日本酒バル訪問記:4/23週(29ロティ)

      2018/08/16

この週も楽しく飲ませていただきました!

再訪:大塚「29ロティ」さん

前回の訪問はこちらでした。なんと私にしては珍しい、2ヶ月ぶりの訪問♪

これは取材を兼ねていたので、2日分をさらさらさらっといっちゃいますね。

石川県「遊穂」純米吟醸うすにごり生原酒。
乳酸香主体で酵母由来系(酢酸イソアミル)と生香の爽やかさを併せ持ってました。
飲むヨーグルト的な香りのニュアンスでした。
アタックは酸強目と優しい甘みが主体で、少し苦味もアクセントとしてありイチジクな印象でした。
中盤以降も苦味と酸味が優しく伸び、ヨーグルトのような印象の後口に仕上がっていました。

この日の選べるおつまみ3種。チーズオムレツ・おひたし・酢らっきょう。
おひたしは2種類の青菜でゴーカ(?)でした( ̄▽ ̄)

酢らっきょうに合わせたのは二杯目、島根県「十旭日(じゅうじあさひ)」生酛純米。
水飴や麦的なニュアンスで少しもったりした印象の香りでした。
燗特有のアルコールの立ち香はそれほど感じませんでした。
アタックは穏やかでした。旨味も揮発感もそこそこ出ていますが余韻は長くなくスッキリタイプでした。

締めはワインで。
白にしようかと思いましたが、赤がなかなか良さそうでしたので
ヴァルポリチェッラリパッソをチョイスしました。
立ち香はスミレ系の花、スワリングすると少しフルーティに、ベリー系に開いてきました。
アタックは甘酸っぱさで、酸が豊かでした。タンニン控えめ、甘味が目立タイプ。
梅干しのようなニュアンスの味わいでした。

 

 

その後日。

この日のお通しは珍しくお造り含む2種。
こちらのお通しは日替わりで本当にバリエーションが多く、毎回楽しみですね♪

目の前で削ってくださった、生ハム3種盛り合わせ\(^o^)/
どんなハムかは寄稿文側をお楽しみに♪

生ハムに合わせて特別に作ったというパン。
そこまで言うならば合わせねばと言うことで注文\(^o^)/

この日はおすすめされるがままに出していただいちゃいました。
福岡県「独楽蔵」玄円熟純米吟醸の燗。
香りは穏やか。燗特有のツンとしたアルコール香はあまりありません。
米を炊いた時のニュアンスがありました。
アタックは酸強目に感じましたがこれも優しく、米を炊いた時の旨味がくる感じでした。
膨らみはあまりなくすっと口の中で溶けるように柔らかく、とても飲みやすい印象でした。

チーズ3種。
どんなチーズかは同じく寄稿文ですが、1点だけ補足。

真ん中、青カビのヤギ乳チーズと言うことで説明いただいたのですが
ロンバルディア(イタリア北部)のハード系?なのでおそらく羊乳との混合だと思うんですよ。
山羊乳チーズはレンネット凝固が難しいので、混合のはずなんですよね。
だから寄稿ではあえて「無名」と使いました。
あまりここら辺、入手の経緯とか詳しくないし、私が知ったかぶりの大きな顔するのは変でしたしね。

選んでいただいたお酒はお久しぶり!、奈良県「生酛のどぶ」をおすすめの燗にしていただきました。
香りは乳酸香で、これもツンツンした印象はありません。ヨーグルトのニュアンスでしょうか。
ここでいただく燗は本当に飲みやすいですね( ̄▽ ̄)
アタックは酸と米の旨味が主体で、炊いた米のイメージでした。
旨味は中盤以降も口に残り、酸と一緒に後口の余韻を作っていました。

 

 

ペアリングの講評は同じく寄稿文で書きました。採用されると良いな♪

大塚「29ロティ」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [東京]池袋・大塚・高田馬場, 【日本酒】お料理とのマリアージュ, 【日本酒】日々飲み歩き, 【日本酒バル】, 【訪問記】チーズ, 【訪問記】ワイン, 【訪問記】日本酒 , , , ,