再訪:門前仲町「酒とビストロKARASU」さんで洋食コースと日本酒ペアリングコース!

      2019/01/31

(和酒バル243)

前回の訪問はこちらです。


2ヶ月ぶりくらいのご無沙汰です。
覚えてくださっていてありがとうございました!!

この日は遅い時間だったからか、私以外の席はほぼ満席でした。
予約して本当に良かった。。。

以前は奥側に座りましたが、この日は入口手前のカウンターの角。
また違う景色もいいものですな( ̄▽ ̄)。

 

初訪問では突撃訪問でバル使いさせていただきましたが、今回はコースを予約。
念願の日本酒ペアリングコースをお願いしました!!

 

コースは7000円でお料理日本酒共々5種類づつです。
かなりお値打ちで期待値上がります( ̄▽ ̄)

コース開始!お料理とペアリングの日本酒をご紹介!!

さて、いつものごとく、料理分類名は私のテキトー名付けです。
イメージ伝わるから、いいよね?(笑)。

仕込み水の和らぎ水も準備万端です\(^o^)/

では早速参ります!!

オードブルとペアリング

オードブルは2種類、それぞれおつまみ的要素が強い酒飲みに嬉しい2品をいただきました。

 

合わせた日本酒は、この日唯一の冷酒でした。
最近よく見かけます、奈良県「長龍」から、四季咲・山廃純米吟醸 無濾過生原酒。

乳酸香と生の香りがしっかり入っているが、ツンとしたマジック香があることからバナナ系のフルーツ的ニュアンスを感じました。
アタックはしっかりした甘味と苦味、酸が三つ巴状態でした。
最初はさくらんぼのような甘酸っぱいニュアンスなのですが、中盤からコーヒーのように感じられました。
口当たりはかなりピチピチした印象で、その酸によって後口にしっか収斂感が残りました。
苦味は熟成的な要素からかと思いました。

お料理の前傾。2種同じお皿に盛られてやってまいりました。

 

左側はペアリングにも載せた、アボカドと4種の豆のサラダ。
レモンの皮の渋みがあるソースがとっても豆と合いました。
右は、タコとジャガイモもマッシュ。
ゆず的なさっぱり感をしっかり感じられること、ポテサラなのにこのさっぱりはすごいと思いました。
純粋に、美味しい( ̄▽ ̄)♪

 

両方とも柑橘系の味付けにしてるので、ピチピチしたお酒の酸と合うとのことでお酒を選んでいただきました。

冷菜とペアリング

やってきました2品め!

 

合わせたお酒は、徳島県「旭若松」純米2017を、熱燗で。

香りは穏やかでしたが、立っている乳酸香と熟成香で、温かい蜂蜜のようなニュアンスに感じました。
アタックはしっかりした苦味で、口内には玄米的な香りが広がりました。
中盤からピリピリした刺激が感じ始め、後口にもそれが残って厚みを感じました。

お料理の全景です。

 

確かに、中華の「よだれ鶏」的な見た目なのですが、
かかっているスパイスは、パリッサと言う香辛料で、パプリカにコリアンダー・クミン・キャラウェイシードのスパイスを調合したものらしいです。
もちろん、私の人生で初体験( ̄▽ ̄)♪。

 

温度が高いとスパイスがより一層香りが立つと行っていただきました。
実際は、それでなくともかなりしっかりしたスパイス、特にキャラウェイシードをしっかり感じる香りでした。

 

意外にも付け合わせのきゅうりとパプリカが、このスパイスとよく合って美味しかったです(笑)。

魚料理とペアリング

引き続きお燗です。群馬県「土田」菩提酛×山廃酛を熱燗で。

乳酸香が主体で、温かいヨーグルトのイメージでした。
アタックは甘味としっかりした酸もさることながら、とろりと滑らかな口当たりが印象的でした。
酸の伸びがよいですが旨味も殺さず、最後まで旨味の余韻が楽しめました。

お料理の全景です。

カリッとした皮とふんわりした身の対照的な食感が見事な焼き具合でした♪。
塩気が薄いので付け合わせ(人参のマリネ?)が美味しく感じました。
このマリネにもキャラウェイシードで一味加えてあり、結構酸も効かせて酸っぱかったです。
お料理としてはなかなかいいバランスだったと思います。

肉料理とペアリング

お酒は埼玉県「神亀」純米辛口を熱燗で。

香りはほぼなしだと思います。取れませんでした。。。
アタックはかなり酸が強くて酸っぱいです。
ほんのり甘味と旨味は強い酸の影でさりげなく感じますが、後口までしっかり伸びていました。

 

肉に合うとのことで今回チョイスいただきました。
コメントにも書いた通り、酸が肉の甘みを引き立てる役割をしているようでした。

お料理の全景。岩手県産豚の柔らかソテーです。

 

低温調理で、歯ごたえはありますが嚙み切れるかたさなのが絶妙でした。
塩はこちらも少なめで、付け合わせの塩気で箸が進む感じでした。

デザートとペアリング

なんと最後まで燗を踏襲していたのはなかなか感激でした\(^o^)/。

 

お酒は、埼玉県「帝松吟醸」土蔵10年熟成酒を。

香りは熟成香と乳酸で、蜂蜜的なニュアンスに感じられました。
アタックは酸と苦味でコーヒー的な印象。
中盤から酸とともに旨味が伸びて余韻となってましたが、
基本的にスッキリ系で、酸によると思われる収斂感が後口に残っていました。

お料理の全景です。

デザート、少なめで一口サイズなのは、酒飲みには嬉しいです(笑)。

 

食感のためにローストしたアーモンドを乗せてるとのことでしたがそれはまさにクリーンヒットでした。
ソースはバルサミコソースで、デザートなのに大人の味わいになっていました。

コース料理終了!全体的な感想は?

2品め以外は全部燗だったのに、お料理もお酒もすごく絶妙なタイミングで出していただけました。
しかもこの日は常連さんと思わしき方々による満席近く。
お話でも忙しいはずなのに、この手際の良さは感動ものでした!

 

・・・まぁ私も、いろいろメモりながら食べているので、
もしかすると普通のお一人様よりものんびりだったのかもしれませんが(苦笑)。

 

お料理のボリュームもちょうどよく、途中で食べ疲れしませんでしたし、
お酒も「ちょっと多いかな?」と思いつつも、タイミングよく出していただけるおかげで
飲み疲れもそんなにはしませんでした。

 

一人でも十分楽しい時間を過ごすことが出来ました!。

丁度こちらの冷蔵庫の前くらいに座らせていただいてたのですが
こちらから常連さんがお酒を選んでいるのがとても楽しそうでした。。。

 

そんなわけで次回、魚介中心のコースが気になるのでそちらをお願いして
日本酒選ぶ楽しさも少し味わいたいと思いました( ̄▽ ̄)。

 

 

この日も素敵なペアリングとの出会いをありがとうございました!。

門前仲町「酒とビストロKARASU」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

 - [東京]湾岸, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【訪問記】日本酒, 日本酒ペアリングコース店 , , , , ,