2018年締め登山マレーシアキナバル山(その1)

      2019/01/01

最近そういえば全然山の記事が上がってないなと思った方もいるかもしれませんが
(おそらくいないでしょうが(笑))
今年の締め登山として、東南アジア最高峰のキナバル山に行ってきました。

キナバル山登山の動機は?

2年間(シーズン的には3シーズン)ソロ登山を行ってきましたが
一人で続ける趣味としては、かなりリスキーで危ないものであるため
一旦自分の「趣味」としてあげるものとしては最後にしようと思い、
だったら普通の山ではなく、日本では体験し得ない標高4000mの体験で締めようと、この山を選びました。

 

あ、最後にはしますが、そんなに厳密には考えてないです。
高尾山レベルのサクッと登山はするかもしれませんし、
ツアーなどでどなたかとご一緒する機会があれば行くかもしれませんし(笑)。

 

山小屋泊も体験したことがなく、本当にうすのろ登山家もどきな私でしたが
ポーター同伴が必須で、ソロ登山も多く、山小屋も日本では考えられないくらい快適と言うことも背中を押してくれました。

 

日本からのツアーも選択肢豊富だったのも良かったです。
私は数あるツアーの中から「ユーツアー」さんのツアーをチョイスいたしました。

ツアー1日目・・・になるはずだった日。

この日は朝10時くらいにマレーシア航空でトランジット先のクアラルンプールに向かう予定でしたので、8時に成田につくように家を出ました。

 

すると、成田エクスプレスを待っている時に、Webチェックインしたマレーシア航空から不審なメールが。。。

 

なんと、時間変更、翌日の11時発となってる!?

 

それ、時間変更じゃないんですけど!?

 

私の頭に「中止」の字幕が流れ出す。。。

ただ、まだ旅行会社が開いている時間でもなく、とりあえず空港に向かうことに。

マレーシア航空のカウンターは大混乱。。。

隣がコタキナバル直航便なのですが、あちらに乗せてくれればいいんだけどな。。。

 

ただ、ファースト・ビジネスクラス、早くから並んでいた人優先なので
なかなか順番が回ってこず。
そのうち、コタキナバル便がでる時間も過ぎてしまったため、本日中にコタキナバルに着くことは絶望的に。

 

順番があと少しってところで、電話もやっと旅行会社に繋がりました。

 

正直、このまま遅延に引きずられて明日出発だったら、明日朝から登り始めるキナバル山ツアーに間に合わない。
よって行っても意味がない。

 

 

私はこのツアー後、到着日にすでに予定が入っており、
それは有料セミナーで受講代ももう払ってしまっていたので
(休みを有効活用しようとつい詰め込んで、全然体は休まらない(笑))
後ろに予定がずらせない、なんとか本日中に飛び立ちたいと言うことをまずはお伝えして、とりあえずカウンターでは自分の番が来ることを待ちました。

 

並んでやっと回ってきたカウンターは、案の定、ホテルの手配でした。

 

 

・・・私の頭の中を、ますますぐるぐると「旅行中止」が巡ります。。。

 

 

有料セミナーの件もあったのですが、キナバル山ツアーそのもの(山小屋の宿泊予約)や、コタキナバルのホテルの予約変更等、無理だと思っていたのですよ。
何しろツアー予約の際も日程に空きがなく、実は本来の予定も希望日時ではなく、希望から1日ずらした日程で組んでいたくらいだったのです。
(だから到着日と有料セミナーが同日になった)

 

ただ、もし、もしも、ツアーそのものがずらせるんだったら。。。
そういう頭に段々なってきました。

 

有料セミナーはたかだか1万でしたし、考えてみればキナバル山を棒に振る方がもったいないなぁと。

 

ツアー会社の人が、頑張って当日の他のエアーを確保してくださり、
折り返し電話をいただいたのですが、韓国経由のLCCは。。。
正直全く気乗りがしない。。。
LCCで、夜中にあちらのホテルをチェックアウトし、東京に着くのは予定日の昼ですよ。

 

もう有料セミナーにもどうせいけないならば、このまま遅延した飛行機に乗り、それぞれの予定を1日ずらして実行したい。

 

この電話の際、それをお伝えして、再度空港でとりあえず宿泊の手配だけ終わらせて待機しました。

 

 

折電がかかってきたのは、14時過ぎでしたでしょうか。
全ての予定を1日遅れで手配が出来た、とのご連絡でした。

 

すごい、旅行会社の方々、本当に頑張ってくださいました\(^o^)/\(^o^)/!!
これで無事、旅行に行くことができます。

 

