町田「和酒BAR IS」都内でここでしか飲めない日本酒堪能

      2020/03/06

(和酒バル94)
未開の地町田にて。

 

八王子もそうでしたけど、東京都下って実は日本酒バルが極端に少ないような気がします。。。

そんな中、ご縁で足を運ぶことが出来た素敵な日本酒バルは
「和酒BAR IS」さんと言う店名です!。
(お店の情報は記事の最後に掲載します。)

再訪:2018/1/5 update

前回からブログ上は7ヶ月前のようですが、一度実は9月にも訪問したことがありました。
ただ、その時は酔っ払いすぎて(?)記録を全く取らなかったので
久しぶりのブログ登場に相成りました( ̄▽ ̄)

この扉を開けないと中が見えないと言う、初心者には非常にハードルの高いお店(?)。
3回目でまだまだ不慣れですが、なんとか無事入店することができました。
今日もラッキーでした♪

早速注文!!本日のお料理とお酒をご紹介!!

もともとのお店のコンセプト自体が「お料理とのマリアージュを楽しんでもらうお店」なので
お料理を選ばなくていいのはすごく気が楽です(笑)。

この日のお酒メニュー。
年末モードに入っており、種類も結構絞られてきたようです。

 

私が入った時点ですでに日本酒、3本完売状態でした。

この日の1杯めと言うことでまずはクラフトビールから。
「Osaka Bay Blues」ホワイトエールを。

 

柑橘系の皮の苦味がほんのりと感じますが、アタックからアフターにかけて甘酸っぱくフルーティ
( ̄▽ ̄)

ひじきの煮物をいただきました。
シュワっとしている系のお酒に合わせて出されているようでした。

 

ひじきは煮物系の中でも海藻でミネラル感があるから、比較的さっぱり系なんですよね。
だからかな?。
ま、和風おばんざいとしては定番中の定番ですし( ̄▽ ̄)
なんでも普通に合わせられて美味しいお惣菜なのは嬉しい。

 

ただ、写真的にあまり面白くなかったので(笑)ペアリング(写真)は諦めました(苦笑)。

選んだお酒は、こちらのお店でも常備酒的に置いてあり常連の方々に人気と言う
京都丹山酒造の「しぼったそのまま」純米原酒をいただきました。

 

香りは総じて穏やかで、ほんのりとマジック香っぽい揮発香を感じました。
アタックは甘味が薄く、しっかりしたパンチのある出汁の旨味が感じられました。
後口には少しピリピリ感がありましたが、さっぱりとした爽快感でまとめられている感じでした。

お料理の全景はこちらでした。

味の中心が出汁系旨味なので、濃い味わいのヅケ系で
しかも生のしゃっきり感があるお野菜ってのはいいコンビネーションでしたね♪

 

わさびの酸味と辛味もすごくぴったりな薬味でした!

本日はこれにて締め!ご馳走様でした!!

お店が混んできたことと、2軒目もあったこと、これ以上飲んだら他の方のお酒も飲みつくしてしまうこと(笑)で
本日はこれにて締めました。

 

この日は無事に21時すぎに完売御礼だったそうです。
おめでとうございました\(^o^)/

 

また今年も伺いたいと思います。
またどうぞよろしくお願いいたします!

初訪問:2017/5/11 update

お店は白い壁に黒い扉がある、なんともこの「仲見世通り」に馴染んだ(笑)色合いで
一見すると通り過ぎてしまうような感じなのですが
なんとか、お店の前に看板がでており、それで無事にお店の場所が把握できました。

 

ですが扉が閉ざされていると、全然中の様子が見えない。。。
お店の扉を引くのか押すのか、はたまたスライドするのかも分からない(苦笑)。

扉を開けるのは非常に勇気のある決断でしたが、お店の奥に空席を無事ゲット。
手前に座っておられた方に一旦起立していただき、
カウンターの端っこに席をゲットさせていただきました(笑)。

早速注文!!本日の日本酒とお料理のマリアージュをご紹介!!

こちらの素敵なところは、「日本酒グラス1杯+一口お料理」のペアで提供いただけること。
お料理とのマリアージュを楽しんでもらうことを目的にされると言う
ありそうでなかったサービスなんですよね♪。

 

これは非常に日本酒女子(?)としては心憎いサービス\(^o^)/
楽しみです〜♪

まず一杯目。
関東ではここのお店でしか飲めないという、石川県の久世酒造さんの銘柄から
「能登路」をチョイス。

本仕込み、本醸造。
乳酸系のクリーミーな香りが主体で、裏にはメロン香もほんのり感じます。
アタックは濃い旨味と苦味が主体。
熟成を感じる玄米を炒ったニュアンスも中盤で感じますが、後口は非常にすっきりしています。

これに合わせたお料理は砂肝の煮付け。
生姜で甘辛く煮ており、濃い旨味によくマッチしています。

続きまして同じ久世酒造から「長生舞(ちょうせいまい)」
ロックでいかがですかとオススメいただきましたが
うすまるのは遠慮したかったので結局そのままでいただいちゃいました(笑)。

 

清水仕込み、これもスペック的には吟醸〜本醸造と言うところみたいです。
香りは穏やかでナッツ系の香ばしさが隠し味程度にプラスしています。
優しい甘味が主体の味ですが、アフターは旨味を残しつつもフェードアウトを綺麗にする
非常に飲みやすくて優しい一杯でした。

これにはたくあんを少し炒ったものと合わせていただきました。
お酒に香ばしいニュアンスがあるので、なかなかこれも合いますね♪。

締めの一杯は、結局石川県縛りになっちゃったのですが(苦笑)
福光屋の黒帯から、「悠々」と言う銘柄を。
特定名称酒は特別純米。
綺麗系の味ばかりだったので、こっくりした純米を飲みたいなとチョイスしてみました。

 

香りは期待通り、メロン系。
アタックはアルコール度数の強さからくる甘味と熱さが主体。
若干スパイシーさを彷彿する苦味もあるのですが、これはなんだろう?。

合わせたお料理はかぼちゃサラダでした。
玉ねぎがアクセントで入っており、これが若干のスパイシーさを持つこの日本酒と
いいマッチングを奏でてましたね♪。

本日はこれにて締め!ごちそうさまでした!!

この日、カウンターは常連さんばかりでしたが、皆女性。
ちなみにこちらのオーナーさんも、女性。
皆さん優しくお話をしていただき、楽しい時間を過ごすことができました!

 

この5/18で1周年と言う若いお店のようで、
他のお店にないお酒を揃えることや、こういうマリアージュを楽しむコンセプトを持つなんて
本当に素敵なお店に入ることが出来てすごくラッキーでした\(^o^)/

 

これから町田に来る際はリピート決定です(笑)。
またどうぞよろしくお願いいたします♪。

お店情報

住所:東京都町田市原町田4-5-18
電話番号:不明
営業時間:17:00〜0:00
定休日:水曜日
URL:食べログ

私的:日本酒バルチェックリスト

<どちらか一つ満たす>
☆店内内装がバル&バー風:○
☆器ワイングラス    :
<全て満たす>
★当日予約か予約なしOK :○
★カウンター利用可   :○
★こぼし提供無し    :○

 - [東京]東京都下, 【日本酒バル】, 日本酒お店訪問記, 飲み歩きお店 , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。