日本酒バル訪問記11/26週(串かつ男男おでん)

      2020/03/19

この週も楽しく飲ませていただきました!

再訪:六本木「串カツ男 男おでん」さん

(和酒バル206)前回の訪問はこちらです。

最近、年でしょうか(爆)、おでんのお店を開拓したくてたまらず。
色々調べたものの、やっぱりいざと言うときは一度伺ったお店が安心感があり
足が向いてしまうわけでした。

ですがこちらのお店、前回伺ったのはほぼ半年前。
こちらのお店で串揚げをやっていた時の話で、おでんは初体験だったのですね。

 

早速行っちゃいます( ̄▽ ̄)!

 

カウンター席、2名組の間になんとか隙間席がありました。よかった♪

さて!、まずはビールと、とりあえずのおでんを単品でいくつかチョイスです。
おでんを待つ間は、お通しのゆでピーナッツをいただきます。

さて。
こちらのお店の日本酒は数種なのですが
やっぱりこの日本ワインの品ぞろえは素敵ですよね~♪

そういうわけでビール後の1杯目は、白ワイン・高畠上和田ピノブラン

すずらん系の花の香りが主体ですが、キャンディのような甘ったるいニュアンスやレモン的な酸のニュアンスも感じられました。
アタックは強い酸と、ふくよかな果実感。苦味の余韻が和食に合うと思われます。

お料理の全景。

今回チョイスした具は、大根・こんにゃく・ごぼう巻き・牛スジ。

さて、一通り定番おでんはいただいたところで、
やっぱり頼んでみたいのは変わり種( ̄▽ ̄)。

・・・なんだと思います?
なんと、モッツァレラチーズのおでんなのです。

 

岩のりトッピングで出汁につけたままだと溶けるのですぐ食べてくださいと言われて配膳されました(笑)。
スープがおつゆの出汁として普通に美味しいです\(^o^)/

全然美しくないけど、チーズと言う証拠(笑)の為に早めに救って出しておいた様子です(笑)。

 

この第2弾から、お酒は日本酒にシフトしました。

お酒はディスプレイサービスはないのでメモのみ。実は前と一緒のチョイスです(笑)。

 

秋田県「鳥海山」無濾過生原酒 純米大吟醸
酵母由来系(酢酸イソアミル)からくるイソアミルアルコールと生香、乳酸香がバランスよい香りです。
アタックはしっかりした酸と甘味が、弾けるようなぴちぴち感を演出していました。
ジューシーで洋梨のニュアンスでした。

お料理の全景。
写真ではわかりませんが、出汁はコンソメ系でした。これも普通に美味しいです。

 

 

で。

 

もう少しだけ飲みたいなー、折角の日本ワインだしなーと言うことで
一杯に合いそうなおでんだねを一つだけ追加してもらいました。
おでんってこういう所が便利で好き( ̄▽ ̄)♪(笑)。

お酒は赤ワインにシフトしました。「アンサンブルあい茜」
酸が強い香り酸っぱい印象で、梅干しのシソのニュアンスでした。明るいルビーが印象的な外観です。
アタックは酸強めの収斂感強め、果実感は普通。飲みやすいタイプですね。

お料理の全景。
・・・ですがあまりインスタと代り映えしませんね(笑)。
八丁味噌タレも、通常のおでんのものにかけられただけなので、
あまり名古屋おでん感はありませんでした。

 

とりあえず、おでんは一通りコンプリートが出来たつもりになれたのはよかったかな( ̄▽ ̄)。

 

前回、1回だけ来たことを覚えてくださっていたのも感激でした。

 

オシャレにおでんと日本酒が楽しめる、貴重なお店。
またふらりとやって来たいと思います。
ごちそうさまでした!

六本木「串カツ男 男おでん」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

 - [東京]赤坂・青山・六本木, ワインお店訪問記, 日本酒お店訪問記, 飲み歩きお店 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。