初訪問:銀座「こころん」さんで和食日本酒ペアリングコース

      2019/01/13

(和酒店52)
2018年の締めペアリングコースは、しっとり和でいきましょうと、
選ばせていただいたのは、銀座の小料理屋さん「こころん」さんでした。
お店の公式ホームページはこちらになります。

ネットで無事予約完了、当日のペアリングコースをご紹介!

確かぐるなびからリクエスト予約を行ったのですが
その際にメッセージ欄で「ペアリングコースを希望です」と書いて申し込みしました。
女将さんから(多分)すぐお返事を頂けたのはとっても嬉しかったです。

 

お店は銀座一丁目寄りの雑居ビル7階。
なかなか土地勘ないと迷いそうな場所にありますので
「ホテルモントレ」を目印に歩きました。

ビルの下にお店のメニューを発見し、一安心( ̄▽ ̄)。
安心してエレベーターに乗ります。

 

エレベーターを降りて、引き戸を開けてお店に入ると、すぐにそこはカウンターでした。
カウンター席の一番端っこが、本日の席でした。

日本酒の冷蔵庫が目の前♪。
本日は選んで頂くのに、目移りしてしまいそうです(笑)。

 

本日のコースはその名も「ペアリングコース」12000円です。
お料理9品に日本酒を5種類つけて頂けます。
早速紹介いたします!

先付け・椀物とペアリング

さて、ついこないだ飲んでしまった、神奈川県「いづみ橋」が来てしまって
思わず瓶をスルーしてしまうくらいびっくりしてしまいました(笑)。

 

アタックは甘酸っぱさとほろ苦さが、グレープフルーツ的なニュアンスでした。
・・・コメントもここまで、ごめんね(苦笑)。

 

 

お料理は先付けと椀を同時に出していただきました。
とにかく先付けは一口で終わってしまうので、
ペアリングとお料理の味の感想をどう感じ取ろうか迷いました。。。
結局2口に分けていただきました(笑)。

握りはカワハギ肝乗せ。
見た目ソースに惑わされますが味わいはさっばりでした。
ほんのりわさびも美味しかったです。

お椀の全景。
鴨と三つ葉とごぼうのお吸い物でした。
出汁はかなりきかせつつも、かなり具(特にごぼう)のシャキシャキ感がしっかりで全体にはさっぱり感じました。

ごぼうが全く臭くなく、アク抜きが見事でしたね!

お造りとペアリング

お酒は宮城県の「日高見」
スッキリ辛口、なんでもお寿司が好きな蔵なのでお刺身にもオススメとのことでした。

香りはおだやかでした。アタックは強い酸とピリピリ感に、アルコールの揮発感も感じました。
旨味や苦味がスッキリ抑えられており、ピリピリ感も中盤以降落ち着いてきました。
後口はほんのりと旨味の余韻が感じられました。

お料理の全景。
右から、ヤリイカ・まぐろ・カンパチの魚は3種ですが、
マグロは赤身と中トロ一枚づつで、密かに色んな味わいが楽しめちゃいました♪。

焼物・煮物とペアリング

さっきの「日高見」がなかなかなくなりそうになかったので
実は焼物のかなり終盤で注いでいただいた、福岡県「若波」純米酒生酒でした。

酵母由来系(酢酸イソアミル)と生的なスースー感を感じましたが、総じて穏やか系だったと思います。
アタックは甘酸っぱさとほろ苦さが、洋梨やびわ的なニュアンスでした。
苦味の余韻は長く、酸とともに広がりのある後口になっていました。

お料理の全景。
正確?なお料理名は「ぶりの自家製粕漬け焼き」、でした。
下部の付け合わせは、金山寺みそと小松菜の胡麻和えでした。

ぶりの独特の香りがかなり緩和している一品です。
ぶりの脂の甘みは焼けてて美味しいですが、そうでないところのタンパクなところは
付け合わせの味噌や胡麻和えがちょうどよい味付けになってました。

 

付け合わせ、ベストパートナーでした!!

