、休憩。
寒さをしのげてゆっくり座ることが出来て幸せでした。。。

 

でもその幸せも長く続かない。。。

 

初めてのヴィアフィラータ体験。
頂上アタックでへろへろになっている体力の時にやるもんじゃなかった(爆)。

 

どのタイミングでカメラを渡せばよいか分からず、結局写真を撮ってもらえなかったのが悔やまれますが
とにかく生きて帰れてよかった(苦笑)。

 

また、日が昇ってくるとどんどん気温も上昇し、
冬用アタックのゴアテック装備が暑くて死にそうだった。

力を振り絞って下りました。

山小屋到着~ついに下山

色々な要因でヘロヘロになりながら、ペンダントハットにようやく到着。

遅い朝ごはん(と言うか昼だな(笑))は
ソーセージだったり温かいスープだったり、
豪華じゃないけど素朴で美味しくて疲れた身にめっちゃしみた。

(この写真の後、ソーセージとカレーみたいなのをお代わりした(笑)。)

 

これからまだ延々と下りが控えているのに、結構しっかり食べてしまった(笑)。

 

 

そうしてまた夏装備に着替えて、パッキングもしなおし。
ポーターさんに持ってもらう荷物に山頂アタックで着た冬装備を詰めましたが
汗かいて膨らんだためか、全部入らず(笑)。

 

ひたすらしんどい下りの始まりです。。。

 

ポイントがなかったので記録もしていなかったけど、とにかく長くてしんどくてつらかった。

 

従来、山の下りは、若干走り気味にするんだけど、
岩ベースの山道だと膝にくるから、ストック使って踏みしめるようにして下るようになり
タイムは下りでは伸びなくなってしまった。
でも、ストックあるなしでは山が終わった後の膝の疲労が全く違うからこの方法でないと怖くて下れませんでした。

 

 

今回は、富士山の時と同様、足の爪にかなり負担がきました。
歩く度に爪に激痛!!!
てっきりはがれたと思って、ホテルに戻った後、靴下を脱ぐのが実はちょっと怖かった(笑)。
結果的にはがれてはいなかったので拍子抜けでしたが(笑)。

目標は13時半着だったけど、結構遅れてしまった。

 

 

本当に本当に疲れた。。。

 

登山口から送っていただいたバスが、何だか分からず遠回りとかしていたので
少し管理センターに戻るのが遅れてしまいました。

 

 

昨日送迎してくれたツアー会社の人に迎えていただきました!
あー、近代社会に戻ってこれた(涙)。

 

「お昼ごはんはどうしますか?」と聞かれて少し戸惑う。
でも考えてみれば15時過ぎ。
ホテルに今からでも戻ったら17時台ですよね。。。
一応、ツアーにはついていたけどね。

実際そうだったけど、食欲はなかったし、夕飯が近いし、
いいですとお断りしました。

 

 

そうして再度、2時間半のドライブ。
めでたく爆睡時間を確保。
汗かきすぎで途中でトイレにもいきませんでした(笑)。

ホテルは前日チェックアウトした日の部屋から変わってましたが
また水のペットボトルが2本あったのは感激でした♪

 

念願のシャワー、めっちゃ気持ちよかった!!2日ぶりだもんなー(涙)。
シャワーがちゃんと出るホテルで本当によかったです♪

 

続きます。

2018年締め登山マレーシアキナバル山 記事まとめはこちらです

 - , 旅行

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。