木場「山田斉藤」さんでジビエ串と日本酒堪能!

      2017/10/21

(和酒バル130)(肉店33)
初訪問です!

 

またまた、ジビエと日本酒を楽しめるバルを発見しちゃいました!。
木場駅から東陽町方面に歩いて5分ぐらいのところにある、
「山田斉藤」さんと言うお店に伺いました!!

(お店の情報は記事の最後に記載します)

平日の夕暮れ時に入店、早速注文!!

お店はバルというよりも、テーブル席主体・座席少しありの、定食系居酒屋の様相でした。
他にお客さんはいらっしゃいませんでしたが、お一人様ということで
カウンターに座ることをお許しいただけました♪

この日最初のお客さん席をゲットし、
早速目の前にあったビールサーバーから生ビールをいただきました♪。
夏はやっぱりこれですな〜( ̄▽ ̄)

お通しはなしのようですね。

メニューは紙ではなく、お店の中に掲げられているメニューからセレクトです。
カウンターではこの看板前の絶好ポジションに座らせていただいちゃてました(笑)。

そういうわけで最初のお料理セレクト、「みょうが漬け」。
小ぶりの茗荷が沢山。しっかりとピクルス液に漬けられているがっつりしたおつまみでした。

最初に来た串はこちら、鴨串。
オーダーは1本づつがデフォとのことで心置きなく頼めるのは嬉しい♪
シンプルな味付けからか、鴨独特の香りがしっかりと感じられました。

日本酒はお店の壁に貼られている札からチョイス可とのことで
10種類ほど掲げられておりました。
なかなか、迷います。。。

最初に頼んだのは「祐村」加水火入れ。

 

・・・ん?、これは銘柄的には「村祐」ですね(笑)。
夏の辛口と言うことで、いわゆる裏メニューとして出された銘柄だそうです。

 

香りはほのかに立ち上がるマジックインキ香とわずかな乳酸香。
アタックはスッキリ系だが、中盤からそのシンプルさからか甘味が伸びてきました。
それがいい余韻になってましたね♪

2本目は本日のメインディッシュ(笑)、熊串。

これは一番くせがありそうなイメージですが、全然くせがなくてものすごくさっぱり!!。
香りも全然ありません☆。

 

これは塩串になるべく(笑)持って生まれた質の肉と言われても素直に信じられますね(笑)。

 

美味しかった\(^o^)/ブラボー!!

意外と串がさっぱり系だったので、
モツのコロッケと言うのをチョイスしました。

 

これもどんなのかなーと思ってたのですが、案外、いい意味で普通。
モツかと思われるのはたまにある独特の食感くらいで
香りも味も、きちんと下処理をしていることがひしひしと感じられます。

 

味付けなしでも美味しく食べられるコロッケ、これはこれで感動の一品でした☆。
さりげなく生野菜(キャベツ千切り)もついているところも(笑)、女子的によかった(笑)。

銘柄開拓で頼んでみました。「鷗樹(おうじゅ)」生酛造り純米吟醸生酒。
栃木県の蔵のお酒だそうです。

生特有のアセトアルデヒド香がしっかりでした。
アタックは旨味主体。
テクスチャは中盤からピリピリ感が目立ってきて、辛口の様相で余韻を閉じていきます。

 

雑味がなく、テクスチャの刺激がいい意味でふくよかさを作り上げており
なかなか美味しい味でした( ̄▽ ̄)好み好み♪♪

勢いで締めに羊串を頼んだのですが、これはマトンだったのかな?。
本日の串の中で一番クセを感じましたが、これが生酒の日本酒と非常にマッチしており
またまた結果オーライ的に日本酒とのマリアージュを楽しめてしまいました( ̄▽ ̄)
(笑)

本日はこれにて締め!ご馳走様でした♪

ぽちぽち、常連さんがやってきだしたあたりで締めにしました。
こちらのお店、この辺りに勤めている人、というよりは、
地元の方々が遅い時間に利用するお店なのかもしれませんね。

 

お休みの日(土曜)もやっているのも、すごく頼もしい存在です♪。
今度は遅い時間にもやってきたいと思います!!。

 

本日もいい出会いをありがとうございました(^人^)

お店情報

住所:東京都江東区東陽1-27-11 GHC東陽 1F
電話番号:03-6659-8943
営業時間:[月~土]17:30~24:00(L.O)
定休日:日曜日
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

 - 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【日本酒】銘柄, 【日本酒バル】, 【訪問記】日本酒, 【訪問記】肉