再訪:大井町「酒膳さめしま」さんでコースと自由な日本酒堪能!

      2019/06/26

前回の訪問はこちらです。

約10ヶ月ぶりのご無沙汰です。

 

以前はちゃんと事前に予約で伺いましたが
この日は当日に事前電話で空席確認をし、見事、席ゲット( ̄▽ ̄)

前回は台風級の風吹き荒れる中訪問させていただいたんだっけな。。。
明るい時間で天気良い中来られて嬉しいですね♪

カウンターの隅っこですが、テーブルに一番近い側で
広々使わせていただいたのは嬉しかったです。

最初は喉がカラカラで。。。
多いので一瞬ためらいましたが迷っている時間なかったので。
この後チェイサーになりますしね(爆)。

早速注文!本日のコースと日本酒をご紹介!!

このお店はコースしか基本いただけないので、
前回と同じ一番少ないコース「酒膳」コース5000円をチョイスしました。
以前よりも値上がり(3500→5000円)しておりますが、
お料理の品数は1品増えた6品となってました。

 

お酒は以前はペアリングでつけていただきましたが、
今回はお料理に合わせてお任せしたり、好みのものを選んだり、
その時々で返させていただくことにしました( ̄▽ ̄)

まず一品目は、早速来ちゃいました!
毛ガニまんじゅうのかにみそソースです。

毛ガニを練りこんだ揚げ物にほぐしたかにが乗り、さらにその上カニ爪を乗せた三重構造になってます。

 

お酒と合わせたかった。。。お酒が中瓶のうちにあっちゅー間になくなっちゃいました(寂)。

広島県「富久長」のシェルラバーズというラベルを少なめでいただきました。

白麹使用で酸も強そうなイメージですね。
酒器の関係で取りづらいが酵母由来系フルーツ香(酢酸イソアミル)主体のようで、さくらんぼを彷彿しました。
アタックはみずみずしい酸とほんのりとした甘味で、味わいもさくらんぼでした。
収斂感はあるがスッキリとした後口のお酒でした。

お料理の全景です。

めっちゃ甘くてスイカのようです!
真ん中に乗っている土佐酢ジュレが味わいのバランスを取ってますね。
まぜまぜして味わいを均一にしてからいただきました(^人^)。

お酒はメニューから自分で選びました。
宮城県「乾坤一」純米吟醸 鈴風を90mlのデフォ量いただきました。
お酒は結局この後全てデフォ量でいただきました(笑)。

酵母由来系フルーツ香(酢酸イソアミル)がしっかりぷんぷん香ってました。
もう一つの酵母由来系(カプロン酸エチル)もあるようでしたけどね。
アタックは爽やかな酸とさっぱりした甘味がりんごのニュアンスでした。
中盤から後口に苦味渋味が広がり、強い余韻が残りました。

お料理の全景です。

 

柚子の香りが爽やかでした( ̄▽ ̄)
私の注目ポイントはミョウガでしたが、
賀茂茄子もしっかり味が濃かったです。
しっかりのどぐろと出汁の味が吸い込みまくられてました。

次のお料理は、前回もいただきましたウニの茶碗蒸し
枝豆が季節を感じますね♪
あと、前回からバージョンアップしてウニが多く入っているようですね。

 

温かになっているウニですがほんのりと残っている生感がいいですね。
季節でしょうか、ウニがとても甘くて、旨味も甘味もしっかりした味の芯を
ウニが見事に作り上げてくれてました。

これは選んでもらったのですが、どういうリクエストを出したかは覚えてません(爆)。

お酒は福島県「国権」てふ 純米をいただきました。
香りはとても穏やかでしたが、ほんのりと甘酸っぱいニュアンスです。
酵母由来系フルーツ香(カプロン酸エチル&酢酸イソアミル)が残っているようです。
アタックは柔らかな口当たり・穏やかな酸・甘味がしっかりあり、
苦味とピリピリした刺激も少し感じられました。
中盤以降にも苦渋味がしっかり伸び、特に貝のようなコハク酸的な渋味が強く残りました。

お料理の全景です。

 

福岡の白いかをそばつゆであえているものです。

まず、生わさびが擦りたてで香りも味も最高でした( ̄▽ ̄)
次に、イカがこれがめちゃくちゃ柔らかです!
口に入れると歯ごたえなくすっとなくなって、ネトっとした甘味だけが口の中に残りました。

 

・・・こんな感覚、福岡でイカを食べて以来のことで
まさかまさか東京で味わえるとは思っていませんでした。
本当に感動でした!!!

最後は、広島県「竹鶴」純米をぬる燗でいただきました。
正確に言うなら、52度から42度に下げた燗冷ましとのことでした。

香りは消毒薬的な香りと酸に、熟成的ニュアンスの三つ巴と言う感じでした。
アタックは熟成的な苦味主体ですが、スッキリ酸が後口広がって、
綺麗にさっぱり感を作っていました。
暖かいお寿司のニュアンス、ですかね(笑)。

お料理の全景です。

 

すごく豪快な磯の香りでした!!
味濃い出汁と椎茸とで、濃い旨味がコラボしまくっているのですが
全然ブレないサザエの味に感動ものでした。
椎茸と肝が同じ出汁で同じ味に見事に染まっていました。

本日はこれにて締め!ご馳走様でした!!

とにかく今回の訪問は「白いか」の感動がすごすぎでした・・・。

 

通年出ていると思っていたカニまんじゅうやウニの茶碗蒸しも
実際は通年出ているわけではない、とのことでした。

 

前伺ったのがちょうど初秋で、
今回が初夏だったのもあり、たまたま被っているお料理だったようでした。

いろんな季節に来て、いろんなお料理を味わいたいものですね
( ̄▽ ̄)

 

前のように気軽なお値段で来られるお店でなくなってしまったのは少し残念でしたが
そうだからこそ、季節に1回は目標として大事に伺いたいと思いました。

 

本日もご馳走様でした!!

大井町「酒膳さめしま」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

 - [東京]品川・大井町・蒲田, 日本酒お店訪問記, 飲み歩きお店 , , ,