3回目再訪:代々木「HARETOKE(ハレトケ)」さんでバル初め飲み

      2018/08/14

(和酒バル100)前回の訪問はこちらです。

約3ヶ月半ぶりにやってきました!

2018年のバル初め!突撃訪問で無事入店!!

実家の都合で早い都内復帰となったこの日。
今年のバル初めは、3が日中と言えども年中無休で開いているこちらのお店に決定
\(^o^)/

カウンター手前はすでに先客がいらっしゃいましたので、奥側の席をゲットしました。

早速注文!本日のお料理と日本酒をご紹介!!

まずの1杯目は、シャンティガフ。
お通しは一口馬肉のお刺身と一口茶碗蒸し。
安定のお通しなのは嬉しい\(^o^)/

日本酒のメニューを眺めていたところ、店員さんにおすすめ日本酒を聞いたので
遠慮なくそれを( ̄▽ ̄)

福島県「奈良萬」純米生酒中垂れ。

いつもの通りのログがありません。。。
なぜか帰宅すると、書いたはずのログが残ってませんでした。。。

 

削除しちゃったのかしら、と言うかしちゃったんだろう。。。ショックだ(涙)

 

と言うわけでいつもは書かないラベル裏スペックを。
→精米歩合55%、アルコール度数17度。
・・・これだけだけどね(笑)。

お料理の全景。

 

大きさと迫力にびっくり!!
でも身は一口サイズとキュート( ̄▽ ̄)。
あっという間になくならないように苦労しました(笑)。

2杯目はこちら。
甘めの日本酒をと言うことでリクエストして出していただいた、群馬県「尾瀬の雪どけ」純米大吟醸。

 

香りは概して穏やか。
アタックはほんのりした甘味が主体で、酸も余韻も穏やかでした。
薄くした砂糖水的なニュアンスで、優しい食中酒として仕上がっていました。

 

確かに甘めのものでしたが、他の味わいが控えめなので甘く感じるタイプだと思います。

お料理の全景がこちら。

なかなかボリューミーなお皿。
がっつりした無濾過生原的な味わいも合うとは思うのですが、
このお酒の甘味が穏やかだったので、牛すじの穏やかな甘味をも味わえた気がします。
結果オーライかな( ̄▽ ̄)。

3杯目は、青森県「陸奥八仙」特別純米生原酒。
先ほどまで90mlグラスでいただいてましたが、先ほどの牛すじとも合わせたかったので
たっぷり150mlでいただいちゃいました( ̄▽ ̄)

 

鼻をさすもったりとしたミルキー感と生ハーブの香りが印象的な立ち香。桃のニュアンス。
酵母由来(カプロン酸エチル)の特徴がよく現れている香りでした。
アタックは強い甘味と苦味で酸も強く、洋梨のイメージでしょうか。
アフターは生野菜的苦味がよく伸び、さっぱりしたイメージを作っていました。

お料理の全景。
左から、サーロイン、はらみ、上バラ。

細かい味は書き留めていませんが、好み的には上バラが私の好みでした。
脂の甘味がやっぱりジューシーな日本酒のもったりした甘味と合うからかもですね。

本日はこれにて締め!ご馳走様でした!!

お正月の仕入れが出来ない状態で、
メニューすべてのお料理を出せるところにはとっても感動を覚えました♪。
前来た時とメニューも変わって開拓し甲斐があったからかもしれませんが( ̄▽ ̄)。

開いててくださって本当にありがとうございました♪

代々木「HARETOKE(ハレトケ)」さんへの初訪問&訪問記録&お店情報へのリンクはこちらです

山本清子

チーズプロフェッショナルと唎酒師のブログです。
スタイリッシュで楽しく美味しい飲食空間が大好きです。
たまに本音のキツイことも書きますが(苦笑)、大好きなことを沢山の人とシェアしていければ幸せです。
趣味の山と旅行とランニングもたまに書きます。

 - [東京]新宿・代々木・原宿, 【日本酒バル】, 【訪問記】日本酒, 【訪問記】肉 , , ,