日本酒バル訪問記2019/6/10週(サケノマ&粋。)

   

この週も楽しく飲ませていただきました!

4回目再訪:巣鴨「サケノマ」さん

前回の訪問はこちらです。

1年4か月ぶりの訪問になります。。。

 

この近く(つっても王子(笑))で野暮用があり、
頑張れば歩けるなーと思ったことから訪問決定したと言う経緯でした。

とりあえず野暮用先から訪問20分前に空席確認のTelで空席確認。
安心して歩いて向かいました。
ちなみに徒歩20分は結構遠かった(苦笑)。

無事席をゲットです。
カウンターの奥側端っこ、冷蔵庫の真正面な特等席(笑)につかせていただきました。

本日の日本酒メニュー一部。
相変わらずしっかりがっつりな銘柄揃えてらっしゃいます。

 

ええ、もちろん1杯目から日本酒ですよ( ̄▽ ̄)♪

お酒は山形県「惣邑」純米 しずく取り からいただきました★
酵母由来系フルーツ香(酢酸イソアミル)と乳酸香と、マジック的なスースー感が清涼感を感じる香りでした。
アタックはしっかりした酸とほのかな甘味が、まさにグレープフルーツのニュアンスでした。
酸がしっかり伸び、後口にはコハク酸の渋味と共にしっかりした収斂感を感じました。

お料理の全景。
本日のお通し、トマトマリネでした。

 

しっかりしたかつおダシに浸けられてるマリネでした。
トマトの自然な酸っぱさも味わいとして生きてました。いいですね( ̄▽ ̄)

2杯目は、長野県「美涼」(みすず)特別純米 無濾過生をいただきました。

香りは酵母由来系フルーツ香(カプロン酸エチル)と乳酸香が主体で、桃のニュアンスでした。
アタックはしっかりした甘苦さにもまして、酸が過剰に効いてるコーヒーのようでした。
そんなしっかりな酸が中盤以降も伸びて、後口を切って収斂感をジワリと残していました。

お料理の全景です。
こちら以前も注文したことのある、こちらのお店の看板メニューのひとつ。
前回の注文ですっかりファンになってしまった私でした( ̄▽ ̄)。

 

本日の青菜はちなみに小松菜でした。
相変わらず玉子ふわふわで、鰹節きいてて美味しかったです!。

 

しっかりお腹も満足したところで、お料理をおつまみ系にシフトしましたですね。

次のお酒は高知県「豊能梅」純米吟醸でした。

しっかりした酵母由来系フルーツ香(カプロン酸エチル・酢酸イソアミル)でしたが
冷たかったのもありカプ優勢な香りで、例えるならメロンのニュアンスでした
アタックは酸も甘味も穏やかでしたが、中盤から穏やかに苦味が伸びてきて、コーヒー的な余韻が残りました。

 

前半果物、後半コーヒーと言う不思議な味わいが体感できました(笑)。

お料理の全景です。

 

味は見たままそのままです。
結構海苔が大振りサイズで来て、そこでささやかなお得感を感じてしまいました(笑)。

 

 

ちなみにインスタにはペアリングとして載せなかったのですが
お酒もお料理ももう1つづついただいておりました。

締めで選んだ日本酒、栃木県「辻善兵衛」辻風。
熟成的なこもった香りが主体でした。
アタックは酸と苦味がしっかりあり、特に酸はすじこの生臭さを一気に消すくらいなパワーがありました。

締めのお料理、茹でたて枝豆です。

 

開店前にゆでた意味の「ゆでたて」と思っていたのですが
思わぬ手間をかけさせてしまって申し訳なかったのと
やっぱりゆでたての美味しさがとっても感動でした!!

 

お腹空かせて来て本当に幸せ味わえました♪

 

この日も素敵な時間をいただきありがとうございました♪

巣鴨「サケノマ」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

リピ再訪:大井町「粋。」さん

前回の訪問はこちらです。

結構前の店で飲んでいたので、ちょっとだけ飲もうと思って訪問しました。
5か月と、少し時間も空いちゃったし。

 

ですがお店に伺うと、当然のように飲み比べ3種類セットを用意され(笑)。
自分で断ればいいだけなのですが、酔っぱらっててついつい気が緩み
頼んでしまう始末。

表ラベルを全部取り忘れている間抜け。。。
ま、テイスティングコメントのメモも全く取っていないし、この日はまぁいいか。。。

お通しは日替わりおつまみ。
ピーマンのほろ苦さが夏を感じましたね。

 

結局この日はこれで締めて帰ったはずです。
次回はもちょっと酔いが浅い状態でやってきたいものです(苦笑)。

大井町「粋。」さんへの訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

 - [東京]品川・大井町・蒲田, [東京]根津・千駄木・巣鴨, 日本酒お店訪問記, 飲み歩きお店 , , ,