小伝馬町「うみやまはたけ」さん創作お料理と和酒マリアージュ

      2018/04/13

(バル的和酒店21)初訪問です。

最近凝っていた、「日本ワインと日本酒」を両方楽しめるお店、として探して見つけたお店でした。
お店の名前は「うみやまはたけ」さんと言います。
お店の公式ホームページはこちらになります。

新天地:小伝馬町!ドキドキの突撃初訪問!!

場所は未開の地、小伝馬町。
中央区、三越前や人形町がほど近くで、いわゆる下町エリアと言われるところ。

 

場所柄、そんなに混む地域でもないかな、と思い、
新天地ながら事前電話もなく突撃訪問( ̄▽ ̄)。

お店は・・・確かに1階なのですが、入口と階段しかない(汗)。
お店の様子は階段を上って2階フロアに入らないと分からない。

 

これはこれは・・・お一人様ではなくても
飛込で入るお店としてはかなり難易度高いぞ(苦笑)。

 

それでも、ここまで来たら後に引けない私。勇気を出して階段を上ったところ
団体さん1組以外は空席だったため、無事に席をゲットすることができました( ̄▽ ̄)。

ただし、カウンターは完全に座席をつぶしておりましたので
お一人様でしたがテーブル席についたのでした。

早速注文!本日のお酒とお料理をご紹介!!

日本ワイン以外にもニューワールドを中心としてグラスが赤白3種前後
ラインナップされていました。

まず1杯目として選んだのはこちら、
高畠ワイナリー スパークリング
香りは柑橘の酸主体、若干の石灰香を感じました。
アタックは酸っぱさ目立ちましたが、中盤から水飴のような優しい甘さも引き立ってました。

お通しはこちらの2種。
豚肉といちじくのリエット と、 インカのめざめのポテサラプロシュート巻き
とのことでした。

 

一口づつですが、これが結構・・・びっくりした。

 

何がって、大変美味しい( ̄▽ ̄)!!!。
特にリエットが・・・!!!

インスタでは、マッチングと言う意味でプロシュート巻きの方に注目したけど
口どけの良さといい、こんな少量(失敬)ではなく
きちんとメニューでいただきたい一品でした( ̄▽ ̄)!!
(メニューにもあったようでした。)

続いてのお料理。
じゃこ山椒やっこ。

 

2名以上での取り分けサイズで、めちゃくちゃでっかいです。
これだけで正直おなか一杯になりました(笑)。

 

それにしても、こちらのお料理。。。
山椒が濃すぎずジャコの旨味をよく引き出していました。
いや〜うまい。。。( ̄▽ ̄)

さて、日本酒ラインナップはこんなかんじ。
獺祭が遠心分離のやつまであり、心なしかどこぞの公式店舗よりもお値打ちなのが嬉しい♪。
(毒)

メインのメニューから、なんとなく瓶ディスプレイサービスはなさそうだったので
開拓なしで「裏雅山流」をチョイスしました。

ディスプレイサービスはなかったので、メモのみで失礼します。

 

香りは酵母由来系両方(カプロン酸エチル・酢酸イソアミル)のニュアンスを感じましたが
カプロン酸エチル系の持ったりした香りがより強く感じられました。
しっかりしつつも爽やかなな酸のニュアンスもありました。
アタックはスッキリとした酸と若干の苦味で、アイスコーヒーのニュアンスでした。
中盤以降は苦渋さが口に残りますが後口は酸でスッキリとしました。

お料理の全景。
物珍しさに負けて頼んでしまった、「大根の天ぷら」。
メニューには鶏白湯で煮込んだとありましたが、イメージ的には、おでんの大根を天麩羅にしてる感じ。
でもおでんほどグダグダではなく、歯ごたえもしっかりしており、
それでもって箸でするりと切れる絶妙な煮込み具合。

 

これも美味すぎる。。。( ̄▽ ̄)

 

お料理のポーションが大きいけど・・・
こちらのお料理、本当に感動ばかり。
どうしても後一品食べたくて、お酒も追加(笑)。

ちょっと体力的に日本酒はきつかったので、この日はワインを。
でも、フジッコワイナリーと言う、都内で出会えるか分からないような
希少な対面を果たせてしまい、大満足のチョイスが実現♪

 

ワインのテイスティングメモは・・・
なんとなく昆布出汁の香りがする気がするのは気のせいでしょうか(笑)。
例えるならば、梅干しのニュアンスな香りです。
アタックは広がりのある酸で、梅酒のニュアンス。総じて味も香りも濃くはありませんでした。
クエン酸の印象はとにかく強かったです。
中盤以降旨味の余韻が残るのが印象的でした。

締めのお料理はこちら、スモーキー半熟卵の豚巻き。
なかなかかわいいサイズで来た♪。
白ワインよりも赤ワイン向きなメニューだったかな。

本日はこれにて締め!ごちそうさまでした!!

やっぱりお一人様としての座り心地の悪さや、ポーションの大きさ、
お酒のラベルがみられないところ(結構時間がつぶせる(笑))なんかは
一人使いにはあまり向かないお店なのは寂しかったのですが

 

お酒の質もコスパも悪くないし、
何よりも創作的なお料理が非常に美味しいのがツボなお店でした!!

 

ポーション小さくしてくれたらガンガンバル使い出来るのにな~。。。

女子会向きかな?。

 

いずれにしても是非再訪したいお店には変わりません。
次回はこちらのお店の目玉でもあるカダイフを頂きたいと思います。
ごちそうさまでした!!

お店情報

住所:東京都中央区日本橋大伝馬町3-1
電話番号:03-6661-6787
営業時間:[月~金]17:00〜23:00 (フードLO22:00、ドリンクLO22:30)、[土]17:00~23:00 (フードLO22:00、ドリンクLO22:30)
定休日:日曜・祝日
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :
★こぼし提供無し    :○

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [東京]東京・八丁堀・神田・神保町, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【訪問記】ワイン, 【訪問記】日本酒, バル的な日本酒のお店