とりあえずこの日は、やることないけど明日の朝も早いし、マレーシア航空が手配してくださった、ホテル日航成田に宿泊することにしました。

ホッとしてとりあえずご飯( ̄▽ ̄)。
日本の味(?)、マックでテリヤキバーガーをいただくの図(笑)。

ホテル日航成田:宿泊記。折角だから堪能の巻(笑)

そういうわけでやってきました、ホテル日航成田。初めての宿泊です。
空港からのシャトルバスで、移動も楽チンでした。

ロビーは立派。

ですが案内された部屋は普通のビジネスホテルでした(笑)。

 

ただ、やっぱり宿泊客は成田で国際便を使う客がほとんどなのでしょう。
大きなトランクを広げるスペースがあるのは本当にありがたかったです。

 

ホテル日航での夕食ビュッフェ&飲み放題を体験!

夕食と朝食も無料。
中華レストランかビュッフェかを選択できたので、当然ビュッフェ。
レストラン「セリーナ」でいただきました。

 

と言うか、どちらかと言うとこのお店から見えるイルミネーションと
アルコール飲み放題プランが魅力的だったのです。
ちなみに食事はタダですが、飲み放題はもちろん実費ですよ(笑)。

 

混雑時間を避け、それでも朝早く起きることを考えて、20時過ぎにお店に入りました。

ちょうど窓際のイルミネーションが見える席に案内いただきました。
嬉しいですね(*^_^*)。

飲み放題はちなみにセルフです。

生ビールジョッキも自分でサーブできるのはとってもポイント高い!!

お料理は和洋折衷でかなりバランスよくいろいろ選べました。

そういうわけで一杯目は当然生ビール(笑)。
てんこ盛りサラダ&お肉料理。

 

こちらのビュッフェ、小分けできるお皿が用意されていたのに
使わなかったのはしまったなぁ、と思いました。。。
味が混ざっちゃいますものね。

そういうわけで2巡目からは利用する。
1区画だけ入れるものがなかったことがとっても残念(笑)。

さて、こちらのセルフ飲み放題、自分で樽生スパークリングも注ぐことができます♪

本当は乾杯の一杯目にいただきたかったですが
生ジョッキに負けてしまいました、ごめんよ樽生くん(笑)。

 

さて、ここからは、ビュッフェを色々つまみつつも、ワインと日本酒に移行。

日本酒は常温だったけど1種類一応きちんといただけました。
燗がオススメらしいお酒でしたが、やり方が分からなかったしテイスティングコメント取りたかったのでワイングラスに注いで頂いてしまった(笑)。

千葉県「神崎蔵」を常温で。
酵母由来系(酢酸イソアミル)寄り、イソアミルアルコール・バナナ香・熟成香があいまって甘い蜜のような印象でした。
アタックは酸主体、ピリピリした刺激がありました。
口当りは滑らかで、旨味の余韻はありましたがが、ピリピリした刺激と酸でスッキリ辛口な印象でした。
単品だと燗酒で提供する酒らしいです。

白ワインが気に入り、ボトルにあった分全部空けてしまった。。。

 

いや〜、本当に楽しかった!!

 

みたところ、これだけ人がいたのに
(と言うか時間帯的にほぼ人がはけていたのですが)
飲み放題使っていたのは私くらいだった気がする(笑)。

でも2500円分、十分楽しかったです!。
頼んで良かった♪。

そうしてこの夜は幕を閉じたのでした。

朝食&早速チェックアウト

で、朝。

 

お酒とともに、お料理もめっちゃ食べていたから
お腹が全然空いておらず。。。

 

ですがこの日、昼以降は全て機内食になってしまい、
現地に着く時間がフライトチェンジで夜中(チェックインがおそらく0時過ぎ)のため夕飯もなしだと思われるので
とりあえずちゃんとしたものを食べなくては、と、義務で朝食ビュッフェに行く。

こんな感じ。
カレーは昨日も食べずに楽しみにしていたので、マストでした(笑)。

コーヒーはおそらく飛行機でいただくのでパス。

 

と言うか、テイクアウトで部屋で飲めるような感じで持っている人がいたけど
どうやってそれを入れるか分からなかった。。。
寂しかった(苦笑)。

 

そうして、早めにチェックアウト。
待ちに待った1日遅れの出発フライトにようやく向うことができるのでした。

 

 

続きます。

2018年締め登山マレーシアキナバル山 記事まとめはこちらです

 - [千葉], 【訪問記】日本酒, ワインお店訪問記, 旅行