日本酒バル訪問記2019/7/29週(酒とビストロカラス&サケバー華蔵)

      2019/08/22

この週も楽しく飲ませていただきました!

3回目再訪:門前仲町「酒とビストロKARASU」さん

前回の訪問はこちらです。

7ヶ月ぶりになりました。ご無沙汰しました!!

 

今回は当日お昼くらいに、食べログで予約が可能だったので
そこで席だけ予約をさせていただいてからの訪問でした。

お一人様で、席だけネットで予約出来るなんて
なんて素晴らしい時代なんでしょう\(^o^)/

この日はL字カウンターの、入口側の端っこ、壁の隣の席に座らせていただきました。

まずは喉が渇いたので、生ビール「白ほのか」はお約束でしたが

この日は当日注文もOKで、兼ねてからずっと気になっていたコース(?)
「三皿六品コース」2500円をお願いしました。

 

もちろん、そのお皿に合う日本酒を都度お願いいたしました。
(コース料金はお料理のみのお値段です。念の為。)

最初のお皿に合わせたお酒は、奈良県「四季咲」半夏生、でした。

酵母由来系フルーツ香(酢酸イソアミル)と生香の、なんとも見事に夏に涼しげな香りでした。
スースーとした清涼感が生ハーブのニュアンスでした。
アタックはしっかり酸と程よい甘味が、スモモのニュアンスでした。
酸が程よくしっかり伸びて、後口に収斂感が残りました。

お料理の全景です。

 

一番上が、ペアリングにも書きました「鶏皮と梅ワカモレ」でした。
見えづらいけど鶏皮をカリッとあげたものが下に隠れています。
そんな鶏皮のスナッキーさととろりとした玉ねぎが絶妙でした!

下左は「イカゲソとおくらの柚子胡椒マリネ」でした。
柚子胡椒がさっぱりとしてとても爽やかなおつまみでした。

一番右が、「ポテサラシチリア風」です。
イモそのものがしっかり甘く、それでとても癒されました(笑)。
柑橘系の酸味がそれにしっかり効いてました。
食感にさりげなく主張するくらいタコが入っており、
ポテサラ自体もまとまりが甘く、ほろほろした優しい大人の口当たりだったと思います。

続いてのお皿に合わせたお酒は、栃木県「仙禽」UIをいただきました

香りはしっかりとした酵母由来系フルーツ香(酢酸イソアミル)しっかり系でした。
アタックはしっかりした酸にほのかな甘味がまとい、旨味もそこそこ伸びて洋梨のニュアンスを感じました。
旨味の伸びは中盤以降もしっかりしており、後口の余韻を綺麗に作っていました。

お料理の全景です。

海鮮系のお料理でまとまっていますね。

 

サラダ仕立ての下はヒラマサのカルパッチョ・タプナードソースと生コショウ和えでした。
これはもう・・・言わずもがなの鉄板なお料理でしたね。

 

上はコメントにも書いた白バイ貝のモヒート煮です。
もう、バリバリモヒートが効いてる味付けです!!
口に入れた瞬間に「あ、これ、仙禽に合うやつだ」とひらめきました(笑)。

 

貝の扱いが下手で、肝が貝の中に残っちゃったのですが
それを店主さんが出してくださいまして。。。

あまり綺麗な写真でなくて申し訳ないのですが、
ですがこれがめちゃうまだったのです・・・!!

 

本当に取ってくださってありがとうございました😂

そして、三皿目に合わせていただいたお酒は、期待の燗でした!
群馬県「土田」山廃純米吟醸でした。

香りは温めることで酸がしっかりと上がっており、温かいヨーグルトのような印象でした。
アタックは甘酸っぱさが温かいおかげで柔らかく感じ、みかんのニュアンスでしt。
梅酒のような、バランスとれた酸と旨味が後口に余韻としてしっかり残っていました。

お料理の全景です。

 

この一品大皿でやってきました!
そっか、一皿目が三品だったものね。

 

がっつり食べられるので、これはこれで嬉しいですね。

夏野菜の揚げだし風
入っている野菜はおくら・ピーマン・インゲン・なすでした。
野菜は量をこうしてくれると沢山いただけるのでいいですね。

 

 

追加でもう1杯くらい飲もうとも思ったのですが
お客さんが一斉に帰りだし、私もちょっとはしご欲が出てしまったので
この日はこれにて締めました。

 

でも、このコースいいですね!
食べ過ぎないし飲みすぎないのが気に入りました♪
次回もこれにしよう( ̄▽ ̄)(笑)。

門前仲町「酒とビストロKARASU」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

5度目再訪:門前仲町「華蔵」(かぐら)さん

前回の訪問はこちらです。

カラスさんの後、2軒目として伺いました。
カラスさんが7ヶ月ぶりの訪問でしたが、なんとこちらは1年7ヶ月ぶりの訪問です。。。

 

もはや覚えてはいないでしょう。。。本当にご無沙汰です!!

お店のインテリアもシステムそのもの(キャッシュオン)、店主さんのワンオペも
かつてと変わってはいなかったようでした。

おつまみだけが少し変わっていました。

 

前はお酒と同じ500円で一品だったのですが
500円はおつまみセットのみになっており、一品は300円で頂けるようになっていました。

 

さりげないマイナーチェンジは嬉しい♪

 

そうしてこの日チョイスしたのはこちらでした。

福井県「常山」季節限定 をいただきました。

香りは加水系の酸の強さの中に、酵母由来系フルーツ香(酢酸イソアミル)がほんのり感じました。
アタックはしっかり酸と程よい甘味が、水飴や梨のニュアンスでした。
後口は酸でスッキリ飲めるお酒でした。

シシトウのたねをきちんと取っており、このお値段なのに仕事が細かくて感激でした!

 

・・・もっとお腹に余裕があればよかった。。。
もう一品頼みたい。。。

 

悲しかったですが、食べ過ぎだと帰るのも辛いので
お酒だけもう1杯頼んで、ゆっくりお料理を味わうことにしたのでした。

奈良県「やたがらす」純米吟醸。

しっかり熟成と乳酸香が強く上がってきました。アルコール度数18度らしく、濃い香りです。
アタックはトロトロした口当たりに濃い甘味・バランスの良い酸がメープルシロップのニュアンスでした。
苦味はほんのり残りますが、甘味の濃さがもっと強く、
余韻は甘味が残りました。

 

ちびちび飲むにはなかなかいいお酒でした♪

 

ほんの少しでも立ち寄れてよかったです。また伺います!

門前仲町「華蔵」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

 - [東京]湾岸, 日本酒お店訪問記, 飲み歩きお店 , , , , , , , , ,