続いては煮物で、源助大根の味噌田楽。
見た目通り、素朴で比較的フツーなメニューでした。
出汁が鰹出汁ですかね?。
味噌おでんを彷彿しましたが、厚揚げと昆布は味噌なし出汁だけでも味がしっかりしみてて美味しかったです。

 

これには特にお酒をつけませんでした。
ま、さっぱり味でするっと食べてしまいましたしね( ̄▽ ̄)(笑)。

揚げ物とペアリング

来ちゃいました!。現在とっても食べたいものランキングで輝くトップを飾っている「ふぐのから揚げ」!!

 

おっと、その前にお酒についてね。
三重県「作」純米大吟醸
酵母由来系(酢酸イソアミル)と乳酸香が主体ですが、カプもそこそこしっかり入っており、マンゴーのニュアンスでした。
アタックは甘さと強い酸味で、とろりとしたテクスチャがまさにマンゴーでした。
旨味の余韻がかなり長く残り、後口には貝の渋みのような収斂感が感じられました。

お料理の全景です。
若干揚げ粉にスパイシーさをつけている(フライドチキン的)な印象がありました。
身がむっちりで、言われなかったら鶏と間違えそう(笑)。
でも鶏のように筋がなくサクッといい歯ごたえが、まさに良いふぐだったんだと思います。

酒肴とペアリング

お食事が一通り終わって、しっかりした酒肴が出てくるのはなんだかすごくよいですね( ̄▽ ̄)。
私は綺麗に飲み干しましたが(笑)お料理によっては
飲み切れないお酒を残している人も結構いらっしゃるんでしょうしね。

 

お酒は滋賀県「笑四季」生。
香りもしっかり酵母由来系(カプロン酸エチルと酢酸イソアミル)に生香が絡みつき、メロンの印象でした。
アタックはこっくりの甘みとしっかり苦味、トロトロのテクスチャがまさにメロンでした。

お料理の3種の全景。
左から、あん肝ショウガ煮・イカの塩辛・コマイの一夜干し。

コマイは「気になるならのぞいてください」と言われた骨もしっかり頂くことができました♪。
あん肝は魚醤の味がよく効いていて美味しかったです。
真ん中の塩辛は、両端と比べると普通に感じました。
(まぁ、その前日にいただいた塩辛の方が私には美味しかったからでしょうね。。。)

ご飯と〆の椀

ペアリングは上記で終了。
最後はカニご飯と お味噌汁がやってきました。

お腹は一杯なのですが、ほっこり気持ちが安らぐごはんセットで
あっという間に完食しちゃいました(笑)。

コース終了!全体的な感想は?

時間が経つのが本当に早かったです!。

 

女将さんの目配りが本当に素晴らしく、お酒もお料理も絶妙なタイミングで進めてくださって、一人でも全く時間を持て余すことがありませんでした。

 

 

ペアリングについては、今回思ったのは、多分女将さんと私の日本酒好みがものすごく似ているだろうと言うことでした。
この味だったらこういう日本酒があうなーと思ったところに、その通りのお酒が次々来たのはびっくり、私仕込みましたっけと思ったくらい(笑)。

 

女将さんと「他の人に選んでもらうお酒は楽しいですよねー」とお話したにも関わらず、全然選んでもらっている感覚ありませんでした(笑)。

 

それだからか、酸がしっかりしているものを中心としたお酒のラインナップだからか、焼物くらいから飲み疲れしてしまいました。。。
何故か、自戒を込めて、反省(苦笑)。

 

 

お料理や雰囲気を勘案すると、最初に表現した通り「小料理屋さん」なのですが
ロケーションが銀座なのを加味したり、きれいなインテリアになっていたりと
銀座価格なのは十分納得です。

 

酒肴中心の軽めコースもあるようなので、次回は遅い時間に突撃訪問(事前電話はしますよ(笑))でもいいかもな。

 

 

色んな発見をありがとうございました。
本日も素敵なお店との出会いに感謝です。

お店情報

住所:東京都中央区銀座2-11-1 銀座ランドビル7F
電話番号:03-6278-8827
営業時間:【月~金】17:30-23:00(LO 22:00)、【土】16:00-22:00(LO 21:00)
定休日:日曜・祭日・土曜(第4のみ営業)
URL:食べログ

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [東京]新橋・銀座・築地, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【訪問記】日本酒, 日本酒のお店, 日本酒ペアリングコース店 , , ,