日本酒バルほか訪問記2019/5/27週(りんごの花)

   

この週も楽しく飲ませていただきました!

3回目再訪:四谷三丁目「りんごの花」さん

前回の訪問はこちらです。

10ヶ月ぶりの訪問になりました。
1年以上開いちゃってたと思っていたので、意外に早く来られたみたいで何よりでした。
(早いか??(汗))

この日はカウンター狙いで突撃訪問したところ、
何とカウンターに予約が入っていたため、テーブルへのご案内(笑)。

ま、テーブルだといつもなら見えない景色が見えるのでたまにはいいかな( ̄▽ ̄)。
(カウンターもほどなくすぐに埋まってました(笑)。)

 

この日も早速お約束のビール・・・ではなく、

この日はこんなメニューを発見し思わず注文(笑)。

「ごぼう茶ハイ」到着です( ̄▽ ̄)。

口に入れると「あれ、甘い?」と一瞬思ったのですが
ごぼうの土臭さが味わいで残っているのですが、まるでコーヒーの苦さのごとく
くせになってしまう飲み物でした。。。

本日のお通しはこちら、青森野菜盛り合わせ
酒粕味噌マヨネーズとともにいただきました。

でもレタスには最初からマヨ系ソースがかかっててそれが普通に美味しかったです(笑)。

 

さて、お料理はカウンターではなくても
半量オーダーが可能なので、がつがつ行きたいと思います。

 

ですが最初に頼んだものは半量じゃなくても食べられそうなポーションだったので
そのサービス履行はなしで、フルサイズな注文になっちゃいました(笑)。

ちなみに本日のおすすめ日本酒メニューはこちらです。
もちろん常備メニューも別にありますし、メニューにない日本酒もあるのはお約束です。

 

そうしてこのお店では青森地酒しかないので
銘柄紹介での県名は省略させていただきます(笑)。
たくさん種類をいただきたいので、60mlでいただきました。

「久○」(きゅうまる)純米吟醸初しぼり生原酒中汲み。
菊乃井という銘柄の限定バージョン銘柄です。

香りは酵母由来系フルーツ香(カプロン酸エチル)と乳酸香がしっかり立っており、
酸っぱそうな印象がありました。
アタックはしっかり甘いですが、ピリピリとした刺激が強く苦味も感じられました。
そんなかなり強いジューシーさはマンゴーのニュアンスでした。
中盤以降は苦味が酸に吸収されて、代わりに渋みがしっかり残りました。
後口もまさに南国フルーツ食べたような感じになっていました。

お料理の全景です。
う、やっぱり半量にすればよかったと思いました。。。なかなか多い(笑)。

砂糖醤油ベースのしっかりした甘さがクセになりますね。
そんな味付けがこごみのクセをマスクしておりとても食べやすかったです。

続いては「津軽龍飛」特別純米です。

酵母由来系フルーツ香が両方(カプロン酸エチル・酢酸イソアミル)感じられますが、基本的には穏やか系でした。
アタックは甘味も旨味も強く口当たりも滑らかで、強いて言えば梨のニュアンスだったと思います。
酸もアルコール的なもったりした苦味もあるのでパンチの強さがありました。
重いどっしりとした印象と苦味が口に残りました。

お料理の全景です。

 

お料理が到着して開口一番「かわいい!」とうなってしまいました(苦笑)。

上に乗っている人参、これ何のモチーフだか分かりますかね?。
そう、青森県の形なんですよ(笑)。
こういうこだわり、ものすごく私はツボで大好きです!。

 

味わいはと言いますと、しっかり食感が生でいぶされてるのですが
それほど濃い味ではなく、魚本来の旨味がしっかり生きておりました。

ちょっとインスタ映えするお料理が頂きたくて注文しましたが
きっと合うだろうと、締めにとっておきたかった上撰をこのタイミングで注文です(笑)。
「関乃井」上撰です。

香りは穏やかですが、つんとマジックのようなイソアミル香が感じられます。
お酒は常温でした。
アタックは酸と渋み主体で、甘くない梅干しのニュアンスでした。
口当たりはとても滑らかでするりと口には入りますが、
中盤から後口にかけてはピリピリした刺激を感じ、飲みごたえを作っていました。

お料理の全景です。

ハーフサイズなのですが、しっかりと貝の器に入れてくださいました!。

 

要するに卵とじのネギ味噌の事のようでしたが、
ネギがシャキシャキで食べ応えありました。
ホタテ出汁もしっかりしていて美味しかったです。
寒い時に食べたら温まるだろうなぁ( ̄▽ ̄)

締めのお酒は「安東水軍」フォルテシモ純米吟醸にしました。

香りは両方の酵母由来系フルーツ香(カプロン酸エチル&酢酸イソアミル)が感じられ、
ほのかに熟成香も潜んでるような印象でした。
アタックはしっかりした甘味とトロトロした口当たりでした。
酸がしっかり効いててさくらんぼのニュアンスが感じられました。

お料理の全景です。
フルサイズでもいけたんでしょうが、お酒を飲む間もてばよかったので
ほんのちょこっとだけ頂きたく、ハーフサイズでお願いしました。
シャキシャキしてて、味はお出汁の味でした。
みず自体はシンプルな味わいなんですね。

青森風情を感じる、照明にもなっているオブジェたち。

 

本当にこちらのお店の「ハーフサイズ」適用は本当に救われます!。
また青森地酒にどっぷりつかりたい時に伺いたいと思います。

四谷三丁目「りんごの花」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

 - [東京]四ツ谷・四谷三丁目, 日本酒お店訪問記, 飲み歩きお店 , , , ,