四谷三丁目「Panda Bar(パンダバー)」さんでオシャレにワインと日本酒!

      2017/12/29

(和酒バル165)初訪問です。

前お世話になっていたお店にショップカードがあったことによりチェックしていました。
四谷三丁目の駅近く、杉大門通りにある「Panda Bar(パンダバー)」さんに伺いました。
お店の情報は記事の最後に記載します。

クリスマスウイークの夜に突撃訪問!無事入店!!

季節による混雑、この界隈はあまり関係ない・・・はず。

 

ですがやっぱり狙っていた店には当然入れず。

 

時間的には19時過ぎのゴールデンタイム。
普段は2次会で使うようなお店の方がむしろ狙い目かと思い、
このお店が閃きました。

 

ドアを開けたあと、階段を登るのですが、これが飛び込みだとすごい緊張する。
満席で断られたらどうしよう(苦笑)。

 

なんとか無事、空席を確認。
無事に席をゲットすることができました( ̄▽ ̄)

まずは作戦タイムを稼ぐためのグラスビール。

 

グラスの後ろにすごく可愛いオブジェが( ̄▽ ̄)

 

これ以外にも、いたるところにパンダオブジェが飾られており、
非常に可愛らしいお店で、どこ向いても癒されます!。

 

これは嬉しい誤算♪

早速注文!!本日のお料理とお酒をご紹介!!

ベッカーシャルドネ2016、ドイツの白ワインです。
香りは石灰岩的な乾いた香りに、少しロウのような硬い油のニュアンス。
アタックはフルーティな甘酸味ですもものイメージ。
酸はかなり強く、金属的な渋み感が感じられました。

 

「ドイツワインは甘い」とは言いつつも、全然関係のない作り(笑)のワインですが
果実感がしっかりあるので甘さが目立ちましたね。

お料理の全景。
少し、インスタに載せたのより多い(笑)。配膳いただいた直後なので。

カウンターにハムの巨木が備わっており、
切りたてホヤホヤを提供していただけました♪

 

スッキリ系の白ワインと生ハムを一緒にいただくと、ワインが生ハムの雑味を全て洗い流してくれるので
シンプルに熟成した肉の旨味が味わえる気がします。

2杯目、このお店この日唯一の日本酒を頂きました( ̄▽ ̄)
岩手県「酔右衛門」秋桜 純米吟醸 無濾過。
香りは酵母由来両方(カプロン酸エチル&酢酸イソアミル)ありましたがカプが優勢か、
油感のもったりとした印象が引き立ち、メロンのニュアンスでした。
アタックはカラメル系の甘味主体で苦味が二番手、酸は程よく効いており
中盤から旨味の伸びも感じましたが最後はスッキリとまとまってます。

 

お料理の全景はこちら。

温野菜にしようかどうしようかすごく迷って、結局口をついて出たのは牛の煮込みだったと言う。

 

迷った時は大人買い(両方頼む)とは言いますが
こちらのペアリングが想像以上によく、満足仕切ってしまったので
気がついたらお酒もお料理もあっという間になくなってしまいました(笑)。

本日はこれにて締め!ご馳走様でした!!

食べた後、お目汚し失礼します。。。

いえ、食べてから気がついてしまったのです、これが酒器だったことを(笑)。

 

今回いらしていたお客さんは皆ワインがメインでしたし
この店をおすすめしてくださった方はやっぱりワインのお店として紹介してくださったのですが

この酒器で是非、お酒を味わいたくなりました( ̄▽ ̄)。

 

とりあえず、(昔の、お世話になったお店時代の(笑))名刺をお渡しして、自己紹介で締め。
お料理ももっと楽しみたかったですし、可愛いディスプレイをもっと眺めたいですし(笑)
近いうちにまたやってこようと思います!。

 

本日も素敵なお店との出会いに感謝です(^人^)

お店情報

住所:東京都港区新橋3-16-22 池野6号ビル 2F
電話番号:050-1208-2240
営業時間:[月〜金]17:00〜24:00(LO)
定休日:土・日・祝日
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - 【日本酒】銘柄, 【日本酒バル】, 【訪問記】ワイン, 【訪問記】日本酒