日本酒バル訪問記2019/10/21週(日本酒室)

      2019/11/02

この週も楽しく飲ませていただきました!

3回目再訪:浜松町「日本酒室」さん

前回の訪問はこちらです。

1年9ヶ月ぶりでした。。。

 

こちらののお店、いつ来ても満員御礼なイメージで。。。
常連さんの邪魔をしたくないとどうしても避けてしまう傾向でした。
(単なる言い訳。。。)

この日も突撃訪問で、お店外から見るとなんか満席っぽい。
「ダメだったか」と諦めつつ、お店の中を伺いながら通りすぎようとしたら
中のお客さんと先に目が合ってしまい。

 

なんか気の毒そう?に見られてしまったので
せめてドアを開けて、お店の人に伺ってから諦めようかなーと
意を決して扉をオープン。

カウンターは満席でしたが、後ろのテーブルならば空いていたので
そちらでウェイティングさせてらったのですが
程なく(先ほど目が合った)お一人がなんとお会計を!

偶然だったことを祈ります。
ありがとうございます〜!!

(テーブルでもよかったけどね(笑))

あらためまして、この日の日本酒メニューの一部。
やっぱりこのお店に来たら北陸3県、富山・福井・石川の地酒を楽しみます!

最初のお酒はこちら、富山県「北洋」吟醸を選びました。

吟醸と言いつつもかなり熟感ある香りでした。

 

スペックは
19年9月製造、アルコール分15〜16度
でした。

お料理の全景です。

 

きゅうりもセロリも大振りに切られておりポリポリの食感がとてもよかったです。
漬かりが結構しっかりで、酸っぱさもかなり強いものでした。

 

お酒は、後に頼んだ牛ホルモンに合いますよとオススメされました。
確かにホルモンにも合ったのですが、
お酒自体、お料理に負けないしっかりした酸だったし、ピクルスのにもすごく合いました!

2杯目は福井県「越前岬」完熟秋生・28BY。
前にもまして本格的な熟成のお酒でした。
製造時から熟成させるために寝かせたっぽい、綺麗な熟成感でしたね。

スペックは
19年9月、酒米:福井県産五百万石100%、精米歩合50%、協会1801号酵母使用、日本酒度+1、酸度1.5、アルコール分17度
でした。

これが先ほどのお酒とのペアリングで悩んだ一品です。
ま、鉄板と言いますかね😁

 

臭み抜きがびっくりするほど完璧で、ホルモンが実は苦手な私でしたが(爆)一見ホルモンと気づかなかったくらいでした。
口に入れて、甘くてとろりとするテクスチャでホルモンだと気がつきました。
もろみ味噌感も実は最後に分かりました(笑)。

続いてのお酒は、先ほどのお酒とどっち先に飲もうか悩んでこの順番になったものでした。
福井県「力泉」純米吟醸です。

スペックは
19年8月製造、酒米:五百万石100%、精米歩合50%、日本酒度+5、アルコール分16度
でした。

 

お料理の全景は…ありません😱
変だなぁ。。。

 

で、本当は焼き魚的なものをいただきたかったですが、
やっぱり混んでいるのは変わりなかったので、調理の必要のないメニューを選んでしまいました(笑)。

 

これもやっぱり鉄板ですね。
なかなかいい感じの熟感と脂の乗り方でした。
旨味の凝縮がすごく感じられました!

 

 

折角久しぶりの訪問でしたので、お酒は後もう1杯だけいただくことにしました。

石川県「谷泉」純米大吟醸、愛、ひやおろし。
なんとか3県全県制覇(笑)。

スペックは
19年9月製造、精米歩合50%、アルコール度数16度
でした。

 

 

以上で締めました。

 

この日は一見さんは私くらい(正確には3回目)のようでした。。。
常連さんが賑わう中、楽しませていただいてありがとうございました!

浜松町「日本酒室」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

 - [東京]浜松町・田町・白金・麻布十番, 日本酒お店訪問記, 飲み歩きお店 , , , , ,