初訪問:四谷荒木町「佳蕎庵くぼた」さんで信州レア地酒堪能

      2018/08/27

(和酒バル185)

久々に渋い店でも開拓しようかと思ったところ、最近私の引き寄せ力が強いらしいです(笑)。
お蕎麦やさんで、渋い(笑)バルを開拓することが出来ました!。

 

お店は、四谷荒木町「佳蕎庵くぼた」さんと言います。
(お店の情報は記事の最後に記載します。)

きっかけはバー勤務にて。長年チェックで念願の訪問!

約2年くらい前、ここの目と鼻の先にあったバーに勤務していたのですが
当時来てくださったお客様が、普段この界隈で
日本酒を飲むお店として、紹介していただいた経緯で知りました。

 

なのでチェックしてから、かなり長いことお蔵入りになっていたのは
荒木町界隈には開拓したいお店がひしめき合っていることと、
何よりも自分が今、日本酒バルの開拓をしていることもあります。

 

この日はバル開拓は全く頭になく、
純粋に、少し出遅れて着いてしまったこの日のこの時間帯から
すぐに入れる一見のお店を探しているところで
白羽の矢を立て、見事入店するに至りました。

 

入口で声をかけても反応なし。。。
仕方なく少し入ってから恐る恐る声を再度かけてみたところ
奥から奥さんが来られ、無事空いていることを確認。
カウンター席につくことが出来たのでした( ̄▽ ̄)。

早速注文!本日のお料理と日本酒をご紹介!!

お酒のメニューは、カウンター奥の壁に所せましと掲げられておりました。
ざっと見たところ、30種くらいなのかなぁ・・・。

 

しかも全部、長野地酒、それも信州を中心としたレアなお酒も沢山!!

 

迷いに迷いまくってしまう。。。
とりあえず最初だけは、奥さんと相談して、
「東京ではまず飲めない」
「私が飲んだことない」

銘柄をチョイスし、最初の一杯としたのはこちら。

木曽「木曽のかけはし」特別純米酒。
加水多めのさっぱりとした酵母由来(カプロン酸エチル)と乳酸香で、サワークリームのイメージでした。
アタックはこもった感じの甘味と苦味、加水由来の酸っぱみがありました。
苦味が中盤で大きく膨らみましたが、キレは早いため、後口はスッキリしています。
若干の収斂感が残るのはお愛嬌。

 

なななんと、全然バル開拓が出来るものであると思わず来たところ、
ワイングラスでやって来てしまったではないですかっ・・・。
(フロートグラスでもワイングラスに入れてしまう。だってスパークリングワインだってワインでしょ?(笑))

思わず日本酒バル開拓のカウントアップが出来てしまった(爆)。

 

嬉しい・・・ような、複雑な気分なような(苦笑)。

お通しは蕎麦バルには必須である、揚げそばがやってまいりました。

 

加えて。。。

これはサービスなのかお通しなのか。。。
8時間煮込んだとおっしゃってた、鶏スープ!、と言うかもはやシチュー。
「寒いので温かいものをどうぞ」と言うことで出していただきました。

 

トロトロの白濁のスープはまさに滋養も満点♪
温かさとともに元気を頂いた一皿でした( ̄▽ ̄)。

 

でもこれで、おつまみを頼むタイミングを逃す。。。

色々眺めながら、せっかく作戦立てていたのに。。。

続いて。なんとなんと
蕎麦焼き味噌まで来てしまった!!
これも注文しようと思っていた一品。。。

 

お料理を頂いてしまったので、せめてお酒を頼んで売り上げ貢献しますっ(苦笑)。

長野県岡谷市「神渡」(みわたり)純米辛口。
先ほどと同様、加水系の淡い香りで、少しだけ酵母由来(カプロン酸エチル)系の気配を感じました。
アタックは薄めの酸っぱさとほろ苦さ。
中盤は旨味が伸び、ほんのりとした余韻を感じました。
なかなかこのシンプルで繊細な味わいは、美味い( ̄▽ ̄)

 

味噌焼きは、甘味噌とくるみ、ソバの実の食感とそれぞれの香り、加えて焦がした香りが
非常に絶妙に相まって、やめられない止まらない一品でした。。。

 

揚げそばも先ほどの鶏スープも、そしてこのお味噌も
そこそこの量があり、まだこれがおつまみとしてお酒をいけましたんで
再び銘柄開拓で注文します!

長野県上田市「(ご)」純米吟醸無濾過生原酒。

 

先ほどの神渡とチョイスを悩んだのですが、
きっとこれが先だったら神渡が薄く感じるかもしれないと言うことで
こちらをトリに持ってきたのでした。

 

ハーブ系のスースー感が印象的。酵母由来系香りは両方(カプロン酸エチル・酢酸イソアミル)感じられますが
前述の2つに比べるとかなりしっかりとした香りでした。
アタックは濃い甘酸っぱさで、酸と収斂感もしっかりとありました。
若いメロンのようなニュアンスでした。
中盤から苦味が伸びてきて、旨苦さの余韻がかなり長く残りました。

本日はこれにて締め!ごちそうさまでした!!

一品お料理を頼まなかったのは、ちょい飲みバルや角打ちではないお店では
史上初かもしれません(汗)。。。
(注:私のようなお店の使い方はタブーですよ(汗)。。。)

 

せめて蕎麦だけでも、という気持ちではいたのです。
ですがこの後、別のお一人様や3人連れさんが見え、
その方々への接客が奥さん一人ではどう見てもキャパオーバー。

 

大声(比較的)で声をかけてもお店の奥では声が通らないらしく
2度ほどトライしてダメだったのもあり。

 

結局、明らかに注文が出来るタイミングが合わず。
お酒が何もない時間が大変長くなり、この後行きたいお店もあり、
蕎麦が出来るのを待つ時間が惜しいと言う、
どちらかと言うとタイムオーバーで出てしまったのでした。。。

 

本当に失礼いたしました。。。
次回はもっと時間の余裕を持ち、ちゃんとお料理を頼みたいと思います!!

お店情報

住所:東京都新宿区荒木町7 森戸ビル 2F
電話番号:090-1054-9102
営業時間:[月~土]17:00~23:00(L.O.22:00)、[日]15:00頃~
定休日:不定休
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:
☆器ワイングラス    :○
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [東京]四ツ谷・四谷三丁目, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【日本酒バル】, 【訪問記】日本酒 , , ,